9月まとめ~夏の余韻

9月の酒場を振り返る。

 

赤羽巧味。ソーメンチャンプルが和風スパゲティ味
f:id:sinomiy:20171001221650j:image

 

魚三。あんきもが馬鹿デカイ(あと2切れあった)
f:id:sinomiy:20170929223804j:image

 

大津、中安酒店。一杯飲みたかった時ちょうど角打ちが現れて
f:id:sinomiy:20170929224423j:image

 

掛川の某店。良い。再訪確定
f:id:sinomiy:20170929225001j:image

 

仙台、酒蔵大沼。つくねがモチモチ
f:id:sinomiy:20170929230134j:image

 

日本橋ふくしま館の飲み比べセット。最近梅花藻の聞き込みをしている

f:id:sinomiy:20170929223225j:image

 

気になってた栃木、小山のいごっそ。いもフライがガリガリで美味しい
f:id:sinomiy:20170929222724j:image

 

こひなた今月の田中さんは連休に温泉、とのこと
f:id:sinomiy:20170929230804j:image

 

壱番館のポテサラ、サイドの野菜が主役級
f:id:sinomiy:20170929230941j:image

 

蒲田物語の新名物、濃いモツ煮
f:id:sinomiy:20170929231221j:image

 

鶴見の海芝浦駅に行った帰りに国道下へ
f:id:sinomiy:20171001222646j:image

つるんとしたあんきも
f:id:sinomiy:20171001223342j:image

国道下で隣合ったノリコさんという方と意気投合して自宅から行き付けの店へ連れていってもらった。ありがとうございます
f:id:sinomiy:20171001223504j:image

なぜかハの字に写る箸

 

 

 

赤羽巧味でもらった黒糖しょうがを、蒲田の八重瀬(スナック風のほう)で味見
f:id:sinomiy:20171001221827j:image

マスター、ママ甘いってよ。

 

 

 

 

安城のグルメ

 

続き

 

抹茶の里、西尾に行こうとしたら途中の町、安城が面白そうだったので散歩しています。
f:id:sinomiy:20170927012148j:image
ひとまずのゴールは安城市歴史博物館

 

 

西尾で抹茶ランチをしようとしていたが安城では何を食べるべきだろう?

f:id:sinomiy:20170919185114j:image

良さそうな弁当屋がある

 

 

安城の飲食ガイドに載っていた弁当屋があり、入ってみると自家製ハンバーグが美味しそう。しかしテイクアウトして食べる場所があればいいが、真夏に外はつらい。今回は見送ることにした。

 

 
f:id:sinomiy:20170926103949j:image

 西尾の抹茶ひつまぶしが食べたかったな、など思い歩いていると、うなぎ屋の看板に「いちじく茶のひつまぶし」を見た。なんだそれは。
f:id:sinomiy:20170927000601j:image
f:id:sinomiy:20170927000624j:image

吉野屋さんという店にて

 

 

抹茶をうなぎにかける心構えはしていたが、いちじく茶。無花果。いちじくってどんな味だっけ?まだ昼まで時間があるので見送った。あとで調べると、いちじくは安城の特産品らしい。「うなぎ大好きブログ」さんに詳しく載っていた(上の写真もお借りしました)。http://unagi-daisuki.com/post-2597

 

 

さらに歩き進めると、産直市場があった。
f:id:sinomiy:20170919215628j:image

旅にもってこいの

 

 

入ると正面に産直野菜と米が売られていた。自分の好物である麺類も奥の棚に沢山並ぶ。しかしランチにするには、その場で食べることができないものだった。名物辛子豆腐も良いが炎天下で持ち歩けないしな。考えた末に、惣菜を一つ買っておくことにした。

 

 

 

そして博物館に着いた。
f:id:sinomiy:20170920100753j:image
寺と神社と公民館が隣接する文化施設

 

 

入ってすぐのホールで〝夏休み自由研究の相談会〟が開かれていた。過去の優秀作が貼られている。
f:id:sinomiy:20170920102557j:image

安城の未来マップ。舟橋君の作品

 

 

自分が知りたかった安城がわかりやすく記されていた。人口増加率・財政・工業製品等トップレベルとの事だ。チェーンソーしかり、なるほど。

 

 

こちらは和泉そうめんの歴史。岩瀬さんの作品
f:id:sinomiy:20170926105754j:image
f:id:sinomiy:20170920111233j:image

先ほど産直市で見た麺について、製法と歴史と人情の大作であった。今度行ったらぜったい買う

 

 

子どもたちの研究のおかげで安城を学び、既に満足だがここからが常設展だ。
f:id:sinomiy:20170922144030j:image

 

展示は原始時代から現代の安城の発展をたどるようになっている。今見たら博物館HPに展示物の説明が載っていたので、詳しくはこちらを見て頂きたい→http://ansyobunka.jp

f:id:sinomiy:20170920134523j:image

 商店街で見た三河万歳だ


f:id:sinomiy:20170921202410j:image

上記アドレスからお願いします

 

 

少し特筆する。まず土器のこれは何だ
f:id:sinomiy:20170921191625j:image

人面土器だ。こんなの習ってない。

 

イラストにしたもの
f:id:sinomiy:20170922085736j:image

人面文土器は現在全国の約30遺跡で確認されていて、特にこれが優品のため博物館名物となっている。ミュージアムショップでは「人面文土器マスキングテープ」が売られていた。

 

 

次に日本デンマークについて
f:id:sinomiy:20170921203722j:image
記憶に無いがこれは習っていたらしい?

 

 

安城辺りの農業の先進さがデンマーク、と称されたという。ところで駅の特産ディスプレイに安城ハムの会社紹介があったが、そういえば円頓寺商店街の七夕祭りでうまいフランクを食べたことを思い出した。
f:id:sinomiy:20170921205851j:image

もしや安城に出会っていたと思うと素敵だ

 

 

町を彩る南吉壁画について
f:id:sinomiy:20170926112808j:image

壁画は「ごんぎつね」などで有名な童話作家新美南吉の通勤路に描かれているそう。

 

 

博物館への道、童話画の他にも趣ある看板を多く感じていたのだが、ミュージアムショップでこんなものを見つけた。
f:id:sinomiy:20170922103029j:image

安城市歴史博物館オリジナル刊行

 

 

過去に開かれた企画展の図録、「安城を彩った広告」だ。やはり大々的に催すほどこの町の看板には魅力があるというわけだ。
f:id:sinomiy:20170927001312j:image

キャラクターの名前が「せんたっく」と思ったけどよく見るとTERUTAかも(お腹に書いてある)

 

 

安城の謎が解けたり興味が深まったりした。面白い博物館だった。
f:id:sinomiy:20170927001802j:image
外観が登り窯のように見えた

 

 

そろそろ何か食べたい。博物館から駅に戻る途中の大きなスーパーの一角で、産直市場で買っておいた惣菜を頂くことに。
f:id:sinomiy:20170922150353j:image
特製ハンバーグ130円と書かれています

 

初めに寄った惣菜屋で見てからハンバーグ脳になっており、産直のハンバーグは地元のお母さんの味かしらと期待し購入した。写真からは全くわからないがハンバーグらしい楕円ではなく真ん丸で、全面どす黒く、重い。変わっている。特製という名にふさわしい。

 

食べてみると挽き肉のかたまりが衣に包まれていて、自分の知るところのメンチカツだった。衣がソースを吸い、黒っぽかったのだ。甘辛い味は幼い頃に好きだったスーパーの〝チビッコメンチ〟に似ている。
f:id:sinomiy:20170922151930j:image
(挿し絵:博物館の聖徳太子像)

 

安城の母のハンバーグはメンチカツなのか?確かめるために初めの弁当屋、玉木屋へ戻った。
f:id:sinomiy:20170922152514j:image

ハンバーグは売切れていた

 

 

残念。しかし新たな逸品を見つけたのだ
f:id:sinomiy:20170922154301j:image

また黒い。かくし味にチョコレートと八丁みそ、と書かれています

 

 

この手のものは〝テレビに出ました!〟のポップが添えてあったり、アピール強めに置かれるものだが、エビチリの横に平然と並んでいた。たまらず購入。持ち帰る電車内、メンチカツからはチョコバナナの匂いが漂っていた。バナナ?
f:id:sinomiy:20170922160503j:image

 (挿し絵:新美南吉ウォールペイント)

 

自分で忘れていたが、産直市場でバナナメロン瓜を買っていたのだった。確かにバナナとメロンの味がする瓜だが、買った当日は未熟のため、バナナの匂いを放っていない。

 

チョコと八丁味噌がバナナの香りを生んだのだろうか?味は、しっかりチョコの味がした。かくし味を越えている。

 

気になっていたハンバーグ=メンチカツ(衣を付けて揚げているかどうか)問題のことはというと、今の自分はチョコの味しか覚えていなかった。反省。

 

しかしこの時のことを友人に話したら「俺がお前でお前が俺で、みたいなやつ?」とコメントされ、なんとなく腑に落ちた記憶がある。自分は当時、〝チョコメンチはハンバーグだった〟と話したのかもしれない。

 

 

 

あれ?〝俺とお前〟の関係は、バナナメロン瓜か、ハンバーグメンチか、抹茶いちじくうなぎだったか??

 

 

 

今自分は混乱している。これはまた、安城に行って確かめなければいけない。

 

 

 

すっきりできますように。
f:id:sinomiy:20170922165027j:image

願いごとの精、再び

 

 

 

 

 

安城 願いごとの聖地

 

名古屋、円頓寺の七夕祭りを見た翌日

抹茶の里である西尾に行ってみたかったが電車が、自分の持っている18きっぷでは行けないところだった。

f:id:sinomiy:20170912131924j:image

円頓寺のゲストハウス西アサヒに泊まっていた

 

 

西尾へはJR安城駅から名鉄に乗らなければいけないし、帰り道から離れてしまう。悩みながらも安城駅で降りると、改札を抜けたところに町の特産ディスプレイがあった。

f:id:sinomiy:20170912135017j:image

 f:id:sinomiy:20170912135352j:image

目移りしちゃう

 

 

ガラスの中は、南吉・麺・卵・ハム・刃物・コタツ他、様々飾られていた。駅の外には観光案内所があるらしい。ということは案内すべきモノがそんなにあるのか。自分は安城を全く知らなかった。
f:id:sinomiy:20170926100949j:image
駅を出た

 

 

案内所はコワーキングスペース併設の最新施設だった。七夕飾りがフロアいっぱいにある。時期だから、と思ったが資料を見ると、日本三大七夕祭りのうちの町だったらしい。その上安城は三大の横並びから抜き出るため、願いごとに関することは何でも1番を目指す、「願いごと日本一」を掲げたそうだ。なんと先鋭的な。

 

f:id:sinomiy:20170914201202j:image

まつりサイトよりhttp://www.anjo-tanabata.jp/midokoro/screen/

 

当地キャラは「願いごとの精 きーぼー」。このぼんやり感よ
f:id:sinomiy:20170913121214j:image
f:id:sinomiy:20170913134428j:image
写真撮ったとたんに豪雨起きた。精のお怒りか 

 

 

安城、ただならぬおもしろを秘めていそうだ。今回は西尾でなくこの町を散策することにした。そこで地元を知るには博物館が良いと決めて案内のスタッフに聞くと、徒歩30分くらいかかるそうでレンタサイクルを薦められた。
f:id:sinomiy:20170926173011j:image

安城にはレンタルの超小型自動車もある。

http://www.kiimobi.jp

町並みを見たいので歩いて向かいます。


f:id:sinomiy:20170926184819j:image

メルヘンが待っていそう

 

 

ほどなくしてイラストが描かれたうどん屋が見えた。駅のディスプレイにあった〝南吉〟の名が添えられている。詩人だろうか。自分はまだ南吉を知らなかった。
f:id:sinomiy:20170915154543j:image

「うどん」が絵に負けてない。この後も町にイラストがたくさん描かれていた。

f:id:sinomiy:20170915155525j:image
f:id:sinomiy:20170915155916j:image
f:id:sinomiy:20170915155824j:image

昔ながらの商店街、色褪せた外壁が多い中に鮮やかなペイントが映える

 

 

商店街の数メートルごとに写真を撮りたくなる景色があった。 

可憐なメガネ屋看板
f:id:sinomiy:20170915161608j:image

南吉に関わらずとも外壁がかわいい
f:id:sinomiy:20170915161954j:image

仲良い夫婦が営むと思われるそうざい屋
f:id:sinomiy:20170915162710j:image

そうざい屋入口。これはご主人か
f:id:sinomiy:20170915162841j:image
鶏屋
f:id:sinomiy:20170917175944j:image
人形屋、三河万歳とは一体
f:id:sinomiy:20170915163457j:image

サルビアスタンプとは
f:id:sinomiy:20170915163633j:image
f:id:sinomiy:20170919133823j:image

買物したらスタンプもらえた。冷蔵庫に貼ってます

 

 

駐車場のトラックからくまが覗いていたf:id:sinomiy:20170915161348j:image

あざとさ半端ない

 

 

ステッカーより、「クレイジーモーターワークスムカイ」は奈良の車屋のようだ。となると「チェンソーアート」の宣伝だろうか。と今、東京の自宅で考えていると少し写る木彫りのきーぼーの解説に気づいた。かすかにチェーンソーの文字が見える。名物なのか?

f:id:sinomiy:20170919115632j:image

希望のきーぼーだよ

 

 

チェーンソーはそういえば駅のディスプレイにあったではないか。確認すると、安城には世界的チェーンソーメーカー・マキタがあった。


f:id:sinomiy:20170919121448j:image

あざとい言ってごめん。

 

 

 
f:id:sinomiy:20170926102256j:image

続く

 

 

わさび漬けと試食と私

三島駅前のわさび漬け屋に入ってみたら、試食がいっぱいあって楽しかった。アホな書き出しだけど

f:id:sinomiy:20170822184842j:plain

 

朝9時から万全の用意(試食が)

f:id:sinomiy:20170822202711j:plain

鈴廣のかまぼこや、他メーカーのお菓子もある。三島コロッケのイートインが可能。

 

ここでわさび漬けを好きになって、特にイカ入りが好きすぎて、レンタサイクルで三島カメヤを巡ることにした。カメヤ愛をどこかにぶつけたかった
f:id:sinomiy:20170829185445j:image

情熱は走るものかな。勢いあまって静岡の名物ハンバーグレストラン「さわやか」も行った。

 

f:id:sinomiy:20170829205358j:image

カメヤ本店は工場に隣接していた。他社の商品を扱う駅前の店とは変わってわさび漬けに特化している。シットリ落ち着いた雰囲気は老舗の風格。

 
f:id:sinomiy:20170829210813j:image

ホームページより本店の写真。サイトには各店の女将が登場している。

http://kameya-foods.co.jp

次は柿田川店へ。

 
f:id:sinomiy:20170829210143j:image

途中におわした馬頭観音。肉付きがいい。

 

柿田川店は広い駐車場があり、店が点在する複合施設。中でも豆腐館の、富士山の湧水を使った豆腐をうりにしている
f:id:sinomiy:20170829212638j:image

川へレジャーに来た人が寄る感じ。車だと駅から12分らしい。

 

わさび漬け販売店の前にはパラソルが立ち、駅前と本店とも違う様子。試食はレジャー客向けか、ダイニングテーブルに用意されている
f:id:sinomiy:20170829213736j:image

全てセルフサービス。窓の外は木漏れ日。

 

こちらではわさび漬けでなくお菓子を買った。駅前カメヤで試食して美味しかったが、容量が多く(9個)買うのをためらっていたのだ。柿田川店は少量(5個)の取り扱いがあった、というのは書くほどのことじゃないけど、自転車で来てよかった
f:id:sinomiy:20170829221300j:image

菓子舗、間瀬の逢初。レジのお姉さんが“伊豆で人気のお菓子”と教えてくれた。

 

カメヤを3店巡ってみたら三島地域内でも違いが見えた。他に沼津、伊豆、御殿場にも店舗があるのでそちらも気になる。

 

わさび漬けづいた自分は次に、同じく静岡県の大手わさび漬けメーカー田丸屋を訪れることにした。電車で移動する
f:id:sinomiy:20170830130147j:image

ご当地感ある三島駅蕎麦屋。三島コロッケそばと名古屋きしめんもある。茶そばは掛川か西尾か

 

 

安倍川駅から歩いて田丸屋へ
f:id:sinomiy:20170830163031j:image
f:id:sinomiy:20170901161854j:image

 途中にひなび具合が良い「亜胡」というスナックを通り、しばらく進むと進化した亜胡Ⅱがあった。ランドリーとは意外。

 

30分ほど歩いて、着いた
f:id:sinomiy:20170830163938j:image

アッ、わさびだ(裏口)

 

この日は感謝祭という催しが開かれていた
f:id:sinomiy:20170830164057j:image

裏口から入った

 

感謝祭では限定わさび漬けの販売、わさび漬け作り体験などが行われている。店の外には屋台が広がっていた
f:id:sinomiy:20170830165151j:image
f:id:sinomiy:20170830165304j:image

終わり頃の時間に着いたら、フリマの服が「すててもいいからもらって帰って~」とさばかれていた。

 

祭りの催しは終わっていたが工場見学することができた。こちらの田丸屋ステップイン店は「見る工場」を唱っている
f:id:sinomiy:20170830132656j:image

ホームページに“見学無料です!!時間は5分程度。ショッピングを合わせて30分程度”とある。鈍行列車と徒歩を駆使する自分にちょうどいい。

 

 店内
f:id:sinomiy:20170830170706j:image
f:id:sinomiy:20170830172647j:image

 

漬物がメインのカメヤと比べると、田丸屋は商品のバリエーションが幅広い。海産加工品からスナック菓子、ケーキまで自社製品

http://www.tamaruya.co.jp/item.html
f:id:sinomiy:20170831184952j:image

 

また、試食が多くて嬉しかった。この日は根わさびを祭り価格で購入し、自宅ですりたてのわさびごはんを堪能したが、写真のあらびきわさびチューブを使ったごはんもいいなと思った

f:id:sinomiy:20170830170753j:image

ごちそうさまでした。

 

ところで旅行新聞新社が毎年発表している「プロが選ぶ観光・食事施設、土産物施設100選」がある。http://www.ryoko-net.co.jp/?page_id=151

この中のいくつかを訪れたことがあるが、試食が多いように感じた
f:id:sinomiy:20170910234921j:image

 浅間酒造観光センターは行かねばなるまい。

 

自分は食いしんぼうが酷いので一般客とは多少ずれがあるが、皆さんは信頼と安心の上で、試食を口にするのだ。店もまた、自信をもっての提供。試食に活気=入選の可能性だ。カメヤと田丸屋も近々入るのではないか。(過去の入選歴未確認です)

 f:id:sinomiy:20170901172200j:image

静岡辺りだと、由比の桜えび館も良かった。だしと節を存分に飲み食べ比べた。

 


f:id:sinomiy:20170910224007j:image

これは那珂湊おさかな市場。お支払いするから全種類食べさせてほしい

 


f:id:sinomiy:20170910224929j:image

2017年現在、観光食事施設部門3位の「ザ・フィッシュ」。こちらでは菓子コーナー試食のえびせんに塩辛類をのせると食べやすい技を得たけど、申し訳ないと思っています。

 

 

最後に三島の景色で酷い食いしんぼうをにごしたいと思う
f:id:sinomiy:20170901182246j:image

「日本初のエスカレーターゆうロード三島。可愛がって下さい。駅長」

 

 

町は橋が多くてアトラクションみたい。
f:id:sinomiy:20170901184258j:image
f:id:sinomiy:20170901184451j:image
f:id:sinomiy:20170901190015j:image 

 

 

楽寿園
f:id:sinomiy:20170901183048j:image
f:id:sinomiy:20170901183336j:image
f:id:sinomiy:20170901183646j:image
f:id:sinomiy:20170910230235j:image

 

8月まとめ~ジュン子さんからブルーのブレスレットも頂きました

8月の酒場を振りかえる。

 

 

鹿沼もつや。カリっと焼けたモツと焼きそばも名物。相席※のおじさんが、家に幽霊が出ると話していた。夏だな。鹿沼の私的名物アウカナ仏脇の地蔵たちも夏仕様に
f:id:sinomiy:20170903134544j:image
f:id:sinomiy:20170903105109j:image

※もつやはテーブル1つ

  

 

今はなき仙台「ちだや」で紹介受けた「びっくり」。目に入ったゴーヤが食べたいとママに言ってみたらピリ辛炒めにしてくれて、酎ハイと合う
f:id:sinomiy:20170903141823j:image

 

 

大井町にタイ料理をチョイ食べできる貴重な店を見つけた。焼き鳥「鳥たか」

f:id:sinomiy:20170903143253j:image

 

 

蒲田「勘蔵」から豚足食べたい衝動で、一軒め酒場へ。手軽
f:id:sinomiy:20170903143837j:image

 

 

「東屋慶名」飲み会。3人で6品注文のうち3品を自分の好物チャンプルーにしてくれた友人に感謝

f:id:sinomiy:20170904121842j:image

 

 

鶴見「豊嶋屋酒店」を始点として角打ちを巡ろうとしたら、〝この先はゾンビ〟と忠告される。夏だ
f:id:sinomiy:20170903144357j:image

 

新橋「こひなた」の卵焼きは巻かないタイプ
f:id:sinomiy:20170904122404j:image

 

 

こひなた向かいの店で持参の瓜ぬか漬けを食べていると、どこかの女社長が突然入ってきて、ひまわりの花をくれた
f:id:sinomiy:20170904122509j:image

 

 

壱番館でいつも頂くサービスフルーツとハイボールの組み合わせが大好きだし冬瓜の煮物が京風の揚げと海老入りで250円って
f:id:sinomiy:20170904001320j:image

 

 

茅場町ドラム缶に珍しい酒があり、太田酒造のそれは明日行く滋賀県のもので気分盛り上がる。写真はお客さんからの佃煮で、コロッケも貰った。土産シーズン
f:id:sinomiy:20170903145305j:image

 

 

滋賀「岡村本家」直営の居酒屋。冬以来2度目に来たが、店の方が自分の髪型やら何やら前と違うね、って覚えていてくれてありがとう
f:id:sinomiy:20170903210728j:image

 

 

京都の大宮「庶民」。女性に話しかけ禁止と貼り紙あったけど。地元の話が聞けてよかった
f:id:sinomiy:20170904000325j:image

  

 

神田イチゴーの200円げそ唐揚げを食べながら、〝寿司はげそを10皿注文する〟というひよこのジュン子さんを思い出していた
f:id:sinomiy:20170904115412j:image

 

 

静岡ひよこ。ジュン子さんから卵焼き貰った

f:id:sinomiy:20170904115107j:image

 

 

最近各地で卵焼きを食べている。ひよこが実家の味にいちばん近い。