ある伝統工芸士の話

東京の百貨店に、全国の伝統工芸品と職人がやってくる催事があった。そこで話した工芸士が印象的だったので、ここに留めておきたい。

 

会場は閉店時間前のため客が少なかった。そうでなくとも工芸品、調度品や高級織物を扱う催事が賑わうのは、ちょっと裕福な夫婦がブラブラ歩く休日の昼間だろう。平日夜に銀座でやっていたハワイ展なんかは、遅くまで女子で賑わっていたが
f:id:sinomiy:20170821185357j:image

(工芸展の写真がないので実家の父のコレクションを挟むとする)

 

ここは日本橋だ。人まばらな中で、自分のような若輩者は、浮いていた。客として見られていない気がした。実質自分は買える立場ではなく、工芸士という芸能人を見に行っていた。

 

たまに相手にしてくれる販売員もいた。陽気な口調で「出会いを大切に~」と誘い、勧める試し寝のベッドが60万円

f:id:sinomiy:20170821185611j:image

まあ座ってみてヨ!と導入は椅子から

 

差し出す商品のちらしを「なくさないように直ぐしまって!」と言う目が鋭く、別れ際に「出会いを大切に~」とまた呪文のように唱えられた。(寝心地は最高でした)

 

 

 

冒頭の工芸士はというと、いかにも職人の雰囲気を出していた。堅い表情。年配の木工職人で、ミノで彫る実演の机回りに、作品が並ぶ。誰もが圧倒するであろう見事な細工の獅子や仏像などの品々には、数十万円の札が付いていた 
f:id:sinomiy:20170821190230j:image

若輩者が容易く近づいてはならない、と自分はその展示区画が視界に入るところのベンチに座り、眺めることに

 

すると10才に満たないくらいの少年がやって来て彫刻作品を見始めたが、それらは容易に手が届く所にある。士は子供を目の前にしても何も語らない。子供VS.高級品VS. 堅物な士の光景に、自分は勝手にハラハラした。

 

しばらくすると少年の父が現れた。場は和やかに、自分の緊張は解かれた。そして親子らしい会話が聞こえてくる。

「ねずみ(置物)がいっぱいいるね」

「カエルもいるね」

 

それまで黙っていた工芸士が口を開く。

〝ねずみがどれも小さく作られているのは、大きいとコワイから。だけど干支の生き物だから需要はある。カエルも縁起物だから人気ある〟等々。なるほどな話の数々に自分は辛抱できず、ベンチを立ち歩み寄った。一緒に話を聞かせてもらう
f:id:sinomiy:20170821190942j:image

 なお工芸士の話は発したままでなく、自分の記憶の覚書きだ

 

〝白い部分は外、茶色い部分は丸太の内側。全て1つの木材から彫り上げる。色と木目を活かす〟

〝ほおずきはわざと荒く彫っていて、外国人に人気〟

 

一人でいては聞けなかった話がぼろぼろと語られる。メモを取れないことが惜しかった。

そうしているうちに親子は去ったが、この縁を作ってくれたことに感謝したい。

 

その場が工芸士と自分のふたりになった。

うちの父が彫刻など好きでして…等その場をしのぐ話をしたが、子供のような無邪気な質問はできない。士に失礼をおかさないうちにと、引き際を探っていた。

が、何の展開だったのだろう。工芸士の裏話を聞くことになった。

 

〝15年前からこの催事に来てるけど、しばらくの間は人見知りがひどくて全く話せなかったし、話すと訛りが出て気が動転して嫌だった〟

 …憧れの伝統工芸士が弱音とは、急に身近な存在に感じた。工芸士(以下おじさん)も人間だもの。

 

〝実演という見世物になることが嫌だった〟

… 正に自分はこの工芸展を見物に来ていた。どうしようもない、すまない気持ちに。

 

〝工芸に携わる最近の人は大学まで卒業していて羨ましい。勉強しておけばよかった〟

…おじさんは中卒だ。職人とはそういうものと当然に思っていたが、コンプレックスだとは。おじさんはもはや年齢のため諦めたそうだが、「きみは英語やったほうがいいよ」と言う。そんなありきたりの言葉が、この時はグサリときた。

 

〝けど最近の人はけっこうハチャメチャやってるよ〟

…仕事と遊びのメリハリだろうか。

 

〝娘が同業で、節句人形などの『売れるもの』を作っている〟

…おじさんは美術的、娘さんは実用的作風。

昨今、町の展覧会を訪れてみると、美術品が売れないという話が聞こえてくるし、美術館では基金を募っていたりする。業界の切実なところだ

f:id:sinomiy:20170821191824j:image

 

 

閉店時間をむかえて帰るが、店で交わされる定番の「お買い上げありがとう」「また来ます」などの挨拶は我々に当てはまらない。自分は買物していないし、この先も当分買えそうにない。客ではないのだ。これまで興味深い話を聞かせてもらったが、別れの言葉を選ぶことが難しかった。

 

 

 

伝統的工芸品というのは、昔からあって、人の手によるもの、というような規定がある。条件を満たし完成された美術的製品。これにおじさんの内情を知ったら、民芸的価値も抱くこととなった。一彫り一彫りに温もりを感じる。がぜん欲しくなるではないか
f:id:sinomiy:20170821191110j:image

こうやって美術工芸品に興味を持つ人が増えて、売れる時代がくるといい

 

 

 

おじさんが作ったものをいつか買いたい。お金貯めないとな。あと英語もやらないとな。

 

 

 

7月まとめ~近くても遠くても

7月の酒場を振り返る。

 

北区王子のおでん屋、常連がお通しを「同じものおかわり」と言うのでどういう仕組みか聞くと、説明より先に、自分にも小鉢2つ供された。ついでに隣の客にもおかわりが勝手に渡った。この店儲ける気あるのか。小鉢は多種あり無料とのこと

f:id:sinomiy:20170804195805j:plain

 

 

 イチゴーは150円とか200円だけど商売気バリバリだ。マスターに“ここが一番やすいね”と言うと嬉しそう

f:id:sinomiy:20170805010728j:image

 

 

蒲田物語、格闘家の席に交ぜてもらった

f:id:sinomiy:20170804200517j:plain

 

 

蒲田駅ビルの店が改装記念でビール100円。ちゃんとしたビールが

f:id:sinomiy:20170804200637j:plain

 

 

八重瀬でさんぴん茶ハイ。沖縄より蒲田の場末色が強い店 

f:id:sinomiy:20170804201102j:plain

 

 

門仲魚三、ボリュームにうおー、てなる

f:id:sinomiy:20170804201306j:plain

 

 

こひなた今月の田中さん語録「12年間で仕事休んだのは目の病気で1日だけ」

f:id:sinomiy:20170804201452j:plain

 

 

静岡のひよこでお客さんのお土産という池袋の餃子を頂く(大きいから割った)

f:id:sinomiy:20170804202342j:plain

 

 

名古屋に来たらこれ①風ふう屋の玉子焼き大人版。断面の紅!

f:id:sinomiy:20170804203145j:plain

 

 

②上野屋のサガリ!

f:id:sinomiy:20170804203632j:plain

 

 

愛知・静岡で逃したうなぎと抹茶も、蒲田勘蔵で頂けて満足

f:id:sinomiy:20170804203958j:plain

 

 

ドラム缶茅場町店長が転職した。お元気ですか。客としてまた会えたらいいね

f:id:sinomiy:20170804204413j:plain

 

蒲郡 今年のくずバーは

今週のお題「好きなアイス」


蒲郡の御菓子屋さん 新月は、毎年「とけないアイス くずバー」の新作を発売している
f:id:sinomiy:20170729210444j:plain
過去食べた記事http://sinomiy.hatenablog.com/entry/2016/09/18/214457


さて今年のお味は…


「あま酒」。甘酒は香り穏やかで程よい甘味となっている。生姜が入り、清涼感が夏らしかった。今年もごちそうさまでした
f:id:sinomiy:20170729204424j:plain
店のお姉さんいわく「今年はあま酒か、チアシードも考えた」って、和菓子屋なのにセメてる。


もう来年の味の開発が始まっているそうだ。くずバーという商品は他店でも見かけるが、新月のオリジナリティに勝るものがあるだろうか。あま酒味の甘酒は同愛知県メーカーのもので、蒲郡みかん味のみかんは、自家栽培だという。こだわりの原材料を用いて150円
f:id:sinomiy:20170729202649j:plain
ちなみに他の和菓子屋で見たくずバーは小豆と抹茶の2種類で、各200円。


店内で食べると、冷たいお茶と店のお母さんの楽しいおしゃべりも頂ける
f:id:sinomiy:20170729213603j:plain
先日のお母さんは間近の花火大会にウキウキしていた。かわいい。


f:id:sinomiy:20170729211521j:plain
また行きます。




新月を後にして三河木綿の店に向かった
f:id:sinomiy:20170729214807j:plain
途中にあったモニュメント。花火の玉か?


こちらの販売員(マダム風)もおもしろかった
f:id:sinomiy:20170729214501j:plain
ひょんなことからスタバの話になり、注文方からすごし方まで熱く語って下さった。


おもしろい=興味深い、である。この町は
f:id:sinomiy:20170729225427j:plain
謎の駅前オブジェ


来年のくずバーは何味か…美容に良さそうだな。楽しみだ。

静岡 芹沢銈介に導かれて(後)

芹沢銈介美術館へ行った後に見た居酒屋看板に惹かれたが、営業時間前だったので別の目的を果たしてきた
f:id:sinomiy:20170715193717j:plain
袋井のたまごふわふわ



夜本番。その居酒屋は静岡駅繁華街の外れにあり、気軽に行ってみるには少し遠い。そこでクチコミサイトを確認してみたが1件しか投稿なく、詳しい価格が不明で心配。しかし旅先でせっかく出会った店だ、大事にしたい。もう一度向かってみた
f:id:sinomiy:20170715194226j:plain
ひよこ。 やはり語呂と字体と、いい



営業時間になってもメニューなどの看板は外になく、店内の様子は見えない。ビルの細い通路を進むと、ひよこの入り口が見えた。ドアにのれんがかかっている。


これは!
f:id:sinomiy:20170715194757j:plain


芹沢さんの!
f:id:sinomiy:20170715195136j:plain


人間国宝芹沢銈介のれんに「ひよこさんへ」と書かれてある。どういうことだ。静岡だからと言って、どの店も芹沢のれんを掲げるわけではあるまい
f:id:sinomiy:20170720134120j:plain
今日のチケットのやつだ



つのる不安。ふだん、センベロ以下の飲み方をしている自分が入れる店だろうか?(いや無理だ!)しかし芹沢美術館後に入る店として最高じゃないか。



ドアを開けた。スナック風のカウンター7席くらいが、だいたいうまっている。常連らしき年配の方々とママの視線を一斉に浴びた。“この娘は何をしに来たんだ” という心の声が聞こえたが、そんなものは居酒屋巡りをしていればよくあることで、問題はオカネである。なんと店内にも価格表示がない。


“自分は旅行者で、出発時間が迫っていることを理由に1杯だけ飲ませて欲しい” 旨をママに告げた。初めから1杯と宣言したのだ。酎ハイと黒はんぺんフライを注文し、料理を待つ。お通しは無いようだ。


どこから来たのかわからない娘にみんな気遣い、話してくれた。ママは通称「きみちゃん」。自分がのれんを見て入って来たことを話すと、一気に打ち解けた。のれんはお客さんからの贈り物らしい。


自己紹介などをしていると黒はんぺんフライが出来上がった。フライは2枚。サラダプレートとして出てきた
f:id:sinomiy:20170715200258j:plain
センベロ店の場合は小皿にフライ一枚と申し訳程度のキャベツが付くのが普通だろう


f:id:sinomiy:20170715200507j:plain
「フライには、○○ソースか○○ソースをかけて、サラダの中のそれはプチヴェールで美味しいよ」等々


皿の上はレストランだ。カウンターにずらりと並ぶソース・ドレッシング類にもこだわりが表れている。地元メーカーのものや、お客さんのお土産という地方の薬味はどれも使ってみたいと、わくわくした
f:id:sinomiy:20170715200813j:plain
ソースの内キャップを半分閉じたままにしているのは、出しすぎを防いでお客さんの健康を気遣っているとのこと



サラダもフライも美味しかった。常連さんがきみちゃんの料理は何でも美味しいと教えてくれた。

カウンターに大皿が並んでいる。そのぴかぴかの葉物は何ですかと聞くと、ほうれん草だった。きみちゃんはほうれん草を輝かせることができる。



長く居たいと思ったが、一杯一品を食べきり会計の時を向かえた。金額は未だ聞けずにいた。


会計はーーーー





800円 也 。


これを芹沢の奇跡と呼びたい。


味をしめた自分は翌月にまた行き、伺ったところ、飲み物500円、料理300円だそうだ (その日時点)。



しかし金額に関わらず、ひよこの面白さを知っていく。前回の帰り際に「つぎは夏に来ます」と言ってきた。今、夏。芹沢美術館の展示も変わったところだ。これまで友もゆかりもない静岡だったが、毎シーズン訪れるところとなった。
f:id:sinomiy:20170716190258j:plain
今度の企画展は、のれん

静岡 袋井のたまごふわふわ

静岡の芹沢銈介美術館に行ったあとのこと、電車に乗って袋井に「たまごふわふわ」を食べに行ったが駅前の観光案内所にて、“今の時間は食べれない” と告げられた
f:id:sinomiy:20170708163221j:plain
再現タイプの店はどちらも、昼と夜の間の準備時間だったらしい。



夜の営業開始まで約3時間ある。どうしようか。聞くと袋井では近年、商店街に人形を見ることができる雛祭りイベントを始めたそうだ。まず外に出てみよう
f:id:sinomiy:20170704135356j:plain
“ジャニーズ見にきたの?”と案内のおじさんに尋ねられた。翌日に近隣でコンサートが開かれるらしい。袋井のことを知らずに訪れたが、きっと町が誇る立派なホールがあるに違いない。



たまごふわふわとは、江戸時代に袋井宿の朝食だった名物で、二条城の献立にもなった。自分はテレビで知ったが、料理のイメージができないでいた。果たして今回食べることができるだろうか…
f:id:sinomiy:20170708165541j:plain



いきなり食べれた
f:id:sinomiy:20170706185228j:plain



すぐ近くにあるふわふわ提供店に、念のため入ってみたら、ふわふわ作るスタッフが今はいないとのことで断られた。が、どこから来たのか尋ねられて東京だと答えると、“じゃあおばちゃん、上手じゃないけど作ってあげる!”という運びだ
f:id:sinomiy:20170708154904j:plain
ふわふわができるまでつまんで~という果物と、ふわふわ後に野菜の小鉢まで頂いてしまった。これで300円。



たまごふわふわはお出汁に泡立てた卵がのっている。茶碗蒸しのような味を想像していたが、塩気がなくあっさり。
見た目のボリュームより全く軽く食べれる(飲む)が、土鍋のような器と泡により、いつまでも熱く、満足感が得られた。ハイブリッド系お出汁と言えよう
f:id:sinomiy:20170708161049j:plain
家が近いならブロッコリーあげるのに、と言われて近所に住みたくなった。



ごちそうさまでした。

街の居場所-もうひとつの家: http://www.fukuroi-kankou.jp/wp/archives/604




観光案内のおじさんに聞いた、商店街の雛祭りの様子を見に向かった。静岡県としては「駿河雛具・雛人形」が国指定の伝統的工芸品で、雛祭りイベントは稲取の「つるし飾り」が有名だ
f:id:sinomiy:20170708173639j:plain
袋井可睡齊も有名だが、商店街では?



f:id:sinomiy:20170626122446j:plain
ケーキ屋さん。奥の喫茶スペースで近所の方々が語らっているようす


f:id:sinomiy:20170626122531j:plain
お米屋さん。通路おめでとう


f:id:sinomiy:20170626122605j:plain
文房具屋さん。おかみさん作


f:id:sinomiy:20170626122912j:plain
おかみさんのひと針、ひと針、


人形を見るためにのぞいたウィンドウから、生活を少し感じた。地方の小さな町の寂しさ、暖かさ。その商店の風景を、人形が可愛く彩っていた。始まったばかりのイベントと聞いたが、今後盛り上がっていってほしい。




後日東京で、たまごふわふわの歌に遭遇した


袋井観光キャンペーン2017 - YouTube

ゆるキャラ、手が動かないため他のキャラたちの中で異彩を放っていた。くちばしが微動する。