きっぷ2000円 酒300円

18きっぷでぶらぶらしたり酒飲む記録。写真が下手です

1月まとめ~粕漬をバーに持ちこむ

1月の酒場を振り返る

 

 

明けましておめでとうございます。これは勘蔵の店主が樽酒を振る舞っているところ
f:id:sinomiy:20180130183818j:image

 

国際フォーラムの正月パーク。利き酒当てて、おちょこくんストラップをもらう
f:id:sinomiy:20180130184157j:image

 

 

草津浅間酒造観光センター。噂通りの試飲試食センターだった
f:id:sinomiy:20180130184357j:image

 

 

イチゴー始め。新年会帰りのお客さんからお土産頂く
f:id:sinomiy:20180130184758j:image

 

 

壱番館始め。石山観音と観音山公園の思い出を話す
f:id:sinomiy:20180201171616j:image

  

 

福島漁作の卵焼きはこんがりタイプ
f:id:sinomiy:20180130185246j:image

 

 

仙台大沼の振舞い酒、金箔入
f:id:sinomiy:20180130185452j:image

 

 

鹿沼もつや、どなたかの親戚の手作りこんにゃくが旨い
f:id:sinomiy:20180130185750j:image

 

 

間々田おとめのお通しがムール貝だったりトマト卵焼ハーフサイズの量多い
f:id:sinomiy:20180130190006j:image

 

 

ふじのハムカツ60円。酒と合わせて360円
f:id:sinomiy:20180130190258j:image

 

 

武蔵屋で競馬当てたお客さんから大吟醸頂く
f:id:sinomiy:20180130190648j:image

 

 

むらまつ定例会
f:id:sinomiy:20180130191150j:image

 

 

ふじがオーダーストップで、注文していないけど頂いたもの
f:id:sinomiy:20180130191419j:image

 

 

とっとりおかやま館の試飲会。むらまつのご夫婦に会えて嬉しい
f:id:sinomiy:20180130191516j:image

 

 

阪急、年に一度の大試飲会。ごちそうさまとしか言えない
f:id:sinomiy:20180130191942j:image

 

 

たわらやの店に貼られる子どもの絵。これ〝だんだん上手くなっていって年月を感じ、あぁ自分は何も変わらないな〟って切なくなるパターンや
f:id:sinomiy:20180130192019j:image

 

 

味の笛でエゴネリ
f:id:sinomiy:20180130205943j:image

 

 

 

横浜のクラブセンセーションにて粕漬けの試食会を行った 。

そのまま食べて美味しいことはもちろん、

パイン+バニラアイス

大根+ポテトサラダ

マロー+クリームチーズ

赤貝+焼おにぎり

+オリーブオイル+レモン…

等と合わせてみた

f:id:sinomiy:20180130192216j:image
f:id:sinomiy:20180130201132j:image

盛り方がバーっぽい

 

 

その場に居合わせた、見ず知らずのお客さんにも好評だった。隣の席の方は俳優だったらしい。

 

 

「糀善」の粕漬はバリエーションが面白く、何かアレンジしたくなる、イメージがふくらむ
f:id:sinomiy:20180130201438j:image

いなば糀善 鳥取県(食のみやこ)特産品・粕漬け製造卸売販売、小売及びネット販売|商品一覧

もっと何かと合わせてみたい。

 

 

調子を良くした自分はハシゴした試聴室3にも持ち込み、皆に食べてもらった。その場にはアイドルもいたらしい。皆さんご協力ありがとうございました
f:id:sinomiy:20180130192322j:image

大根+チョコレート

 

 

 

今年も宜しくお願いいたします。

 

 

掛川 花鳥園と居酒屋

 

掛川に、葛布を買いに来て無事に買えて夕刻

f:id:sinomiy:20180120203143j:image

スーパーのうなぎ弁当が安すぎる

 

 

初めに出会ったパン屋の社長にステンドグラス美術館を薦めて頂いたが、開館時間にまに合わなかった。ガラスで名高い小樽に匹敵する美しさだそうで、次回行こうと調べてみると、掛川グラスと小樽グラスは協定を結んでいた。
f:id:sinomiy:20180128092221j:image

「文化・芸術の振興に寄与することを目的に」と。敵ではない

 

 

小崎葛布のご主人に教わった居酒屋に向かった。主人は酒を飲まない人なのに、自分の〝近所のお年寄りが集いそうな〟というリクエストに合う店をひねり出してくれた。

 

 

そうして向かったが時間が早いせいか、まだ集っていなく、少し町を散策するとある交差点に、雰囲気の良い店があった
f:id:sinomiy:20180128093959j:image

これは「お年寄りが集いそうな店」!

 

 

店内が全く見えないなぁと立ち止まり、クチコミ検索をしようとした時ちょうど、客のお年寄りがやってきて自分に「入る?」と言ったが、とっさに「いいえ」と答えた
f:id:sinomiy:20180128094747j:image

(挿し絵:小崎葛布さんより)

 

 

しかしお年寄りが店に入る時に見えた光景は、自分が求めていたものだった。検索せず不安は残るが、エイと扉を開けた。「やっぱり来ちゃいました」
f:id:sinomiy:20180128095937j:image

(挿し絵:街角の山内一豊、千代夫人)

 

 

先ほどのお年寄りが女を連れてきたと、店は小盛り上がりした。カウンター10席くらいだろうか、地元のご年配(失礼)で満席。おっとりとしたお母さんと、姉御感ある娘さんできりもりされている。ドリンクのメニュー表示がなく、うろたえた。食事は黒板に書かれている。適当な飲み物と黒はんぺんフライを注文した
f:id:sinomiy:20180128101539j:image

料金がわからない

 

 

今まで食べた黒はんぺんフライの中で一番分厚かった。料理の写真を撮っていいか、尋ねると〝良いけれど、ふだん取材など断っているので、あまり拡散しないで欲しい〟とのことだった。ということはクチコミ検索をしても見つからない店だったのだ
f:id:sinomiy:20180129092559j:image

(挿し絵:掛川城下こだわりっぱより)

 

 

なんとラッキーなことか。取材拒否だからと言っておカタくなく、馴染み客が和気あいあいとするリーズナブルな店だった。自分は皆さんに受け入れてもらえて、楽しい時を過ごした。また来ようと心に決めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして3か月後
f:id:sinomiy:20180121181904j:image
向かっているところ

 

 

掛川に着く前に地図を見て、「たこまん」とは何だろうと調べてみれば、試食がたくさんあるお菓子屋らしい。場所が居酒屋で教わった「掛川花鳥園」の向かいだったので、合わせて行くことにした。

 

 

駅を出てスマホのナビに従い進むと、トンネルがやってきた
f:id:sinomiy:20180121182438j:image
f:id:sinomiy:20180121182654j:image

こわい

 

 

メルヘンチックな小鳥を想像していたら、突如現れた写実的壁画と闇。引き返したくなった。

 

 

案外短く、通り抜けて到着
f:id:sinomiy:20180121183819j:image

安堵のあまり電柱も気にならない

 

 

たこまんに入るやいなや、〝どうぞ御上がりください〟とお茶を渡され、テーブルに案内された。卓上には試食がセットしてある
f:id:sinomiy:20180121185111j:image
f:id:sinomiy:20180122124823j:image

たしか4卓あった。イートイン用ではない

 

 

席に着いて茶と菓子を頂き、また別の種類が置いてある他のテーブルも回った。試食して気に入った「大砂丘まんぢゅう」と「アマンド娘」を購入。まんぢゅうは濃厚なチーズケーキのようで、娘は堅さが絶妙なマドレーヌ
f:id:sinomiy:20180205120627j:image

ビジュアルからカリッとしてる

 

 

併設の時計オーディオミュージアムもかっこいい
f:id:sinomiy:20180122124653j:image
f:id:sinomiy:20180121191312j:image

 

 

時計を見学していながらも、ゆっくり過ごして時間を忘れそうになった。そのためか店内には時刻表が

f:id:sinomiy:20180122135153j:image

たこまん/TOPページ

 

 

 

 

店を出て横断歩道を渡ると花鳥園だ。訪れたのは年末で、各所に正月支度が見られた
f:id:sinomiy:20180121195621j:image
f:id:sinomiy:20180122170050j:image

 

 

酉年を迎える時はさぞフィーバーしたことだろう
f:id:sinomiy:20180121200253j:image
f:id:sinomiy:20180122170932j:image

 

 

園内に入るとフクロウの部屋が並んでいた。世界のフクロウがいる
f:id:sinomiy:20180122135743j:image
f:id:sinomiy:20180123134020j:image

 

 

掛川花鳥園は〝花と鳥とのふれあいテーマパーク〟だが、ここは金網に閉ざされた静寂の間であった
f:id:sinomiy:20180123134635j:image
f:id:sinomiy:20180123135345j:image

〝日本のフクロウの鳴き方はゴロスケホッホ〟と書かれていた。他の生き物でもそうだけど、鳴き声に初めて字を当てた人すごい

 

 

フクロウの間の次は大広間に渡る橋のような、ちょっとスマホを見て歩いたら見逃しそうな通りだったが、池にペンギンがいた
f:id:sinomiy:20180123140851j:image
f:id:sinomiy:20180123140923j:image

歩きスマホはやめましょう

 

 

水族館の花形が手の届きそうな距離に。ペンギンとフクロウと、自分がイメージしていたメルヘンと異なる鳥が続いた
f:id:sinomiy:20180129105058j:image

橋の反対側はオシドリ

 

 

次の大広間から先は温室になっていて、色とりどりの花が咲いている。一つ目の広間はバイキングレストランと物販があり、辺りは正月の飾り付けがされていた
f:id:sinomiy:20180123191024j:image
f:id:sinomiy:20180123190957j:image

当然だけど酉年が終わっても鳥なんだな

 

 

レストランの次は催事場。時間毎にバードショーが開かれ、壁側には常時フクロウがズラーと並ぶ。金網ごしのフクロウとは違い、こちらは足が繋がれているだけで、迫りくる勢い
f:id:sinomiy:20180123204859j:image
f:id:sinomiy:20180124181122j:image

 

 

正月仕様の止まり木と、フクロウの端にいたやけに可愛い生き物。ピグミーファルコンというらしい(掛川花鳥園でデビュー予定のピグミーファルコンが可愛すぎる - NAVER まとめ
f:id:sinomiy:20180130162408j:image
f:id:sinomiy:20180124181318j:image

 

 

バードショーではスタッフのお兄さんお姉さんの手から手へ、大きな鳥が渡る技を見た。観客の頭上すれすれをビュウと来る。ショーの注意事項に「お客様の近くを鳥が飛行いたしますので、席に座ってご覧下さい」とあった。この広場では様々なショーが催されるようだ
f:id:sinomiy:20180127112914j:image

f:id:sinomiy:20180130141535j:image

 

 

ショーの隣の広場から本格的なふれあいが始まった。コガネメキシコインコのエサを購入している客に、わさわさインコがやって来る。自分は観察。体にインコを盛っている人に醍醐味を見た。下は花鳥園サイトの動画だが、一般客でもこうなっていた。ちなみにスタッフブログが読み物サイトとして十分面白い

www.youtube.com

掛川花鳥園

 

 

広場には魚が泳ぐ大きなプールがあって、部屋の端まではっきりと見渡せなく、端から端へ、油断していると時折インコの大群が縦断する。ジェットコースターが向かってくるようなスリルだった。花鳥園は水族館と遊園地の要素も持つ
f:id:sinomiy:20180125135152j:image
f:id:sinomiy:20180125135213j:image

 

 

体育館大の部屋が続いたが次は教室くらいだ。ハト大の、カラフルな可愛らしい鳥たちが、足元を歩いていたり目の高さに佇んでいる。自分はエボシドリが好みだった
f:id:sinomiy:20180125205623j:image
f:id:sinomiy:20180125205644j:image

 

 

次の部屋はフラミンゴが際立つ、楽園のようなところだった。自分は餌体験はしなかったが、見るだけでも飽きない(体験の様子がこちらのおもしろサイトに載っています:@nifty:デイリーポータル Z:トリまみれになる
f:id:sinomiy:20180125214833j:image
f:id:sinomiy:20180125215248j:image

 

 

きりがないので2時間過ぎたところで帰ることにした。ぬり絵などあきらめた。しかし後で園内マップを見返すと、屋外エリアを見逃していた。丘や牧場まであった
f:id:sinomiy:20180126133100j:image
f:id:sinomiy:20180129115210j:image

2時間なんて甘かった

 

 

そしてステンドグラスは間に合わなかった

f:id:sinomiy:20180126143757j:image

社長、また来ます

 

 

またパン屋の社長に教わったステンドグラス美術館に間に合わず、町のシンボル掛川城にさえも行っていないが、花鳥園は最高だった。

 

 

 

 

 

 

 


 

そしてあの居酒屋に帰る
f:id:sinomiy:20180127123103j:image

2度目の掛川の夜。前回訪れた居酒屋で花鳥園へ行った報告をした。地元の皆が言うには、花鳥園・城・温泉が三大掛川スポットらしい。次に来るときはあと2つと、ステンドグラスを見に行こう。また時間が足りなくなりそうだな。

 

 

 

 

 

掛川 くず布とアンデルセン

 

ある旅の途中、静岡駅の売店でかっこいい財布を見た。それは「掛川くず布」という工芸品らしい。その場で欲しかったが、あらためて後日、掛川へ向かうことにした
f:id:sinomiy:20180110194407j:image

満を持して訪れた

 

 

ここがくず布の故郷、掛川。駅前には「スローライフの街」「掛川茶エンナーレ」などの言葉が掲げられている。今からこの街で何が起こるのか、期待が膨らむ。

 

 

先ずスーパーに入った
f:id:sinomiy:20180129175233j:image

ど旨い

 

 

様々な文化施設を差し置いて入ったが、これも観光。スーパーの名を「ウィタス138かけがわ」という。テナントなどの肉屋が静岡のチェーンであり、パン売場には「掛川アンデルセン」と表記されている。首都圏にあるパン屋のアンデルセンと系列なのだろうか?

 

 

パンを眺めているとスタッフのおじさんがやって来て、声をかけられた。

〝お楽しみ袋を待っているの?〟

f:id:sinomiy:20180110202919j:image

そんな楽しい袋、知らない

 

 

違う旨を伝え、掛川アンデルセンは地元に展開する店であることを伺った。おじさんは社長で、近くの店舗からお楽しみ袋を作りに来たそうだ
f:id:sinomiy:20180110204235j:image

近くというとスーパーから5分くらいの連雀店だろうか

かけがわ街なかイベント情報発信サイト 街ん中ナビ

 

 

お仕事中におしゃべりしてすみません、と言ったら社長は〝仕事じゃないよ。シール貼りに(袋作りに)来ただけ〟と言い、アンデルセンのことや、自身の子息は別の企業に勤めていること、今の日本経済のことなど話してくれた。

 

 

ひとしきりして、ところできみは?と聞かれた
f:id:sinomiy:20180113191022j:image

ええと、ただのパンずきです(写真は同静岡県内のクリタパンさんより)

 

 

日中に買い物かごも持たずスーパーをぶらぶらしている自分は不振だっただろう。東京から「掛川くず布」を見に来たことを告げると、社長はくず布のことを教えてくれた。

 

 

くずは葛だった
f:id:sinomiy:20180113193101j:image

掛川手織葛布ホームページ

 

 

自分はくずを、余りものの「くず」と勘違いしていた。南部裂織とかの仲間と考えていた。お恥ずかしい。静岡駅の売店表記がひらがなであったからだと信じたい
f:id:sinomiy:20180113200041j:image

これ。不揃いな感じがくずっぽいかと 

 

 

スーパーのパンコーナーで葛布の予習をさせて貰った。詳しいですね、と伺うと社長は〝地元の人なら皆知っている〟と言ったが、先述のサイトに「農学部出身の社長」と書かれていたのできっとそうなのだと思う。それから観光スポットなどを教わり、店をあとにした。社長ありがとう。

ウィタス138かけがわ|we+138Kakegawa

 

 


f:id:sinomiy:20180113203241j:image
f:id:sinomiy:20180113204410j:image

路面店アンデルセンを訪れると、付近の塾の生徒らしい子たちが見えた。自分はパンでなくシュークリームを買ったが、クリームがいっぱいで美味しかった。あんパンのこしあんとつぶあんのゴマの色が、一般的な店と逆な気がした。

 

 

今度こそ満を持して訪れた
f:id:sinomiy:20180113210035j:image

三軒ある織元のひとつ、掛川城のふもとにある小崎葛布工芸さん。店構えが上品である。戸を引くと玄関、売場は和室だった。

 

 

店のご主人は若輩の自分へも丁寧に接してくれた。初めに葛布ビデオを鑑賞し、二階の工房は自由に見学させてもらった
f:id:sinomiy:20180113215355j:image

階段を昇るとなんとも素敵な光景

 

 

温もり。初めて見るのに懐かしい感じ

f:id:sinomiy:20180114015608j:image
f:id:sinomiy:20180114015623j:image
f:id:sinomiy:20180114020208j:image

織機、紡がれた糸、染色された糸、たくさんの道具、ひとつひとつ一本一本に人の手がかかっている

 

 

f:id:sinomiy:20180114020152j:image
f:id:sinomiy:20180114140119j:image
f:id:sinomiy:20180114020344j:image

 

 

ビデオでお年寄りが葛を採取する姿を見た。取った葛を糸にする過程も織るのも大変。葛布を作る挿し絵がパンフレットにあったが、江戸くらいの様相で、この時代から制作の様子は変わっていないということだろう
f:id:sinomiy:20180114181656j:image
江戸どころか鎌倉時代からこんな感じかも

 

 

温もりの中にはたくさんの苦労がある
f:id:sinomiy:20180114151734j:image

傍らにバランスボール。従業員の方が休憩に使うのだろうか

 

 

二階の見学を終えて、店のご主人と話しながら買い物。いろいろ迷ったが、葛布を知るきっかけとなった財布に決めた。なお自分は約20年の間、1~2年おきに西陣織会館で財布を買い換え続けていたので、今回のことは事件である
f:id:sinomiy:20180129134831j:image

長い間ありがとう西陣

 

 

葛布は使い込むと良い風合いが出るそうだ。所々の「たま」が可愛い。今まで食べることしか頭になかった葛。持つことになるとは食い気より色気というか、柄もないし大人らしくなった気がした
f:id:sinomiy:20180129185936j:image

いつか落とし物でこちらを見かけたら、ご一報下さい

 

 

葛布は鎌倉時代頃からある工芸品なのに知名度が高くなく、明治維新や戦争を経て従事者が減ったそうだ。取引先は今、小崎葛布さんでは海外に多いらしい
f:id:sinomiy:20180115135056j:image

これは奥さんの友人が作ったというテープカッター

 

 

海外で葛布カーテンが人気とのこと。たしかに植物の野趣と手織りの繊細さ、素朴と気品。ジャパンブランドの形容詞がまるで当てはまる。

 

 

ところで自分が神戸のライブハウス帰りだと漏らすと、店主が興味を示してくれた。ジャンルは違えども音楽が好きで、きっかけは仕事でアメリカを訪れた時に逢った路上JAZZらしい
f:id:sinomiy:20180120184539j:image
葛布と音楽の話ができるとは幸せな時を過ごした

 

 

現時点で表だった情報ではないが、葛布界では国内の有名大学と大企業が組むプロジェクトが始動したそうだ。掛川に美術館がある資生堂とか

f:id:sinomiy:20180120185954j:image

当館のご案内|資生堂 アートハウス | 資生堂グループ企業情報サイト

 

 

今後の掛川が大きく変わるかもしれない。動向に注目だ

f:id:sinomiy:20180120194338j:image

スローな街がどうなるか

 

 

完成まで全てが手作業!『小崎葛布工芸』 | しずふぁん:小崎葛布さんについて丁寧に取材されている記事

 

 


f:id:sinomiy:20180120201805j:image

葛布見学を終えて掛川城へ向かったが、既に閉館。話は混線するがこの日の午前、自分は愛知県の岡崎にいた。味噌蔵を見学した後、きっと時間がなくなるだろうと岡崎城はやめておいたが、掛川も間に合わなかった。2城も得ず

 

 

 
f:id:sinomiy:20180129121054j:image

〈続く〉

 

 

 

 

12月まとめ~暮れのご挨拶

 

12月の酒場を振り返る

 

 

静岡ひよこ、年末か年始に行くので休みはいつですか、と電話したら「第二月曜って何日だっけ?」と。女将きみちゃん、来年も元気でありますように
f:id:sinomiy:20171229094619j:image

 

 

掛川の某店は元日だけ休むそう。沼津も焼津も良いが、掛川のアジフライも美味しい
f:id:sinomiy:20171229095449j:image

 

 

福島でずっと気になっていた漁作、もっと早く来るべきだった。ご常連曰く“福島で一番いい店”
f:id:sinomiy:20171229174359j:image

 

 

仙台の大沼、いつも注文するレバーと本日のオススメ牡蠣串のどちらにするか、迷っていつものにしたけどここのレバーは牡蠣の食感なんだった
f:id:sinomiy:20171230182655j:image

 

 

有楽町、二年に一度の祭り「村イチ町イチ」で、たくさんの町村の酒を試飲がぶがぶ…
f:id:sinomiy:20171231131050j:image
f:id:sinomiy:20171231131022j:image

愛知県のチェンソー団体と出会い、あのクマの真相を知る

安城 願いごとの聖地 - きっぷ2000円 酒300円

 

 

新橋、壱番館でウイスキー角とシーバスとヘネシーブランデーを味見させてもらう。ありがたや~
f:id:sinomiy:20171230183349j:image

 

 

蒲田もつぎん飲会、チョイ飲みセットの肉が多すぎてチョイじゃ済まない
f:id:sinomiy:20171231111321j:image

 

 

品川ふじ、自分のオーダーは酒と春菊天で、他は閉店前のサービス。“早い時間に来たらサービスするよ!”って既にもらってる
f:id:sinomiy:20171231111814j:image

 

 

新橋むらまつ、奇跡のイベントに遭遇
f:id:sinomiy:20171231112427j:image

 

 

神田駅でぼんやりしていたら休日のイチゴーマスターとコマチャンに声かけられて、乾杯
f:id:sinomiy:20171231112656j:image

 

 

とっとりおかやま館で催事中だった糀善さんとイートインコーナーにて。完売の赤貝漬だったが試食用をいただけた。これ旨いのだ
f:id:sinomiy:20171231121857j:image

 

 

門前仲町の魚三。このそびえ立つあん肝を、冬の山としよう
f:id:sinomiy:20171231122733j:image

 

 

小山いごっそで、お通しが茶碗2杯きた

f:id:sinomiy:20171229172453j:image

 

 

小山安田製麺、営業休みだったが入れてもえて家族のパーティーに参加する
f:id:sinomiy:20171229172744j:image

 

 

今年も各地の酒場にお世話になった。皆さん来年もお元気で、飲みましょう
f:id:sinomiy:20171231132226j:image

自分が行く店は年齢層高いから本気!

 

彦根カンコウ

 

東京から18きっぷ旅。長浜へ焼き鯖そうめんを食べに行こうとしたら、間違えて彦根で降りてしまった。それで次の電車が来るまで、駅の外を見てみることにした
f:id:sinomiy:20171205180527j:image

ショッピングセンターがある

 

 

地方の生活感じるにはスーパーは良い。アルプラザは西日本では珍しくないが入ってみた
f:id:sinomiy:20171205181716j:image

焼き鯖そうめんあった

 

 

お惣菜コーナーで焼き鯖そうめんが売られていた。長浜名物を当地で叶えるべきだと葛藤したが、電車を乗り継ぐより目の前のパック詰めに食欲が負けてしまった
f:id:sinomiy:20171205182651j:image

地元の方々で憩うフードコート

 

 

初めての焼き鯖そうめんは、そうめんに佃煮のような甘辛い味がしみていて、本場の味かどうかわからないが美味しかった。また、スーパーなので手頃な価格で丁字麩の辛子和えと、京風出汁巻きも食べることができた。

 


f:id:sinomiy:20171205194936j:image

駅前に立地しているためか土産物も充実している

 

 

併設のベーカリーカフェ
f:id:sinomiy:20171208191752j:image

パンだ店長クタっとしてる

 

 

ショッピングセンターに市役所とはめずらしい
f:id:sinomiy:20171205202432j:image

うっかり上ると役人がならぶカウンターにびっくり

 

 

あとで市役所らしい市役所を見た。現在耐震工事の間、アルプラザで仮運営しているそうだ
f:id:sinomiy:20171205203428j:image

平成31年3月迄(予定)

 

 

お腹が満たされたので長浜行きをやめて、彦根散策を始めた
f:id:sinomiy:20171205215040j:image

マンホールがポップ

 

 


f:id:sinomiy:20171207134107j:image

奥に石像ひこにゃん

 

 


f:id:sinomiy:20171207134718j:image
f:id:sinomiy:20171207134738j:image

消費生活センターの坊やキャラクターが気になり、調べたけれど解らない。うちわに見えるように、センター各市町村キャラは動物が多いようだ。

 


f:id:sinomiy:20171208194949j:image

萩市の例〉萩市消費生活センター マスコットキャラクター愛称決定「萩にゃん」 - 萩市ホームページ

 

 

散策を続ける。何屋か覚えていないがショーウィンドウに何気に置かれていた貴重なもの

f:id:sinomiy:20171207134211j:image

 

 

奥に彦根城が見える
f:id:sinomiy:20171208202444j:image

 

 

購入したとび太くんテープでとび太くん軟膏ができた
f:id:sinomiy:20171208203151j:image
f:id:sinomiy:20171208205603j:image

 

 

和食屋に置かれたタヌキに見覚えがある
f:id:sinomiy:20171208203039j:image

 

 

実家にあったやつだ!

f:id:sinomiy:20171208203056j:image

父さんのコレクション

 

 

ぶらぶらしていると住宅地に俳遊館という建物があった。俳句の施設のようで、自分は全く俳句を知らないが入ってみた。中ではおじさん二人が談笑している
f:id:sinomiy:20171208212813j:image
「大正時代の信用金庫を利用したレトロな外観」とのこと。ドアを開くと玄関のような段差があり、スリッパに履き替えた。大正の金庫は土足厳禁らしい

 

 

受付おじさんが、ここは俳句の博物館で、ビデオがあるけど見る?と言った
f:id:sinomiy:20171208214716j:image

リモコンを頂き、自由に見ることができた

 

 

ビデオ程々に、俳句閲覧もままならないうちに、町について質問した。館内に観光地図があったのだ
f:id:sinomiy:20171211182953j:image

ここから次は何処へ行こうか

 

 

すると受付でない方のおじさんが一緒に来てくれると言う。30分以上だろうか、彦根の町を案内してもらった
f:id:sinomiy:20171210190118j:image

宗安寺は「家康、三成、淀殿、井伊、佐和山城」等々、歴史に詳しくない自分でも、へぇー!となるワードが満載

 

 

このような親切があるものか。高島縮(滋賀県特産の服)がもたらした幸運だろうか(おじさんも寝るときに着るそうだ)。

あとで観光サイトを見ると実は、俳遊館は彦根ボランティアガイドの活動拠点となっていた。おじさんはおそらくプロのボランティアガイドだったのだ
f:id:sinomiy:20171212194236j:image

ボランティアガイド - 公益社団法人 彦根観光協会

こちらのメンバーに違いない

 

 

ちょうど居合わせた歴史好きなおじさんとばかり思っていた。今度会ったらきちんとお礼をしよう
f:id:sinomiy:20171211125538j:image

名店でなくおじさんが個人的に好きな店など聞き出した

 

 

 

 

それからもう一つあとからわかったことが、よく見かけると思っていたアルプラザ平和堂)本社は滋賀県で、Wikipediaによると訪れたアルプラザは1号店だった。これは立派な観光施設と言えよう
f:id:sinomiy:20171205202036j:image

どうりで惣菜コーナーに郷土料理あったり壁面装飾も年代物な気がする。思わぬところで立派な観光をなしていた彦根散歩であった

 

 

 

 

 
f:id:sinomiy:20171213183517j:image

その後、長浜名物焼き鯖そうめんを、醒ヶ井のランチバイキングでも食べることになる。アルプラザの炊かれた感じと比べて麺にコシ残り、甘さ控えめだった。