きっぷ2000円 酒300円

18きっぷでぶらぶらしたり酒飲む紀行。写真が下手です

Y田さんと名古屋旅

 

職場のY田さんと旅することになった

この夏、自分用に2枚買った18きっぷのうちの2回分を、同じ職場で旅好きと聞いていたY田さんへ譲ったのだが、偶然同じ日に名古屋へ行くことがわかった。それでもし都合が合えば会いましょうとなったが、帰ってみれば終始Y田さんを意識した、まるで心の中はリモート二人旅であった

f:id:sinomiy:20200915113637j:plain

@有松

 

なお旅中の写真が少なかったので、一部別の日に訪れた名古屋市有松の風景を使用している

f:id:sinomiy:20200915113922j:plain
@有松

 

Y田さんとは出発の直前にLINE交換をした。これまであまりプライベートな話をしたことがなく、住まいや出発時間は聞いていない。ただ名古屋で夜に暇だったら会おうと言っていたが、時は早くに訪れたのだった。

 

朝10時、沼津のホームで合流

 

当日、名古屋へ行く電車が静岡県内の事故で運転見合わせとなった。自分は富士まで進んでいたが、駅前が開けている沼津まで戻り時間をつぶすことに。Y田さんへ連絡すると割と近くの田子の浦で止まっていて、“駅の近くには何もない”と返ってきた

f:id:sinomiy:20200915114040j:plain

自分は沼津の町で趣味のがんもを買い集めるなど有意義に過ごしていた

f:id:sinomiy:20200915114143j:plain
Y田さん今ごろどうしてるかな…看板に思い馳せる

 

電車の運転再開が近づき駅へ戻った。するとホームにY田さんがいるではないか。旅と酒のテンションで親交を深める予定だったのでたじろいだ。いつもの職場とは違うおはようございますを交わす

f:id:sinomiy:20200915114258j:plain
@有松

 

どうしよう。あと私事でコンタクトレンズの割引券の期限が今日までだけどちょうど沼津に支店があったからどうしよう。我々は電車の混雑を避けるため、次の一本を見送ることにした。自分はコンタクト屋へ、Y田さんは一服できる場所を探すため分かれた

f:id:sinomiy:20200915114659j:plain

@有松

 

コンタクトは割引券の他にアプリの新規登録でさらに安くなった。店の人のすすめでお気に入り店舗を銀座とした。

 

Y田さんと待ち合わせはしていなかった。しかし買い物を終え、電車に乗る前に駅ビルの手洗いへ向かったところで遭遇

f:id:sinomiy:20200915114909j:plain

えにし屋のブログの画像

駅ビルの占い屋の辺りで@沼津

 

これは運命か。緊張感を残しつつ自分は何だかY田さんとの旅が楽しくなってきたのであった。

 

二人で電車旅

 

電車に乗り込み、おしゃべりしながら旅路を行く。Y田さんは職場の先輩で、年は自分より一回り以上も下の女の子だ。パワースポットが好きで、今回は名古屋の熱田神宮を見てひつまぶしを食べることが目的だという。急に誕生日を当てようとしたりユーモアある話に、長いと言われる静岡区間があっという間に過ぎた

f:id:sinomiy:20200915115124j:plain

@有松

 

ところで自分は以前から静岡県の島田にある肉屋のメンチカツを食べたいと思っていたが、なかなか営業時間と合わず。しかし今日は行けそうだ。島田で下車し、Y田さんは一直線に名古屋へ向かった

f:id:sinomiy:20200915115217j:plain

チャーシューで名高い肉のくわばらさん。店内には芸能人のサインがあって、きっとメンチカツもうまいに違いない

 

だがメンチはなくコロッケを買った。コロッケも美味しいけど残念がっていたところ、店の隣にY田さんと同じ名の看板を見つけて嬉しくなった

f:id:sinomiy:20200915115403j:plain

f:id:sinomiy:20200915115637j:plain

これは島田のマンホール。Y田さん、トーマスが好きでいつか大井川鉄道に乗りたいって言ってたな

 

うなぎと毛ぬきの人

 

島田で再び電車を待つ間にコロッケと沼津のがんもを食べた。いや実はがんもは2パックで、はんぺんフライまで買っていてホームでは食べきれなかったから車内へ持ち込んだ。幸いに浜松からのクロスシートは空いており、悠々と食べることができた

f:id:sinomiy:20200917125907j:plain

富士の甘いがんもが気になっている。上は以前に食べたときの。下は今回のもの

f:id:sinomiy:20200907094241j:image

ちょこちょこ買い集めた食べ物で、名古屋に着く前に腹いっぱいになってしまった。今ごろY田さんはうなぎを食べているだろうか

 

自分も名古屋に着き、包装用品のサトーイクへ毛抜きを買いに行った。ここの毛抜きは安くてよく抜けるのだ。探したことないけれど都内でもシモジマなどにあるかもしれない

f:id:sinomiy:20200915124440j:plain

名古屋のサトーイクなら包装資材、クリスタルパックなど取扱商品数が1万点以上あります!

f:id:sinomiy:20200915120521j:plain
Y田さんにも買おう。今ごろは熱田神宮にいるだろうか

 

がんもやコロッケの揚げ物を食べて毛抜きを買ったらもう夕方になった。これはまずい。名古屋らしいことをするべく店に入った

f:id:sinomiy:20200915120641j:plain

とんやき上野屋。真っ黒いこんにゃくとモチモチのサガリが好きで先代の頃から食べに来ている

f:id:sinomiy:20200915120734j:plain

f:id:sinomiy:20200915120833j:plain
遅ればせながら名古屋を感じた

 

店を出て宿へチェックインし、Y田さんへ再会の伺いを立てた

f:id:sinomiy:20200915120931j:plain
ナインアワーズは人気のおしゃれカプセルだがフロアに客は自分だけだった。Y田さんも来たらいいのに

 

名古屋で二人飲み

 

Y田さんはどこかで道に迷っていたものの、自分のところまで来てくれると言うのでみそカツの名店のんき屋で先に飲み始めた

f:id:sinomiy:20200915121027j:plain

都内の家の近くにのんき屋で修行した店主がいるけど、東京で名古屋みそ味がウケないからと、普通のやきとり屋をやってるのもったいない

 

隣の男性客から“女性なのに大瓶とはツウだね”のようなことを言われて、そういえばコップ酒などを飲む時も言われがちだけどみんな何を飲むんだろう

f:id:sinomiy:20200917130350j:plain
@有松

 

少ししてやって来たY田さんは生ビールを注文した。

Y田さんと会うのは今日3度目で、もう顔を見たら安心感さえある。ここは離れていた間の話をしたいものだったが、まず隣のおじさんの話を聞くこととなった

f:id:sinomiy:20200915121227j:plain
おじさんは自転車旅の素晴らしさを語ってくれ、Y田さんは上手に聞いていた。写真は沼津

 

おじさんの話をひとしきり聞いたところで我々のドリンクが無くなったため、店を移動した

f:id:sinomiy:20200915121326j:plain
風ふう屋。一人で行くと賑やかな地元客が迎えてくれる店

 

改めて今日の話を聞くと、子柄なY田さんだがうなぎの蒲焼きと白焼きの2尾を食べてきたらしい。初志貫徹に尊敬した

f:id:sinomiy:20200915121418j:plain
自分はこの後一人でもう一軒行ったけれど入ってみたら大阪スタイルの店だった

 

道に迷ったという話は明日の着替えを買うためにショップへ向かい、戻る道を楽しむために地図を見ないで歩いたからだった。無鉄砲さがかっこいい。自分はホテルなのに着替えもタオルも持ってる

f:id:sinomiy:20200915121519j:plain

明日は水辺で遊ぶ予定らしい。無邪気でかわいい

 

自分はふだん風ふう屋で地元客に注がれるまま飲んでしまうが、Y田さんの興味深い話を聞き、有意義な1杯で過ごした。この夜Y田さんはカラオケボックスへ泊まりに行った。

 

先を行くY田さん

 

自分は翌日、行きたかったところが定休日とわかり思いつきで武豊駅へ。武豊線は愛知県最古の路線で、町には味噌の醸造蔵が多い。着いてから知った

f:id:sinomiy:20200915121555j:plain

f:id:sinomiy:20200918221226j:plain
町のキャラクターはみそたろう

 

駅近くの中定商店という醸造蔵で町について伺った。武豊の飲食店はコロナウイルスのおかげで軒並み休業らしい。そんな中、教わった店に歩いて行こうとしたら、なんと車で送ってもらえることになった

f:id:sinomiy:20200915122155j:plain

中定商店は国の登録有形文化財である醸造用具を展示しているが、さっそく車が手配されたので見学していない

f:id:sinomiy:20200915122326j:plain
自家用車でごめんなさいねと店員さん(蔵の奥様かも)

 

偶然にも昨夜、Y田さんから車で送ってもらった話を聞いたばかりだった。“一人で山道を旅していたら通りがかった夫婦の車に乗せてもらった”と聞き、稀な出来事に驚いたけれどまさか自分にも起こるなんてやったよY田さん!

f:id:sinomiy:20200915122359j:plain

スイっと到着できた味の蔵たけとよは道の駅のような施設

f:id:sinomiy:20200915122445j:plain

知らぬ旅の者を乗せてくれるとはなんと有難いことだろう。ちなみに手洗いに武豊は太っ腹と書かれていたのはウエストサイズのことらしい

f:id:sinomiy:20200915122553j:plain

味噌の町を散歩して駅へ戻った

 

一方知多の半島にいた午前、Y田さんからメッセージが届き、静岡県の三島からだった。既に三島の湧水の散策を済ませ三島コロッケを食し、次にうなぎを食べようかとしていた

f:id:sinomiy:20200915122653j:plain

武豊のデイサービスは醸造の町だけに陽だまりか〜なんて撮ってる時に

 

せっかく名古屋まで来たからできるだけ留まろうとした自分に対し、潔く関東へ戻ったY田さん。また自分は帰り道も肉や魚屋で買い食いして帰ったが、Y田さんのような芯ある旅もしてみたいと思った

f:id:sinomiy:20200915122727j:plain

f:id:sinomiy:20200915122818j:plain

f:id:sinomiy:20200915122853j:plain

f:id:sinomiy:20200918005938j:plain

なんだかんだで今回いちばん美味しかったのは、三河三谷の小さな商店で食べたかき氷です(せんじ氷230円/音羽家)

 

そういえば沼津にやけに多くの茶漬けのサンプルが並ぶ喫茶店があって、調べたら桶に乗った料理が水の流れで運ばれるそうだ。さんまだけど蒲焼きもあるようだしY田さんに教えてあげよう

f:id:sinomiy:20200915123341j:plain

ぶらぶらして見つけた喫茶どんぐり

 

後日Y田さんから帰り道の話を聞いた。食事を三島うなぎではなく熱海へ海鮮料理を食べに向かった道すがら、Y田さんの衣装を気に入った婦人から食事を誘われたという。あの名古屋で買った着替えが引き起こしたのだ。Y田さんは旅力のある人だとつくづく思った。(誘いは心に決めた店へ向かうため断ったらしい。)

 

その晩の自分はというと、静岡の元気くんという店で地元客のキープボトルを頂いていた

f:id:sinomiy:20200918005238j:plain

このご時世にまた来てねと言われて嬉しかった。旅するっていいねY田さん!

 

8月まとめ〜おれのニラ玉

 

8月の酒場を振り返る

 

桜木町はなみち、ウニとマグロを注文して最強だなとやっていたら隣客のうなぎが香ってきて、負けそうになった

f:id:sinomiy:20200801130428j:image

 

蒲田たの平でもうなぎが漂ってきて、いい香りですねと言ったら一口もらうことになってしまったm(__)m

f:id:sinomiy:20200808082948j:image

f:id:sinomiy:20200808083005j:image

バナナジュース始まってました

 

大船毬屋ですいか割り

f:id:sinomiy:20200801212110j:image

日の出町試聴室3、巨峰ソーダやミントソーダで爽やかの極上

f:id:sinomiy:20200814180601j:image

 

ちょっと疲れた日、日の出町桐のやで静かに飲もうとしたらファンキーなお客に出会って疲れ吹き飛ばされた

f:id:sinomiy:20200827202003j:image

 

蒲田阪口酒店でレモンティーサワー
f:id:sinomiy:20200827202138j:image

若いうちに老人ホームに入ってもう一花咲かせる(モテる)んだ〜と話す女性がいて、そいつはいいなと感心した

 

人形町加島酒店、いつものグループにどの酒を飲むべきか尋ねたらみんな推しがバラバラで、選ぶのが少し気まずかった

f:id:sinomiy:20200827213132j:image

 

五反田かね将ではつい食べ物を追加注文してしまう

f:id:sinomiy:20200809193915j:image

彼女と3年後に結婚しようと思う、と聞こえてきてなぜ3年なんだ

 

蒲田鳥久でもつ煮とじゃが煮をテイクアウト。名物の弁当に入る甘いじゃがより醤油味
f:id:sinomiy:20200808083806j:image

 

平和島あきばのうなぎ

f:id:sinomiy:20200826110140j:image

鳥もうなぎも甘辛いきもの美味しいこと

 

新橋へその鉄板ニラ玉は卵とじ風、追い卵黄が落とされていてニラは後のせシャキシャキつゆだく。添えられた器に移して飲み干した

f:id:sinomiy:20200809155241j:image

280円

 

蒲田にこまるでハツ揚げポン酢と目鯛刺しを堪能。翌日の品書きにあった金目鯛炙り刺しも気になった

f:id:sinomiy:20200826111431j:image

 

新橋おさけ村で北光正宗。しょうゆ豆が美味しいと聞いたので次回食べることにする
f:id:sinomiy:20200805224115j:image

長野のしょうゆ豆は香川と違って発酵食品とのこと

 

本家、名古屋のんき屋の味噌カツ
f:id:sinomiy:20200901231030j:image

 

蒲田のんき屋ではのんきカツに田楽味噌(サービス)を付けて

f:id:sinomiy:20200809000037j:image

 

川崎立飲み天下のニラの卵とじはとろみとキクラゲが中華ぽく、食べ応えあったf:id:sinomiy:20200814175925j:image

250円

 

蒲田信濃路のニラ玉子炒めは玉子こまかく、もやし入り。塩コショウが強くて白ごはんに混ぜたらチャーハンになりそうf:id:sinomiy:20200816205403j:image

たっぷり450円

 

門前仲町魚三の「にらたま」はお浸しタイプで、ギュっと絞られた茹でニラが食感シャキシャキというかジャキジャキ、ゴリゴリ楽しい

f:id:sinomiy:20200821182744j:image

230円

 

色んなニラ玉があるものだ。調べると紅生姜が入ってお好み焼きのようなものや、注文後あっという間に焼き上がるオムレツ風、餃子の皮に包まれたニラ玉などもあるらしい。

 

しかしどれもしっくり来ず、自分はどんなニラ玉で育ってきたのだろうと思っていたところ、これだという店にめぐり会えた。

 

新橋大露地

f:id:sinomiy:20200827201746j:image

柔らかいニラとぽってり玉子焼きのベストバランス。薄い塩味で、しょうゆをジャッとかけたときに懐かしさをおぼえた。“これは実家だ”

マカロニサラダも添えたら完璧だった

f:id:sinomiy:20200827201810j:image

終着

 

生麦大番、うなぎも食べたい今月f:id:sinomiy:20200830011547j:image

 

蒲田うなぎ家で同郷のマスターへ帰省の相談をした

f:id:sinomiy:20200829074355j:image

 

品川大平屋で博多通りもんをもらった。誰かのお土産

f:id:sinomiy:20200830011716j:image

 

水天宮魚平でここ数ヶ月食べていたイシガキ貝が今までと違う。旬の終わりを実感した
f:id:sinomiy:20200821183205j:image

 

大井町晩杯屋で先月から気になっていたちくわ磯辺揚げを。カリカリもちもち一本のままだった。今度は大きなアジフライが気になったのでまた来月

f:id:sinomiy:20200822211142j:image

食欲は尽きることない

 

真鶴のいか爆弾

 

スマホの写真を整理していたらあるチラシのスクリーンショットが出てきた

f:id:sinomiy:20200830234825j:plain

全国あげものサミットFINAL in福島県三春町

 

これはスクリンショットした時点で開催(2019年3月)が終わっていたけれど、揚げもの好きとして参考に取っておいた。サミットに参加しているのはご当地グルメ、流行のチーズハットク、都内の人気店による創作料理など様々

f:id:sinomiy:20200830235244j:plain

 

その中で、ひときわ目立つ黒いものがあった

f:id:sinomiy:20200830235406j:plainいか爆弾

 

“真鶴名物いか爆弾!!中にはトローリチーズといかの身が入ってピリッとブラックペッパーがきいています”。

各地のコロッケ、メンチ、唐揚げの茶色い中に異彩を放ついか爆弾。気になるから買いに行ってきた。

 

真鶴駅

f:id:sinomiy:20200830235506j:plain

初めて降りた真鶴。どんな町なのだろう

 

ホームごしに少し海が見える

f:id:sinomiy:20200830235547j:plain

f:id:sinomiy:20200830235633j:plain

駅前。この時は車通りは少なかった

 

ナビによると、いか爆弾を販売する魚伝まで徒歩12分。少しの辛抱だから買食いは抑えて歩いた

f:id:sinomiy:20200830235724j:plain

駅近くの魚屋の惣菜が美味しそうだったけれど買わない。ちなみに黒い揚げ物は見られなかった

f:id:sinomiy:20200830235831j:plain

夏の太陽に照らされて 輝くフライは黄金色

※当方の主観により直射日光が当たっているわけではありません

 

初めての土地をキョロキョロして歩いた

f:id:sinomiy:20200830235916j:plain

石材店の軒先

f:id:sinomiy:20200831000016j:plain

絵になるマンホール

f:id:sinomiy:20200831000106j:plain

急階段

f:id:sinomiy:20200831000237j:plain

真っすぐ行くと階段

f:id:sinomiy:20200831000408j:plain

角ばった階段となだらかな階段

 

真鶴はウィキペディアに“町域は全般に起伏が多く、平地は少ない”と書かれているような階段が多い町だった

f:id:sinomiy:20200831000503j:plain

右から:階段

中:地下道の先に階段

左:何かわからないけど階段

 

階段があると登りたくなるものだ。いか爆弾の魚伝まで回り道して向かうこととなった

f:id:sinomiy:20200831000558j:plain

階段わきの三角ゾーンが謎

f:id:sinomiy:20200831000720j:plain

調子に乗って登っていたら個人宅の階段に遭い、慌てる場面も

 

いくつもの階段を登り降り、魚伝にたどり着いた

f:id:sinomiy:20200831000851j:plain

ポップなイベントチラシとは違い、老舗の風格ある店構え

 

魚伝は明治十年創業、港町の本気のひもの屋さんだ。店内に並ぶのはひもののみで、“いか爆弾はありますか?”と緊張しながら尋ねた

f:id:sinomiy:20200831001017j:plain

外にのぼりは立っていたのだが

 

そうして手に入れたいか爆弾がこれだ…!

f:id:sinomiy:20200831001055j:plain

ただ黒く丸い。店の注意書きより、“コゲているように見えますがイカスミ入りパン粉の衣です”

 

実物を見ても揚げ物とは思えない感じ。かぶりつくと衣はカリカリで油っぽくなく、中はじゃが芋だけどチーズとブラックペッパーのおしゃれな味で、イカのくにくに食感。単純にコロッケとは言い難い

f:id:sinomiy:20200831001158j:plain

f:id:sinomiy:20200831001244j:plain

港にて

 

食べていたら「俺のフレンチ」のおしゃれ料理を思い出した。たしか畑を模したバーニャカウダの下に敷いてあった食べられる砂が、いか爆弾の衣と似ている

f:id:sinomiy:20200831001323j:plain

f:id:sinomiy:20200831001354j:plain

画像検索より引用

 

真鶴のいか爆弾は、150円で味わうことができるワンハンドフレンチであった

f:id:sinomiy:20200831001442j:plain

初めに通ったニ藤商店でさつまあげも帰りに買って、美味しかったです

 

気になる日立

 

昨年のこと、地図にからくり人形の文字を見つけた

f:id:sinomiy:20200817113541j:plain

日立のところに“山車を舞台にからくり人形の出し物が演じられる”と書かれている

 

からくり人形に興味がある自分

犬山 からくり展示館 - きっぷ2000円 酒300円

調べるとウィキペディアに“からくり人形は山車の上に乗っていて日立風流物と言い、年に一度の祭りで披露される。高さは15m、重さ5t、山車の中には約10人の囃子方や約30人のからくり人形の操り方が乗り込み、200人以上で山車を牽引する”と書かれており、想定外の大きさにますます惹きつけられた

f:id:sinomiy:20200816164359j:plain郷土博物館|日立風流物(ひたちふうりゅうもの)

言うなれば動く劇場・移動する文楽・サーカス

 

祭りを見てみたいと思ったが昨年の当時は既に終わっており、今年は中止。それでも何か雰囲気がつかめないものかと、先ごろ日立を訪れてみた

f:id:sinomiy:20200816164440j:plain

f:id:sinomiy:20200816164511j:plain

海が見える駅

 

着いてみると日立駅は海の眺めが素晴らしく、また付近を訪れる際は途中下車して、ベンチでジュースでも飲みたいと思った

f:id:sinomiy:20200816164554j:plain

駅前からは海に浮かぶ道路が見えて、電車派の自分もドライブしたくなった

 

さっそく駅の観光案内施設に、日立風流物の模型があった

f:id:sinomiy:20200816164703j:plain

本物の約10分の1だから間近で見ることができる

 

側面から見ると山の部分の幕が下まで降りていることがわかる。実際の祭りではこの中に40人以上も入るんだな

f:id:sinomiy:20200816164753j:plain

動く教室の規模

 

山車の大きさに今自分でさえわくわくするのに、祭りが始まった江戸当時の町衆の興奮は凄かったことだろう

f:id:sinomiy:20200816164911j:plain

スタンプを押してみたら土台の小ささがわかりやすい

 

少しだが日立風流物にふれて満足した。以下は町を散歩した記録である。

 

駅前に扇風機らしきものが見えて、こりゃまたHITACHIの扇風機はデカいな、と近付いて見たら発電用タービンというものだった

f:id:sinomiy:20200816165347j:plain

f:id:sinomiy:20200816170447j:plain

タービンは鳩の憩いの場となっていた

 

日立駅前にはヨーカドーがあり、古びた感じのないきれいな道路の脇には商店が連なっていた。


ソーシャルディスタンスのため町人と触れ合わないように歩いたが、雑貨店の前で猫を追い払う奥さんに遭遇した。奥さんは時々猫が店の中に入ってくるのだと言い、自分が大変ですねと返すと、そのうえ猫がきらいだと言った。詳しく伺いたい気持ちを抑えてそれは困りますねとだけ返すと、奥さんは先へ行こうとする自分へ“今日は暑くなるからお気をつけ下さいね”と言ってくれた

f:id:sinomiy:20200816180154j:plain

f:id:sinomiy:20200816180247j:plain

商店街ではドーナツと肉屋のメンチカツを買った。2軒とも赤いロゴがキマっていて、スタンプにしたらいいと思う

 

電光板が目を引く和菓子屋があった。しばらく見ていたら大福餅だけフィーバーするから美味しいのだろうyoutu.be

 

「交通安全の鷹」の裏の茂みに入ってみた

f:id:sinomiy:20200816180327j:plain

f:id:sinomiy:20200816180359j:plain

おそるおそる

 

草をかき分けて入ると奥にこじんまりした空間があり、状態の良い石仏が置かれていた

f:id:sinomiy:20200816180432j:plain

f:id:sinomiy:20200816180502j:plain

f:id:sinomiy:20200816180604j:plain

ここはどんないわれがあるのか。案内板を読みたいが、早くしないと蚊に刺されるため写真を取りこの場を去った

f:id:sinomiy:20200816180642j:plain

ほんの一時だけど静かな気持ちになれました

 

後で案内板写真を見返すと字がはっきり写っていなかった。インターネットで調べてもこれぞという情報は得られず

f:id:sinomiy:20200816180747j:plain

グーグルマップにも表示されず

f:id:sinomiy:20200816180812j:plain

お堂もあったけど

 

不思議体験をした気分になりました

f:id:sinomiy:20200816180904j:plain

秘められし地の番人、タカ

 

こちらは魔改造というものだろうか。青い階段のある一階部分は閉業した小鳥屋のようで、使われなくなった鳥かごが並んでいた

f:id:sinomiy:20200816180942j:plain

f:id:sinomiy:20200816181016j:plain

小鳥屋とスナックロンシャンと、クリーニング屋がくっついている

f:id:sinomiy:20200816181102j:plain

f:id:sinomiy:20200816181142j:plain

店舗か住まいか、建物はロンシャンの奥にも続いているようで気になった

 

日立風流物がデザインされたマンホールをよく見たら、鳥が描かれていた

f:id:sinomiy:20200816181315j:plain

ハト、鷹、小鳥屋…日立では何だか鳥に縁がある気がしてきたぞ

 

 ご自由におトリください

f:id:sinomiy:20200816181218j:plain

街頭でペットシーツを無料配布しているところがあって、もらって帰った

 

そういえば日立のテレビCMには鳥がたくさん飛んでなかったっけ…?

 

それはロート製薬

youtu.be

日立は“気になる木”だ

 

その日を その日を みんなで待ちましょう
 夢見て 夢見て その日を待ちましょう

 

曲を確認したら、詞に現在の世相を思った。日立風流物は来年開催されるのだろうか。次回行ったら、町の人と話せるのか

youtu.be

その時を待ってる