ゆめぷらざから醒ヶ井

 

有楽町にあったアンテナショップ「ゆめぷらざ滋賀」にて、薦めてもらった安土に行ったら楽しかった話を報告したら、そんな自分には醒ヶ井もお薦めと言われた

f:id:sinomiy:20171110195419j:image
安土の水路にたゆたう藻のような植物が綺麗だったと話すと、醒ヶ井の地蔵川も良いとのこと。パンフレットを見せてもらったら、水の中に花が咲いていて「梅花藻」というらしい。何だそれは、見たいぞ。

 


f:id:sinomiy:20171026130334j:image

来た

 

上は駅の写真。郷愁を誘う文字だ。

梅花藻の見頃は5月中旬から8月末で、訪れたのは9月9日。花、残ってるといいな。

 

 

と、此度もつづるにあたり、醒ヶ井情報を整理していると100点のブログを見つけた。


f:id:sinomiy:20171112155228j:image

涼やかな清流、可憐な水中花 「醒ヶ井の梅花藻」 滋賀米原 - だりあのだいありー

 

〝だりあさんのだいありー〟には自分が見た醒ヶ井が鮮明に記されていた。そうですこれが梅花藻です醒ヶ井です。もう書くことない。

 

なんて思ったが、自分はだりあさんが載せていない写真も持っている。当ブログは備忘録だ。やはりここに全て残しておく。

 

【醒ヶ井編】

 

 

駅待合室の掲示物に、地元小学生が書いた町のおすすめマップがある。我が目的、地蔵川の梅花藻が子どもたちからも「おすすめ」 とされ、散策途中で梅花藻のソフトクリームを食べると良いらしい
f:id:sinomiy:20171028135726j:image

 

 

駅を出ると「水の宿駅」があった。宿駅と書いて「えき」と読む。駅前(JRのほう)の施設で湧水を汲むことができるとは、さすが名水百選や日本遺産とされる町であるf:id:sinomiy:20171112161712j:image

だりあさんは〝道の駅みたい〟と書いていた

 

何ヵ所か水汲み場があって、空のペットボトルに詰めた。名水の町はごはんも美味しいだろうな
f:id:sinomiy:20171112185106j:image

 

おふくろバイキング入店
f:id:sinomiy:20171112185605j:image

日頃から様々なバイキングレストランに行っているが、郷土料理のメニュー多い店は珍しく、一人旅で少しずつ名物を頂けるのは本当にありがたい。焼鯖そうめん、ビワマス寿司、万願寺、たくあん煮、近江米、ずいき他少しずつ何度もお代わりをした。 

 

 

大満足のバイキングのあとに併設のギャラリーをのぞくとトルコランプの展示が行われていて、カラフルにきらめく世界が夢のようだった

f:id:sinomiy:20171114224801j:image

『トルコランプ展』in醒井水の宿駅|☆ミラクル日記☆

 

 

腹いっぱい夢いっぱい。予定外の時間を過ごしたため、足早に出かける
f:id:sinomiy:20171114185347j:image

だりあさんに載っていない写真

 

 

マンホールの花は梅花藻でなく、サツキとイチョウ
f:id:sinomiy:20171115103854j:image

マンホール撮るとき、足入れる派

 

 

もう14時か…と、この時計、動いている。サインポールという看板時計は今希少で、修理が難しいらしい
f:id:sinomiy:20171115002924j:image

 

 

唐波風が異常にかっこいいと思い立ち止まったら、明治26年の醒井小学校の門だという。毎日くぐったら賢くなれそう
f:id:sinomiy:20171115014238j:image

 

 

地蔵川の由来となった地蔵を本尊とする法善寺。全国的に珍しい270㎝もの総高と説明書きがあり、巨大仏好きの自分は是非見たいが、閉まってあった
f:id:sinomiy:20171115175519j:image

 


が、ちょうど読経の時間で扉が開いた。かすかに、しかし確かに大きいお姿を拝むことができた。奥に石が安置されていると洞窟感ある
f:id:sinomiy:20171115175610j:image

 

 

こちらはお堂の外の地蔵様
f:id:sinomiy:20171116144909j:image

 

 

駅で子どもたちが薦めていた梅花藻ソフトは沿道で売られていたが買わず、梅花藻くずもちを持ち帰った

f:id:sinomiy:20171116145514j:image

おねーさんはバイキングでお腹いっぱいになり、食べることができませんでした

 

 

乳白色のつるりとした、くずもちを割った断面。藻らしさ期待裏切らず
f:id:sinomiy:20171116182043j:image
味は緑茶のあんこのようだった

 

 

時おり川に足を浸け、キャッキャしているグループを見かけた。自分もやりたいが、一人なので気が引ける
f:id:sinomiy:20171116201136j:image

 

 

と思っていたところに了徳寺さんのお言葉が
f:id:sinomiy:20171116201014j:image

二度とない今

 

 

後押しを受けて川に浸かった。地蔵川にはヤマトタケルノミコトの毒を直したと伝わる清水が流れている。ありがたい
f:id:sinomiy:20171119083112j:image

神話に触れることができた

 

 

梅花藻はというと、川の一部に咲き残っているものを見ることができ、無事目的を達成した。今期に来れて、後悔にならなくてよかった。

 

 

いつもピタリな情報を提供してくれたゆめぷらざさん、ありがとうございました
f:id:sinomiy:20171122173357j:image

 

 

前記事の、安土の楽市楽座館で会った先生から〝東京に住む娘がお盆の帰省の際に、田んぼのキラキラした風景を見て、夏だー!と叫んでいた〟と聞いた。

同感である。

夏といえば海だ山だと連想しがちだったが、今年、自分の夏は田んぼと藻だった。