きっぷ2000円 酒300円

18きっぷでぶらぶらしたり酒飲む紀行。写真が下手です

安城 願いごとの聖地

 

名古屋、円頓寺の七夕祭りを見た翌日

抹茶の里である西尾に行ってみたかったが電車が、自分の持っている18きっぷでは行けないところだった

f:id:sinomiy:20170912131924j:image

円頓寺のゲストハウス西アサヒに泊まっていた

 

 

西尾へはJR安城駅から名鉄に乗らなければいけないし、帰り道から離れてしまう。悩みながらも安城駅で降りると、改札を抜けたところに町の特産ディスプレイがあった

f:id:sinomiy:20170912135017j:image

 f:id:sinomiy:20170912135352j:image

目移りしちゃう

 

 

ガラスの中は、南吉・麺・卵・ハム・刃物・コタツ他、様々飾られていた。駅の外には観光案内所があるらしい。ということは案内すべきモノが沢山あるのか。自分は安城を全く知らなかった
f:id:sinomiy:20170926100949j:image
駅を出た

 

 

案内所はコワーキングスペース併設の最新施設だった。フロアは七夕飾りでいっぱいだ。時期だからと思ったが資料を見ると、日本三大七夕祭りのうちの町だったらしい。その上安城は三大の横並びから抜き出るため、願いごとに関することは何でも1番を目指す、「願いごと日本一」を掲げたそうだ。なんと先鋭的な

 

f:id:sinomiy:20170914201202j:image

まつりサイトよりhttp://www.anjo-tanabata.jp/midokoro/screen/

 

 

当地キャラは「願いごとの精 きーぼー」。このぼんやり感よ
f:id:sinomiy:20170913121214j:image
f:id:sinomiy:20170913134428j:image
ぼんやりなど思っていたら豪雨起きた。精のお怒りか 

 

 

安城、ただならぬおもしろを秘めていそうだ。今回は西尾でなくこちらの町を散策することにした。そこで地元を知るには博物館が良いと決めて案内のスタッフに聞くと、徒歩30分くらいかかるそうでレンタサイクルを薦められた
f:id:sinomiy:20170926173011j:image

安城にはレンタルの超小型自動車もある。

http://www.kiimobi.jp

町並みを見たいので歩いて向かいます。

 


f:id:sinomiy:20170926184819j:image

メルヘンが待っていそう

 

 

ほどなくしてイラストが描かれたうどん屋が見えた。駅のディスプレイにあった〝南吉〟の名が添えられている。詩人だろうか。自分はまだ南吉を知らなかった
f:id:sinomiy:20170915154543j:image

「うどん」が絵に負けてない。この後も町にイラストがたくさん描かれていた

 

 

f:id:sinomiy:20170915155525j:image
f:id:sinomiy:20170915155916j:image
f:id:sinomiy:20170915155824j:image

昔ながらの商店街、色褪せた外壁が多い中に鮮やかなペイントが映える

 

 

商店街の数メートルごとに写真を撮りたくなる景色があった。 

可憐なメガネ屋看板
f:id:sinomiy:20170915161608j:image

南吉に関わらずとも外壁がかわいい
f:id:sinomiy:20170915161954j:image

仲良い夫婦が営むと思われるそうざい屋
f:id:sinomiy:20170915162710j:image

そうざい屋入口。これはご主人か
f:id:sinomiy:20170915162841j:image
鶏屋
f:id:sinomiy:20170917175944j:image
人形屋、三河万歳とは一体
f:id:sinomiy:20170915163457j:image

サルビアスタンプとは
f:id:sinomiy:20170915163633j:image
f:id:sinomiy:20170919133823j:image

買物したらスタンプもらえた。冷蔵庫に貼ってます

 

 

駐車場のトラックからくまが覗いていたf:id:sinomiy:20170915161348j:image

あざとさ半端ない

 

 

ステッカーより、「クレイジーモーターワークスムカイ」は奈良の車屋のようだ。となると「チェンソーアート」の宣伝だろうか。と今、東京の自宅で考えていると少し写る木彫りのきーぼーの解説に気づいた。かすかにチェーンソーの文字が見える。名物なのか?

f:id:sinomiy:20170919115632j:image

希望のきーぼーだよ

 

 

チェーンソーはそういえば駅のディスプレイにあったではないか。確認すると、安城には世界的チェーンソーメーカー・マキタがあった


f:id:sinomiy:20170919121448j:image

世界的PRかもしれないくまを、あざとい言ってごめん

 

 

 
f:id:sinomiy:20170926102256j:image

続く

 

 

 

【追記】愛知県東栄町は日本チェンソーアート発祥の地で、毎年大会が開かれている。ひょんなことから、大会参加者の早川さんという方がトラックの持ち主であり、くま制作者だと知った
f:id:sinomiy:20180622165951j:image
東京の物産イベントで謎が解けた
f:id:sinomiy:20171204231551j:image

早川さん、応援しています。