きっぷ2000円 酒300円

18きっぷでぶらぶらしたり酒飲む記録。写真が下手です

長浜 焼さばそうめんと万華鏡

 

焼さばそうめんを食べるために長浜へ行った。

 

焼さばそうめんとは、焼さばを甘辛く炊き込み、そのだし汁で茹で上がったそうめんを軽く炊いて、そうめんの上に炊いた焼き鯖を盛り付けた郷土料理である。(引用:焼さばそうめんとは-焼さばそうめん 長浜のお土産
f:id:sinomiy:20180717185121j:image

食べかけ

 

ふだんは冷たくツルッと食すそうめんが熱く、さばの旨みをまとってコクあり、さばの身は大きくてごちそう感がある。これは好きな味だ
f:id:sinomiy:20180717205605j:image

大正浪漫漂う店の窓から「大通寺」が望める。ロケーションにぴったりな店名「夢の小路 良太郎」さんで頂きました

 

焼さばそうめんは滋賀県内のスーパーで扱うところもある。美味しいので全国で売ってほしいし、自分で作れるようになりたい

sinomiy.hatenablog.com

スーパーで食べたときのこと

 

長浜といえば、「黒壁スクエア」が街づくり成功例として有名なので見て行くことにした
f:id:sinomiy:20180718113618j:image

黒壁ガラス館より

 

当館は〝明治33年に銀行として建てられた木造洋館を、平成元年に黒壁ガラス館としてオープン。当時のおもむきはそのままに、ヨーロッパを中心とした世界各国の伝統的なガラス製品から特色あるモダンなものまで様々な製品を取り扱っています〟(黒壁 - 滋賀県長浜市 ガラスの街「黒壁スクエア」
f:id:sinomiy:20180717214213j:image

きらびやか。何年も行っていないがディズニーランドのようだ

 

黒壁スクエアは明治の歴史的建物30館を再生した街で、ガラスショップやカフェなどのおしゃれな店が並ぶ
f:id:sinomiy:20180717221531j:image

再生型観光地として完成されている

 

そんな中を歩いていると「日本一の万華鏡」という道しるべがあり、向かった
f:id:sinomiy:20180717223158j:image

看板押し

 

〝感響フリーマーケットガーデン〟〝提案型フリーマーケット〟と書かれているけれど、どういうことだ
f:id:sinomiy:20180717223548j:image

無料

 

万華鏡は大きいはずなので離れたところから少し姿が見えてもよさそうだが、まだ何も見えない。

 

休憩所が現れた

f:id:sinomiy:20180719135153j:image
遠いのかな

 


f:id:sinomiy:20180718115255j:image

 


f:id:sinomiy:20180717224303j:image

上と似ているが、別々の場所

 


f:id:sinomiy:20180717224509j:image

かくれ矢印発見⇧嬉しい

 

 

次に現れた休憩所には物販がある。これがフリーマーケットガーデンか

f:id:sinomiy:20180717224942j:image

やき鳥100円ビール350円

 

ラジカセ3万円
f:id:sinomiy:20180717225309j:image

〝値段はご相談させていただきます〟これが提案型フリーマーケットなのか 

 

辺りには誰もおらず、怪しく思うけれども矢印のままに進んでしまう。童話「注文の多い料理店」が頭をかすめた

 

恐る恐る歩んだため長い距離と感じたが、敷地に入ってから5分程のところだろうか。「日本一の万華鏡」に到着した
f:id:sinomiy:20180718120605j:image

高さは8メートル。テントのよう

 

内部側面にあるハンドルを回すと、天井の万華鏡柄が変化した
f:id:sinomiy:20180718121412j:image
f:id:sinomiy:20180718121401j:image

おお…これが日本一の

 

自分にとっては道程のインパクトのほうが勝っていた。確かに綺麗だけど。

後から家族がやってきて「さっきは回らなかったのに」と言った。

 

メンテナンスが間に合っていないのか、大変なのか、ガーデンオーナーを思うと情が湧いてくる。先程まで怪しんでいたのに、〝店主〟に飲み込まれたようだ
f:id:sinomiy:20180719151055j:image

ハンドルの後ろは絵馬奉納100円

 

焼きさばそうめんとモダンな黒壁スクエアと、童話のような空間を楽しんだ長浜であった
f:id:sinomiy:20180719151442j:image

ヤンマーミュージアムも行ってみたい

 

 

6月まとめ~600円くらい

 

6月の酒場を振り返る。

 

有楽町百万石物語の利酒会が今月もお得極まりない。皆に薦めている
f:id:sinomiy:20180603012007j:image

 

ランチだが根津ことぶきで島ずし。酒場利用もしてみたいので記しておく。これにゴボウサラダももらって600円
f:id:sinomiy:20180603011939j:image

 

蒲田東屋慶名で飲み会の際にグルクン撮影会をした
f:id:sinomiy:20180605010055j:image

 

荻窪つまみや、ビッグマン80ミリとピータンで300円。前回も今回も某イカ店が休みで
f:id:sinomiy:20180607193936j:image

新橋壱番館、大阪住むなら御堂筋沿線が良いと聞く

f:id:sinomiy:20180608004448j:image

 

神田あかしや、大阪住むなら阪急沿線が良いと聞く。阪神ファンの世界を見た
f:id:sinomiy:20180608004424j:image

 

門前仲町魚三、3品600円。ご常連から裏メニューのひれ酒をいただく
f:id:sinomiy:20180617183931j:image

 

糀谷万福食堂、ママが皮膚科でシミ取り3千円と3万円を間違えて行ったらしく、可哀想だけどその甲斐あってか綺麗です
f:id:sinomiy:20180609210456j:image

 

蒲田八重瀬のおでんがおでん史上美味しい。2品600円。植木屋トシちゃんが手掛た庭を見てみたい
f:id:sinomiy:20180611194339j:image

 

品川大平屋、明日健康診断というおじさんが4缶飲んでいた。結果が気になる
f:id:sinomiy:20180611194405j:image

 

新橋むらまつ試飲会のチケットは一連650円。同テーブルにパン男子がいた
f:id:sinomiy:20180617183816j:image

 

大森いそ野の店員が元パン職人と耳にし、今度詳しく聞きたい
f:id:sinomiy:20180617184547j:image

 

人形町加島酒店にうどん打ちのおじさんがいて話を聞いた。この日の自分はうどん2軒とパン1軒と当角打ちのハシゴであった
f:id:sinomiy:20180628192622j:image

 

新橋、珍しく洋風な店へ行ったら落ち着けなかった。そんな日もある
f:id:sinomiy:20180618195917j:image

 

蒲田ドラム缶、「お代いれ」の感じとか落ち着く
f:id:sinomiy:20180620133559j:image

 

新橋そば田、ハッピーアワー2杯1品で340円
f:id:sinomiy:20180630132959j:image

 

神田イチゴーで写真を撮るといつもみどりがかる。あと1杯飲んで計600円
f:id:sinomiy:20180621194739j:image

 

新橋おさけ村でサービス1合(美寿々純米吟醸無濾過生)と粕汁(サーモン)で600円
f:id:sinomiy:20180623142716j:image

 

箱崎魚平、3品で660円。添え物までぬかりない
f:id:sinomiy:20180624005206j:image

 

1軒平均600円だと気がついた。

 

 

 

 

栃木デスティネーション

栃木県とJR各社は2018年4月から6月まで「栃木デスティネーションキャンペーン」を行っている。栃木といえば自分には記事にしていないことがあったので、この機会に書き起こしてみよう
f:id:sinomiy:20180617194113j:image

 

那須エリア黒磯駅より】

「元気ほん歩」いきいき百歳体操に参加した時のこと(元気ほん歩について:

帰りみち’17。師走の黒磯 - きっぷ2000円 酒300円

体操はゆっくりと、難しくはないが、“イチニイサンシ・ゴーロクシチハチ”から、“ジュウニイサンシ・ゴーロクシチハチ”と続き、再び同じ動作を“イチニイ…”と繰り返された時、これは忍耐の訓練だと思った
f:id:sinomiy:20180626135441j:image

いきいき百歳体操:https://youtu.be/DMGPuIvNei8

 

 

 

度々言うが黒磯はパン屋のドーナツが秀逸である

上:RAKUDA 、下:KANEL BREAD
f:id:sinomiy:20180620195042j:image
f:id:sinomiy:20180620195401j:image

今春、KANEL BREADシェフが独立し西那須野へ「SHŌPAIN ARTISAN BAKEHOUSE」をオープン。メニューにドーナツがあるようなので行かねばならない。

 

 

【県央エリア宝積寺駅より】

宝積寺は隈研吾デザインの駅舎がかっこいい。駅から数分歩くと「ミート&ギターこしみず」という、ロックバンド「キャプテンストライダム」にまつわる店がある。自分はよく歌に登場するコロッケを買い、駅を眺めながら食べている。(駅舎に詳しいサイト:

駅に恋する!栃木「宝積寺駅」は隈研吾デザインの秀逸駅舎 | 栃木県 | トラベルジェイピー 旅行ガイド

f:id:sinomiy:20180620191729j:image

この日は広場で人形たちの演奏会が

 

 

また、この辺りで気になっているのが「氏家うどん」だ。地粉イワイノダイチ使用とのことで、やさしい香りがすることだろう
f:id:sinomiy:20180620194409j:image

氏家商工会サイト:http://ujiie-shokokai.or.jp/ujiie-udon/

 

 

【日光エリア今市駅より】

今市へは日光銘菓「きぬの清流」を求めにやってきたが諸事情により買えなかった
f:id:sinomiy:20180620202954j:image

初めて今市駅で降りてみるとお香が漂っており、見渡すと日本香堂の工場があった。香りのお出迎えとは風雅な町だ

 

 

町を散歩していると、鳥居の向こうに得体の知れない像が見える。狛犬でも仁王像でもない何か。茶色が濃い
f:id:sinomiy:20180626164024j:image
f:id:sinomiy:20180626164040j:image

こういうロボット漫画がある気がするけどいやしかし…

 

 

像は学問でおなじみの二宮金次郎(尊徳)で、神社は報徳二宮神社といった。側の説明にはその像はなんと、愛知県東栄町のチェーンソーアートと書かれていた
f:id:sinomiy:20180621141750j:image

〝尊徳像の頭上にお金を見事投げ入ると願いが叶うとされています〟

 

 

自分は以前、有楽町の特産イベントで東栄町のチェンソー団体と出会ったことがあった。そこで写真を見返してみると、掲げられている作品例に尊徳像があるではないか
f:id:sinomiy:20180622164803j:image

チェンソーアートとの出会:安城 願いごとの聖地 - きっぷ2000円 酒300円

 

菓子のことしか考えずに降り立ったが愛知県安城東栄町と繋がり、今市は自分とシンクロする町であった
f:id:sinomiy:20180624150712j:image
f:id:sinomiy:20180624150816j:image

大きめの仏像や竜宮城のような興味深い建物が見えたので、また調査しに行きたい。

 

 

【県南エリア栃木駅より】

夕方に訪れたのであまり建物には入らなかったが、水鳥のいる風景など良かった。栃木市は小京都と呼ばれており、川沿いの路地が木屋町通りを彷彿する
f:id:sinomiy:20180618203102j:image

f:id:sinomiy:20180618205229j:image
人通りは少なく、静かで落ち着けた

 

 

ピンコロリというキャッチーなフレーズが書かれた鳥居に導かれて進んでみると、小さなお堂があり、写真を撮ろうと近づいたら水溜まりにハマった
f:id:sinomiy:20180618205308j:image
f:id:sinomiy:20180618205418j:image

とても宿っていそう

 


f:id:sinomiy:20180626164938j:image

栃木はマンホールに表れる通り、蔵と水の町であった。ちなみにピンコロリは「PPK」と称されるようだ(Wikipediaより)

 

 

PPKの近くにあった喫茶店BAKUは、店頭の貼り紙に「一度食べたらクセになる《BAKU バーン》ボリューム最高!!」と書かれている
f:id:sinomiy:20180625225822j:image

可愛らしい外観の店内に、燃えるような何かがあるらしい。名店に違いない

 

 

栃木市役所は東武百貨店内にある。近年商業施設に役所が入る例は少なくないらしい
f:id:sinomiy:20180619134925j:image

フードコートに「餃子うどん」、パン屋に「いもフライパン」があった。デスティネ深い百貨店だ

 

栃木駅前の碑の詩が良い。〝たった一度しかない一生をほんとうに生かさなかったら~〟

f:id:sinomiy:20180618204508j:image

そうだ、せっかく行ったんだからブログにしようではないか。

 

 

 

 

この度のデスティネーションキャンペーンに際し、かつて訪れた栃木県を思い出した。大谷資料館、長岡百穴古墳、烏山酒祭り、板碑講座、佐野ラーメン、鹿沼と小山と間々田の居酒屋のみんな…

 

馬頭観音を探していたら廃墟に入ってしまった黒磯… 一人でメリーゴーランドに乗った小山… 18きっぷを無くした矢板… 豪雨の日光…
f:id:sinomiy:20180626204157j:image

旅情を掻き立てられた

 

 

県東エリアへはまだ行ったことがないが、面白い出会いが必ずあるはずだ。キャンペーンサイトの「真岡木綿会館」「とちぎ橋カード」「日本一のえびす様」等、見るとわくわくする
f:id:sinomiy:20180626112240j:image

栃木デスティネーションキャンペーン | とちぎ旅ネット

法人向けのページが閲覧可で見応えある。解説付きの観光写真1299枚や、パンフレットも豊富。映画撮影のエキストラ募集も

 

 

キャンペーンは間もなく終わるが、今回新たに知った所や懐かしの地へ、また行きたいと思う
f:id:sinomiy:20180626134604j:image

JR宇都宮と東武宇都宮駅は、JR蒲田と京急蒲田駅より離れている。

 

 

 

 

5月まとめ~キャベツヤキおいしい

5月の酒場を振り返る。

 

蒲田八重瀬で手が写っているトシチャンが長渕剛Tシャツを着ていてファンである話を聞いたが、ナガブチはライブ中にハーモニカを8~9本投げるそうだ
f:id:sinomiy:20180505200034j:image

 

軽い気持ちで近所の立ち飲み屋に行ったら、おそろしく豪華な食事へ招待して頂いた
f:id:sinomiy:20180504150157j:image
f:id:sinomiy:20180504150543j:image

蒲田勘蔵でいろいろな食べ物を
f:id:sinomiy:20180510114825j:image

 

大井町武蔵屋。麺好きなので、うどん県と蕎麦県(会津)出身の方に挟まれて楽しかった
f:id:sinomiy:20180515002431j:image

 

品川ふじのハイボールが濃いという話は本当
f:id:sinomiy:20180529214901j:image

 

下北沢の梅LABOで梅酒をテイクアウトするとお洒落に飲み歩ける
f:id:sinomiy:20180507140852j:image

 

門前仲町魚三で隣のおじいさんが、うなぎ蒲焼き大1枚と肝焼き3本と天ぷら3つくらいとソラマメ皿を並べていて食べきれるのか目が離せなかった(食べた)
f:id:sinomiy:20180510115237j:image

 

有楽町いしかわ百万石物語で500円のセットにふぐが入っていた
f:id:sinomiy:20180515003011j:image

 

神田イチゴーの日で2杯1品450円ありがとうございます
f:id:sinomiy:20180515203110j:image

 

箱崎魚平、とうもろこしのかきあげ(160円)かわいい美味しい楽しい
f:id:sinomiy:20180517193134j:image

 

新橋おさけ村と日本橋ふくしま館の飲み比べセットに雄町の酒があってめずらしい
f:id:sinomiy:20180517195846j:image
f:id:sinomiy:20180523010435j:image

 

蒲田ドラム缶のとうもろこし揚げはカマボコタイプだった。“今日せんべろネットの人が来た”と聞き、お会いしたかった
f:id:sinomiy:20180519005935j:image

 

品川大平屋で会う人が蒲田勘蔵の常連とわかった。よくぞ数年も顔を合わせなかったものだ
f:id:sinomiy:20180517195937j:image

 

銀座ロフトでビールをもらった
f:id:sinomiy:20180531200413j:image

 

両国国技館で日本酒もらった
f:id:sinomiy:20180531200659j:image

 

上野ふぶき、他のお客の焼酎多いホッピーと目の前の鉄板で焼かれる卵焼きがたまらなかったからまた今度食べに行くf:id:sinomiy:20180519192058j:image

 

横浜クラブセンセーションで香川のしょうゆ豆3種試食会
f:id:sinomiy:20180525194834j:image

 

日ノ出町の試聴室3で「給食ハイ」。母校の味ではないが懐かしさは伝わった
f:id:sinomiy:20180525194855j:image

 

八重洲鐵一でキャベツ焼き。大きい。千切りキャベツがシャキシャキで肉もいっぱいで、オムレツ状というかバーガーだビッグマックだ。腹一杯に
f:id:sinomiy:20180529182921j:image

 

桜木町じぃえんとるまんのキャベツ焼きはお好み焼き(混ぜ焼き)のようだった。表面が天かすか肉かすか、かりかりで美味しい。写っているのはネギ玉とYouTubeの人
f:id:sinomiy:20180527192218j:image

 

わが家が大阪に越すかもしれないので、本場のキャベツ焼きを楽しみにしている。

帰り道’18春。岩角デコにいだ

 

東京から仙台へ、自分は在来線で帰省し、途中下車して駅周辺の小散歩を楽しむことを主としているが、本当は駅から離れた場所も行ってみたいのだ。今回は福島県内で3つの憧れ(離れ)を叶えて来た。

 

 憧れ①岩角山岩角寺(本宮市
f:id:sinomiy:20180520122011j:image

 サイトより〝山中に点在する露出した岩石には、それぞれに即した名が付けられ、その岩肌には江戸時代に西国より移し線刻された西国霊場33ヵ所の観世音や菩薩、天王、天神などの808躯が刻まれています〟岩角山 | 福島県本宮市にある岩角山岩角寺の公式ホームページです

 

岩角寺は、数年前に磨崖仏を検索している時に見たサイトで知った。巨石とおじさんの対比が印象的だった。本宮市は当時、安達郡と言ったらしい

hamadas.exblog.jp

故郷の隣の県に横綱があるとは是非訪れておきたい

 

それで最寄の本宮駅で降りてみたが、駅からの路線バスが廃線になっていて断念した。いつか仏像好きな父に、車で連れてきてもらおうと…。

 

数年を経てこの度やって来た。実家から車で2時間くらいの距離だった
f:id:sinomiy:20180520122420j:image

父と母です

 

巨石おじさんのブログ通り、山内は巨石がごろごろしていた
f:id:sinomiy:20180510205252j:image

これが横綱か~

 

巨石のアドベンチャー三十三観音を巡るゲーム感覚があった。父は息子に貰ったばかりのiPadを駆使していたが、この日撮った写真は消えてしまったらしい
f:id:sinomiy:20180510205359j:image
きっと冒険の書が消えた心地だろう

 

岩角寺は、石好き仏像好きや、軽いハイキングにも良いところだった。

 

バラバラに歩く家族
f:id:sinomiy:20180514134822j:image
※なんと今年の4月からバスが運行されていた

試行巡回バスを運行しています - 本宮市公式ウェブサイト

 

 憧れ②高柴デコ屋敷(郡山市
f:id:sinomiy:20180522171314j:image

Wikipediaより)

以前に張り子を見るために三春駅で下車し、有名な高柴デコ屋敷が駅から歩いて行くには遠かったので諦めたことがある。しかしかわりに行った三春郷土資料館を十分に楽しんだので悔いはなかった。

 

そんな話を両親が覚えていたかどうか知らないが、先述の岩角寺の後に寄ることを提案されたので連れて行ってもらった。デコ屋敷は二人の新婚旅行の地らしい
f:id:sinomiy:20180514190207j:image

デコ屋敷一帯には4軒の家があって、張り子を買ったり制作の場を見ることができる

 

一つ一つ手描きされた人形たちは、茅葺きの古民家で見ると一層温かく愛らしく見えた
f:id:sinomiy:20180519210726j:image

三春のだるまは最初から目が入り、八方を睨んで厄を払うそうだ

 

そういえば実家に張り子があった。今まで気にしていなかったが夫婦の思い出の品だったのだ

f:id:sinomiy:20180516133058j:image

あの時のあれが~などと話している様子

 

当時は並んで歩いたのだろうか
f:id:sinomiy:20180523234919j:image

志村けんの「だいじょうぶだぁ」のルーツとなったおいち茶屋

 

三春駒の形の窓がパズルみたい
f:id:sinomiy:20180516174327j:image

父さん母さんありがとう。

 

 

憧れ③新井田本家(郡山市

18きっぷで宮城から東京へ戻る日が新井田本家の酒蔵祭りと知った。駅まで送迎バスが来てくれるらしく、これは行かない手はない。

 

仁井田本家といえば先日、名古屋で仁井田愛好会会長という方に出会ったばかりだ。各地の会員を虜にする酒蔵とは期待が膨らむ
f:id:sinomiy:20180518050332j:image

みのや北村酒店さんの店主が会長だった

みのや北村酒店 (店舗情報)| お酒好きのための総合情報サイト 酒ネタ.com

 

当日郡山駅前には大型の観光バスが停まっていた。広くて快適。山里の桜の風景を楽しみながら進む

f:id:sinomiy:20180517140044j:image

f:id:sinomiy:20180518051846j:image
f:id:sinomiy:20180519012935j:image

駐車場から少し歩くのもイベントの一貫に思う。景色が良い

 

入口でコップを受け取る。棟の間の道がお客でいっぱいだった。時々ふるまい酒の瓶を持ったスタッフが現れ、コップに注いでもらう。これとは別に、送迎バス利用者は土産用の酒がもらえた。何てこった

f:id:sinomiy:20180519013016j:image
f:id:sinomiy:20180519203121j:image


蔵見学は時間の都合で参加できなかった
f:id:sinomiy:20180519013119j:image

販売用酒のほとんどを試飲して買うことができる 
f:id:sinomiy:20180519013246j:image

 

「感謝祭」と銘打った祭りは単なる酒蔵祭りでなく色々な出展があり、会場はマルシェとなっていた。会場スタッフには「サポーター」と呼ばれる蔵人以外の一般が参加している。お客は家族連れが多い。

 

当祭り以外でも、仁井田本家は米作り体験教室が積極的に開かれるなど、地域振興の場になっているようだ
f:id:sinomiy:20180522180041j:image

子供から大人から名古屋から、広く愛される酒蔵であることがわかった

 

自分は帰省途中なのであまり飲めなかったが祭りの雰囲気を楽しむことができた
f:id:sinomiy:20180519203001j:image

祭りらしい部分を撮っていなくてすまない

 

 

再びバスで郡山駅へ送ってもらい、電車旅に戻る。東京の家まであと227キロ。まだまだ面白いことが待っているのであった。