きっぷ2000円 酒300円

18きっぷでぶらぶらしたり酒飲む紀行。写真が下手です

6月まとめ〜名古屋 静岡でも角打ち

 

6月の酒場を振り返る

 

品川大平屋でうどん討論した
f:id:sinomiy:20190605182106j:image

 

大井町武蔵屋、先月おかみさんと「はなみち」へ一緒に行き、次はどこにしようか相談してる
f:id:sinomiy:20190605182540j:image

 

有楽町たもやのハッピータイム、100円ハイボールがしっかり濃い。今日のとり天はコロコロタイプ
f:id:sinomiy:20190605182952j:image

 

人形町加島屋、ご主人の名前は英夫さん。歌手だったとの噂

f:id:sinomiy:20190607194415j:image

 

田町まるちょうへ缶酎ハイを飲みに行ったら、タマゴとかいいお酒をもらった
f:id:sinomiy:20190608151202j:image

f:id:sinomiy:20190608151308j:image

おじさま二人がかりで撮影に協力してくれた

 

十条酒の大林で有料試飲。店員さんが凄く説明してくれる。十二六焼酎はここでしか飲めないそうだ

f:id:sinomiy:20190610172524j:image

 

南千住モリタヤへ行った日が偶然地元のまつり。狭い店内で一人角打ちをしていたら、男衆7名くらいがやってきて囲まれ、別れの際は皆で一本締めをすることに

f:id:sinomiy:20190609203511j:image

限定おこげ(麦)とソウルフードにくまん

f:id:sinomiy:20190609203713j:image

この傾斜

 

新橋庫裏で酔麦香。油分のようなとろみを感じた。故郷の酒があったので日本酒も
f:id:sinomiy:20190610181405j:image
f:id:sinomiy:20190610181459j:image

 

水天宮魚平でイワシ刺とイカ唐揚げ。次回はとうもろこしかき揚げ(160)とマカロニサラダ(130)にしよう

f:id:sinomiy:20190628210047j:image

 

桜木町じぃえんとるまんでごま焼酎とマカロニサラダなど。次回はここの醍醐味・ビールと鉄板焼きにしよう、と思っていたがメンチデミソースにしてしまった

f:id:sinomiy:20190611202600j:image

f:id:sinomiy:20190630133855j:image

 

大井町豊後屋のスパサラ(300)が山盛だし白鶴の世話女房(麦)が予期せず好み。次回はごぼうサラダにしようか

f:id:sinomiy:20190617190214j:image

池袋でかんしょのホッピーは予め割られるタイプで、マカロニサラダ(150)は玉ねぎがいい味。女性限定アンデスの健康酒が気になる

f:id:sinomiy:20190620185140j:image
f:id:sinomiy:20190619200307j:image

神田イチゴー、“漫画家の久住さんが店に来た時の画像”を撮る女子を撮った
f:id:sinomiy:20190612210057j:image
f:id:sinomiy:20190612210154j:image

神田あかしやへ、イカを食べに
f:id:sinomiy:20190612211455j:image

 

木場三国屋で緑の閻魔(麦、常圧)。初めて降りた木場、肉屋や酒場が温かく好きになった。震災のときに仙台から久喜まで歩いたという人がいた

f:id:sinomiy:20190616125655j:image

 

銀座君嶋屋でクラフトマン多田キャンティブラウン(麦)。“まろやかで、割るなら濃い目がオススメ”と言われて納得。後味がレーズンを彷彿した

f:id:sinomiy:20190616190148j:image

 

五反田の後楽そば、焼そばにはビールが付き物だろうと思ったら、他のお客は飲んでいない。硬派な店だ

f:id:sinomiy:20190618174215j:image

池袋三兵酒店の“焼酎半分”はこれくらい。店主と客がしきりに“センチヒ”を語っていた

f:id:sinomiy:20190619202228j:image

 

日本橋ふくしま館、この三種の他に大七の試飲も美味しかった
f:id:sinomiy:20190621181726j:image

 

新橋むらまつ試飲会でおすそ分けもらった福祝29BYが美味しかった
f:id:sinomiy:20190621200716j:image

 

名古屋の大曽根佐野屋、海豚(麦)250円を水割りにしたら370円で、ビール大瓶350円、マヨネーズは20円とか。呂布(麦)はウイスキーぽかった

f:id:sinomiy:20190601180546j:image

 

大曽根みのやで佐野屋のお客に再会。角打ちだけど、ここで売っている歯ブラシが好きだ

f:id:sinomiy:20190601180659j:image

 

中村日赤の大島酒店、今まで行った中で一番狭い角打ちかもしれない。カウンター内にいるのは店主と思っていたら、入りきれないお客だ
f:id:sinomiy:20190602222731j:image

大須観音をさまよい、店内の拡声器を見て気が付いた、以前もまよって来た店だ…角屋
f:id:sinomiy:20190602222812j:image

東京、大森の大黒で名古屋おでん。旅中食べ損ねたので

f:id:sinomiy:20190624201209j:image

 

新橋おさけ村、軽井沢ビールダークがシードルに感じる。好み

f:id:sinomiy:20190624200828j:image

 

田町たけちゃん、大阪のどてやきが恋しくて

f:id:sinomiy:20190625193059j:image

 

日の出町きよ、ひなびた店の外観に惹かれて入ったら大正解
f:id:sinomiy:20190628210455j:image

 

掛川すいのや、静岡おでんの粉はいつもどれくらいかけるか悩むが、今回は店の方がかけてくれた。けっこうかかっていた(美味しく頂きました)
f:id:sinomiy:20190602221536j:image

 

静岡ひよこ、みんなから色々もらった
f:id:sinomiy:20190620185726j:image

f:id:sinomiy:20190620185806j:image

f:id:sinomiy:20190620185831j:image

電車内で聞こえた話だが、静岡県と神奈川県の最低賃金が違うから、駅のコンビニスタッフが足りない時に、近隣店舗から“ヘルプ”できないそうだ。静岡デスティネーションキャンペーンでその辺どうにかならないものか

 

蒲田ドラム缶にて、浜松店がオープンしたと知った。駅近く・日曜営業とのことで次回の旅で寄りたい

f:id:sinomiy:20190603200801j:image

 

赤羽、おでん屋が混んでいたのでいこいへ。後から隣に来たお客が、電車で隣に座っていたおじさんだった。なまず唐揚げがドーナツ状

f:id:sinomiy:20190630141433j:image

f:id:sinomiy:20190630141457j:image

おでん屋。近ごろ関西、名古屋、静岡のおでんを食べ歩いたせいか味が薄く感じる

 

桜木町桐のやで壱岐の島(麦)。7月1日は壱岐焼酎の日らしい

f:id:sinomiy:20190629162412j:image

スパサラとかいかそうめんを選びがち

 

有松絞りまつり2019

 

名古屋の有松絞りまつりに行った

f:id:sinomiy:20190622101007j:image

 

有松は絞り染めの一大産地であり、有松絞りまつりは、故郷で言うところの仙台七夕、テーマパークに例えればディズニーランドほどの高揚をもたらす
f:id:sinomiy:20190623162347j:image

曇り空

 

自分にとっては、まるでなんとかタウンか、なんとかキャッスルのようである
f:id:sinomiy:20190623162411j:image

輝いて見える

 

絞り染めが好きだ。柄と突起と作り方がかっこいいから

f:id:sinomiy:20190623171540j:image

f:id:sinomiy:20190623171603j:image

絞り染めとは:絞り染め - Wikipedia

それぞれ着ている柄の絞りを実演する職人さんたち

 

ここは絞り好きにとって夢の国

f:id:sinomiy:20190623175010j:image

 

今年のまつりは6月1日と2日に開催され、旧東海道の沿道にたくさんの露店が並んだ。有松地区は先月5月20日に日本遺産に認定されたばかり。江戸時代から残る古い町並みや、伝統工芸の絞りの技術を今に伝えていることなどが評価されたそうだ(有松・鳴海絞会館|有松絞商工協同組合

f:id:sinomiy:20190623172312j:image

認定式の写真かな

 

今ノッている有松。こんなポップなバッグは昨年まで見たことがなかった(自分の記憶)
f:id:sinomiy:20190623164226j:image

 

こちらは昔ながらの衣料品店絞り染めの服は、どれも伝統工芸品だ
f:id:sinomiy:20190623175404j:image

 

ごほうびに…お世話になったあの人に…スペシャルな品である
f:id:sinomiy:20190623175306j:image

 

若輩の自分は、あちこちに置かれるはぎれの箱を掘っていた
f:id:sinomiy:20190623175931j:image

 

写真の女性ではありません。ちょうどバッチリ顔が写った
f:id:sinomiy:20190630123552j:image

 

いちいちはぎれに夢中になっていたら食事する時間がなくなり、試食のヨーグルト1つで日中を過ごすこととなった

f:id:sinomiy:20190623181123j:image

 

食事会場のテーブルクロスが絞り染め。ここで食べたかったな
f:id:sinomiy:20190623181936j:image

 

以前に東京の百貨店で実演を見たことがある、大須賀彩さんという若い職人さん。絞りバッジをご本人から買い、フォロワーさんにさしあげているというハンカチまで頂いてしまった

f:id:sinomiy:20190625220324j:image

 

からくり人形の山車も見ることができた。これは「唐子車」と言い、天保の時代に物好きの金持ちが20年かけて作ったらしい

f:id:sinomiy:20190623180451j:image

パレードだ

 

文字書き人形(奥)が綺麗に文字を書いたから、喜び人形(中央)が喜んで踊っているところ。本当に嬉しそう

youtu.be

 

まつりには街道沿いの店や、まちの団体が出店している
f:id:sinomiy:20190623192412j:image

f:id:sinomiy:20190623180416j:image

モンスターだ

 

そんな中で一人、「まほうのカードケース」なるものを売る婦人。ぼうしが魔女に見える
f:id:sinomiy:20190623192425j:image

魔女は以前のまつりにも参加されていた。来年も楽しみにしています

 

 

TICKET INFORMATION 

f:id:sinomiy:20190624135904j:image

今回は東京から、静岡休日きっぷなどを駆使して行きました

 

5月まとめ〜令和1杯目

 

5月の酒場を振り返る

 

京橋恵み屋で蕎麦を食べていたところ、知人がやってきたので飲むことに。令和1杯目となった

f:id:sinomiy:20190525185414j:image

 

蒲田松む羅、ゴールデンウィークは地元酒場にかぎる。安定の営業日、お客さん
f:id:sinomiy:20190504143847j:image

 

ゴールデンウィークは地元酒場に…②、糀谷万福食堂。ママにカラオケ誘われたけど行けなくて申し訳ない
f:id:sinomiy:20190505220329j:image

 

大井町武蔵屋、〝小学生の時から体鍛えることが趣味〟という50代おじさん、学生の頃はいい体なのに両親の反対で運動部に入れなかったそうだ

f:id:sinomiy:20190509133515j:image

 

武蔵屋のおかみさんと桜木町はなみちでランチした
f:id:sinomiy:20190525185059j:image

 

日本橋ふくしま館で見かけたお客さんは、新橋むらまつで会ったことある気がする
f:id:sinomiy:20190510185328j:image

 

赤羽まるよし、秩父名物みそポテトに合わせる酒を、秩父錦と迷って柔ら麦黒のお湯割りにした
f:id:sinomiy:20190511194117j:image

 

三河島家谷酒店に平成元年の干支ボトルがあった。店主茂さんに色んな記事を見せてもらった

f:id:sinomiy:20190511220346j:image

f:id:sinomiy:20190511220818j:image

 

新橋むらまつ、ふくしま館で見かけたお客さんに会えた。会津中将が好きだそうだ
f:id:sinomiy:20190523183224j:image

 

大森飲み会。大森(我が家の近く)から十条(前に住んでたとこ)に越した友人と。シンパシー
f:id:sinomiy:20190513181034j:image

 

有楽町たも屋のとり天が前回と部位違うのは、ケンタッキーの感覚
f:id:sinomiy:20190513202809j:image

 

田町まるちょう、お店からのチーズと、いつも甘栗をくれるおじさんがいる
f:id:sinomiy:20190514222623j:image

 

有楽町君嶋屋、これはクラフトマン多田オレンジ(麦)だけど、奈良の大倉山廃特別純米無濾過生原酒も美味しそう
f:id:sinomiy:20190516190958j:image

 

生麦キリン工場見学の試飲量が多い
f:id:sinomiy:20190519214033j:image

 

生麦大番で何かのカマを注文したら品切れで、代わりに出てきたやつ
f:id:sinomiy:20190519214212j:image

 

茅場町魚平の大瓶が一番搾りだった。レバフライ3個180円はゴリゴリ焦げ感と甘いソース。食べ過ぎた
f:id:sinomiy:20190522173737j:image

 

雑色晩杯屋、〝家で飲んだら苦いのに何で店だと美味しいんだろうね〜〟と仰るおばあちゃんは杖で来ている。レバホルモン(揚げ)は3個130円でレア寄り

f:id:sinomiy:20190520180029j:image

 

大井町豊後屋に行ったら休みで帰ろうとしたら、まえかわの前で知り合いに遭って。大井町あるある
f:id:sinomiy:20190525212551j:image

 

後日、豊後屋レバフライ
f:id:sinomiy:20190528192144j:image

 

錦糸町丸源、たっぷりのつゆにツマを漬けるともう一品できる。帰り、改札に置去りのきっぷが馬券にみえた
f:id:sinomiy:20190520180047j:image

f:id:sinomiy:20190520193525j:image

 

人形町加島屋でまたお菓子を貰ってしまった
f:id:sinomiy:20190520193645j:image

 

王子平澤かまぼこ、店頭を陣取るシャチョーの隣で。小鉢メニューがなかったのは、店のお母さんが旅行に行っているかららしい

f:id:sinomiy:20190527194015j:image

 

門前仲町魚三で次回食べたいもの、いわしフライ(330)さつま揚げ(260)

f:id:sinomiy:20190530192116j:image

 


f:id:sinomiy:20190531124445j:image

肝臓サプリをレバウルソからヘパフィットに変えた。来月、効果が出ているといいなあ

 

マイ磨崖仏

 

円空彫り教室の誰かが作った仏像を手に入れた

f:id:sinomiy:20190513111630j:image

 

多くの円空仏を有する、名古屋の荒子観音寺。ここで毎月第二土曜日に円空仏の拝観が行われている

f:id:sinomiy:20190513112246j:image

f:id:sinomiy:20190513112255j:image

f:id:sinomiy:20190513111937j:image

月に一度の貴重な会。大勢が訪れていた

 

全国約5340体のうち、約1250体の円空仏を所蔵する。凄い
f:id:sinomiy:20190514102241j:image

小部屋に、野趣ある像や3センチに満たない可愛い像が密集していて、観客皆でペンライトを持って見学した

 

拝観会のあとには「円空仏彫刻・木端の会」のお父さんたちによる彫刻体験教室が開かれている

f:id:sinomiy:20190513113051j:image

f:id:sinomiy:20190513112041j:image

 

しかし体験までの待ち時間が30分くらいで、自分は旅の都合で参加できなかった。残念に思っていたら、教室の誰かが制作した円空仏を貰うことができた

f:id:sinomiy:20190513112926j:image

一番大きなものを選んだ

 

レプリカでも円空仏を頂けるとは嬉しく、その後半日の旅を共にすることとなった
f:id:sinomiy:20190513133928j:image

 

どなたか、ありがとうございます

f:id:sinomiy:20190529113958j:image

木端の会:「忘己利他」「造仏作善」を理念として円空仏の彫刻、 円空仏の知識の向上と地域社会貢献と会員の親睦を目的とする

https://kotupa.web.fc2.com/

 

 

仏くんと町を歩く

f:id:sinomiy:20190515094630j:image

 

フォトジェニックな荒子郵便局
f:id:sinomiy:20190529121632j:image

 

名古屋名物鬼まんじゅうを求めて入ったら、さつまいもシーズンしか作らないそうだ。本物志向の御菓子司「もち観」

f:id:sinomiy:20190513173221j:image

備忘録:多宝はニッキ風味の薄皮さっくりで新雪を踏むような小気味良さ。黄身餡ほわっ。大納言カステラは商品名から、ふつうのたまご味カステラに小豆が入っていると思いきや全体がピンク色、スポンジ状こし餡。美味

 

荒子の梅園で食べた
f:id:sinomiy:20190513175335j:image

 

旅から数日。

ふと自宅テレビのスピーカーに立て掛けていた仏くんが、磨崖仏に見えた

f:id:sinomiy:20190529102023j:image

スピーカーのくぼみが石窟に見えた

 

そういえば浅い彫りと輪郭の角張りが、自分の好きな「鋸山 百尺観音」に似てはいないだろうか?

f:id:sinomiy:20190513171826j:image

f:id:sinomiy:20190518224325j:image

円空仏の特徴:デザインが簡素化されており、ゴツゴツとした野性味に溢れながらも不可思議な微笑をたたえている…Wikipediaより

 

これはうまく加工すれば石仏に見えるのではないか。磨崖仏という、自然の岩に備わるものを持つことが叶うかもしれない

f:id:sinomiy:20190513171840j:image

f:id:sinomiy:20190518225729j:image

自分の写真テクでは、モノクロにするのが精一杯

 

まず、本物の石に当ててみた。家の近所に丁度よい石窟があったのだ

f:id:sinomiy:20190529102905j:image

蒲田駅

 

仏くんにお入りになってもらう

f:id:sinomiy:20190519124024j:image

f:id:sinomiy:20190519124326j:image

やはり色が違いすぎるな…

 

ユザワヤで絵の具を買い、灰色に塗ることにした。今度の撮影は夜となった。

 

 

f:id:sinomiy:20190529103201j:image

仏くん、白い

 

 

まだ馴染めなかった。黒さが足りない。あと、磨崖仏は岩肌にあるものなのに、奥まで入りきらなかった。

 

蒲田駅前からは石窟得られず
f:id:sinomiy:20190529103214j:image

f:id:sinomiy:20190529103224j:image

仏くんを百尺観音のような屋根に収めてあげたい

 

 

続く?

 

 

 

 

 

静岡の墓を登った

 

東海道線の車窓から墓地がいくつも見える。特に静岡県辺りの、丘陵と並行して線路が走るところでは、斜面に整然と立つ墓地を見通すことができる。

 

また、こじんまりした墓地は馬のお墓だろうか。…などと馳せながら電車旅を繰り返していたのだが

 

平地が続く一帯に小さな山があった。車窓ではすぐに通り過ぎるので、緑色の山か何かが、ぽっかりと存在しているとしか判断できない。しかしこの東海道線の景色から推測すると、お墓が立っていそうだ。

 

ある時ぽっかりの正体を確かめることにした。付近の目印となったのは愛野駅とコーポ蜜時で、お寺は見当たらない。しかし写真から確認ができ、駅より徒歩20分くらいのようなので行ってみた

f:id:sinomiy:20190428164026j:image

f:id:sinomiy:20190428163817j:image

これだ。地図は2018年のもの

 

愛野駅の周りはやはり平地で、〝緑のぽっかり〟はすぐにわかった
f:id:sinomiy:20190428181541j:image

f:id:sinomiy:20190502214532j:image

道の隣を線路が走り、新幹線を頭上に仰ぐことができる

 

ぽっかりに近付くと上部に石のようなものが立っている。やはりお墓だろうか

f:id:sinomiy:20190428181901j:image

 

着いた
f:id:sinomiy:20190501121125j:image

柵が立っているけれど階段は登れるようだ

f:id:sinomiy:20190428182147j:image

この時期は緑ではなかった

 

登る。階段の側面の土には大きめの石が混ざっている
f:id:sinomiy:20190501211907j:image

 

階段を登り切るとやはり墓地になっていた。景色がいい。遠州の平野を見下ろすお墓たち
f:id:sinomiy:20190501212238j:image

 

皆古そうな墓石だったが、花が供えたてだったり無縁仏は見当たらず、地域の温かさを感じた
f:id:sinomiy:20190501212130j:image

f:id:sinomiy:20190503005634j:image

これは途中にあった無人販売

 

この〝ぽっかり〟こと小さな台地は、開拓された平野の中で、悠久の時を感じることができる場であった。

 

大塚製薬POCARI SWEAT)を臨む石仏

f:id:sinomiy:20190505152105j:image

 

 

それから再び、幾度となく静岡県を往来しているうちに行ってみたいと思う墓地ができて、新富士駅へ降り立った。前回とは違い、車窓から見えすぎて興味を持ったのだ。

 

茶色い建物の後ろにある。離れているのに圧迫感
f:id:sinomiy:20190423111808j:image

f:id:sinomiy:20190423112249j:image

手前の幼稚園がひときわ可愛く見えた

 

住宅街を登り行く。途中の個人宅でキムチを販売していて気になったf:id:sinomiy:20190505091011j:image

 

到着。等覚寺というのだな
f:id:sinomiy:20190423115108j:image

 

掲示板には寺フェス、寺コンのお知らせが。ひらけたお寺のようだ
f:id:sinomiy:20190423115226j:image

 

日蓮上人にお辞儀をして霊園を登らせてもらう
f:id:sinomiy:20190423115455j:image

 

階段に継ぐ階段だった。まるであみだくじを登る心地

f:id:sinomiy:20190423112834j:image

Wikipediaによるとあみだくじは、〝室町時代、真ん中から外に向かって放射線状に人数分の線を書いて、それを引いたものだった。これが阿弥陀如来の後光に似ていたことから『あみだ』くじと呼ばれるようになった〟。

 

ちなみに由比の吉岡魚店で、ひょんなことから店の奥を見せてもらったのだが、傾斜が凄かった。静岡の丘陵の暮らしを目の当たりにした
f:id:sinomiy:20190503010058j:image

 

店のお母さんにいわし天をご馳走になって、美味しかったです
f:id:sinomiy:20190503171524j:image

f:id:sinomiy:20190503010111j:image

 

 

等覚寺霊園はいつも電車から眺めて迫力があると思っていたけれど、間近で見るとより一層で、要塞のようだった
f:id:sinomiy:20190423115953j:image

 

あみだの先、頂上にあったのは小さなお堂。脇にペット供養の碑があったf:id:sinomiy:20190505091042j:image

f:id:sinomiy:20190423122753j:image

これは日蓮上人近くのほうにあった犬猫供養碑

 

天気によりこの日はうっすらだったが、頂上からは富士山と駿河湾が臨める
f:id:sinomiy:20190423135246j:image

f:id:sinomiy:20190505091111j:image

 途中に梅園が見えた。春先はもっと景色を楽しむことができるらしい

 

 

自分と同じく、車窓から興味を持ち散歩した、という方の動画を見つけた

youtu.be

 

等覚寺はひらけたお寺なので今後、我々のような者のために「大阪七墓巡り」みたいな企画が催されるかもしれない(既に寺コンがそうなのか?)

f:id:sinomiy:20190423190029j:image

可愛いキウイ石(駅前より)

 

 

等覚寺様、ご先祖様方、ありがとうございました。