きっぷ2000円 酒300円

18きっぷでぶらぶらしたり酒飲む紀行。写真が下手です

10月まとめ〜きき酒はハズレました

 

10月の酒場を振り返る。

 

10月1日、日本酒の日は新川今田酒店で乾杯。大学芋がリンゴだった
f:id:sinomiy:20181001215756j:image

 

茅場町魚平、知らない会社の新入社員と部長の2人歓迎会に参加した

f:id:sinomiy:20181001220148j:image

 

鶴見豊嶋屋から伊勢屋。写っているマヨネーズはお客の「マイマヨ」
f:id:sinomiy:20181014072215j:image

 

新宿マーブル、チケット代無料だけど4ドリンク制というライブ
f:id:sinomiy:20181014073727j:image

 

荻窪やきやのイカ
f:id:sinomiy:20181014074011j:image

 

神田あかしやのイカ
f:id:sinomiy:20181002205109j:image

 

蒲田八重瀬、バイトみたいな子のことを何と呼ぶんだっけ??となったおじいが「女中」と言った。リアル女中
f:id:sinomiy:20181004202543j:image

 

品川大平屋、お土産にもらった中国の豆菓子はうまい棒の味がした
f:id:sinomiy:20181008154116j:image

 

有楽町わしたショップと福井館のコラボイベント、閉店後に入る店の特別感がいい
f:id:sinomiy:20181008205115j:image

 

錦糸町ガラス市→ロッテホテルのハロウィンメニュー確認→立ち飲み丸源。ここからダービー通りのきみちゃんへ連れて行ってもらい、錦糸町を満喫した
f:id:sinomiy:20181008153134j:image

f:id:sinomiy:20181008153357j:image

この皿うちにもある

 

 

日本橋ふくしま館のひやおろしセット他、熟成酒をかけたバニラアイスとか美味しかった
f:id:sinomiy:20181009221000j:image

 

人形町加島屋で0次会(2次も3次も一人)
f:id:sinomiy:20181010223235j:image

 

赤羽巧味のフーチャンプルがふわっとジューシー
f:id:sinomiy:20181010223457j:image

 

神田イチゴーで今後、安いからと言ってちょうしにのらない事
f:id:sinomiy:20181016220806j:image

 

新橋壱番館のイカ
f:id:sinomiy:20181017210333j:image

 

水道橋いかのでんのイカ

f:id:sinomiy:20181025194629j:image

 

日ノ出町新京から試聴室3。新京は試聴室店長が最近行ったばかりだったり、音楽関係者が訪れる店らしい

f:id:sinomiy:20181025141044j:image

f:id:sinomiy:20181025141110j:image

くじら生姜焼きがふわふわ

 

 

五反田加藤酒店は若い会社員で賑わっている

f:id:sinomiy:20181025205554j:image

 

蒲田阪口酒店、なぜかスターセレクト(スーパーのPB)缶酎ハイがあるし、客のおじさんはラッツアンドスターだって
f:id:sinomiy:20181031190129j:image

 

雑色晩杯屋のガス台が目の前。納豆オムレツが30秒くらいでできた
f:id:sinomiy:20181028153358j:image

 

有楽町食安→三越わしたショップで友人と缶酒を飲み歩いた

f:id:sinomiy:20181029190914j:image

f:id:sinomiy:20181029190935j:image

f:id:sinomiy:20181029190948j:image

※本来は泡盛のイベント

 

 

全国市販酒フェスタ(きき酒会)、会場のおばさまから“これは恋人の味よ”という声が聞こえてきたそれは梅酒だった

f:id:sinomiy:20181020194049j:image

 

きき酒日の前に練習という口実で飲んだ件

f:id:sinomiy:20181023202041j:image

f:id:sinomiy:20181031202811j:image

f:id:sinomiy:20181031202845j:image

まだまだ修行が足りないようだ(๑´ڡ`๑)

 

 

荷台からこんにちは

 

銀座の駐車場より


f:id:sinomiy:20181026192235j:image

“やあ、ぼくザリガニ”

 

 

この感じ、知ってる

 

 

以前に安城の駐車場で見た感じだ
f:id:sinomiy:20181026192802j:image

安城 願いごとの聖地 - きっぷ2000円 酒300円

 

 

荷台に乗せることは、アピールに違いないだろう。まんまと写真を撮ってきた。

 


f:id:sinomiy:20181026193612j:image


f:id:sinomiy:20181026193318j:image


f:id:sinomiy:20181026193654j:image

いいシルエット

 

 

酒まつりと結婚式のバスを間違えた

福島県の酒蔵「仁井田本家」の祭りと結婚式場に向かうシャトルバスを乗り間違えた。先日この失敗談を知人に話したところ興味を持ってもらえたのだが、うまく説明できなかったので、ここで経緯を整理してみたい

f:id:sinomiy:20181022214358j:image

 

にいだの感謝祭へ行くのは今回で2度目であった。

前回の記事

sinomiy.hatenablog.com

  

 

前と同じくシャトルバスを利用しようと、郡山駅前のロータリーにとまっている中からそれらしいバスに急ぎ乗った。間もなく出発のはずだった

f:id:sinomiy:20181022215312j:image

そういえば受付がなかった。これは前回の様子

 

今回はまわりの乗客に、黒いスーツの男性が多く見えた。会社グループの参加が多いのだろうかと思った。

 

グループの会話が聞こえてくる。〝会うの○○ぶり〜いま子供○人〜〟、恋人がいない者は、〝今日の出会いが〜〟などと話している。

 

会社の仲間ではないのかな。とくに気にしないでいたけれど、発車の時刻は少し過ぎているようだ

f:id:sinomiy:20181023181757j:image

祭りが楽しみだ。バスの方はあとでお酒がもらえる

 

そのうちにドレスを着た女子3人組が乗ってきて、おや、と思った

f:id:sinomiy:20181022215537j:image

(イメージ)

 

3人組の1人が自分の隣に座った。彼女はぽっちゃりしていたため二人がけのシートが狭くなり、嫌だなあと思った。ドレスからのぞいた素肌が触れそうだ。

 

だがドレスを目の当たりにしてやっと、このバスは違うかもしれないと考え始めた。

 

「このバスは酒祭りじゃないんですか?」

 

聞きたいが、バスを間違えたうえに行き先が酒である。まぬけすぎる、どうしようf:id:sinomiy:20181022220937j:image

(イメージ)

 

なんとか「酒」というワードを出さずに尋ねたいけれども言葉が浮かばない。車内にはあと少しで発車とアナウンスが流れる。

 

どうしようかとしていたら奥の女子二人が、パールのネックレスの会話を始めた。

 

 バスは発車しようとしている。

 

パールといえば結婚式だろう!とひらめいたわけではないが、とっさに言葉が出てぽっちゃりに尋ねた。

  

自分「すみません このバスは結婚式に行くんですか?」

 

ぽっちゃり「あ、はい」

 

とっさだったがたしか、〝たいへん!〟と言葉を漏らしながら席を立ち、運転手に〝乗り間違えました!〟と言った。

 

 

 バスはジリジリと動き出していた。

 

 

 

降りて改めてバスの張り紙を見るとそこには、[井戸沼家・本田家]と書かれている

井戸沼家・本田家  

仁井田本家 

なるほど似ている!と合点したがどうだろうか

 

 

その後、無事に仁井田本家のバスに乗り、会場へたどり着くことができた。ぽっちゃりが隣に来てくれたおかげである。嫌だなんて思ってごめん。

 

 

f:id:sinomiy:20181022220159j:image

井戸沼家様、本田家様、おめでとうございます 

 

 

f:id:sinomiy:20181022212557j:image

この話をどこかでする度に、「まだ飲む(酔う)前だったんだけど…」と言い訳することだろう

 

 

亀崎の坂めぐり

f:id:sinomiy:20181006180244j:image

愛知県の半田市亀崎の家々が個人宅でマイ地蔵を所有していることをサイトで知り、自分は石仏が好きなので向かうことにした。亀崎広島県尾道に例えられる、坂道が多い町だ。

 

名古屋から電車に乗り40分くらいで到着
f:id:sinomiy:20181005021851j:image

f:id:sinomiy:20181005022105j:image

駅舎は日本最古の明治19年のもので、スタートからありがたいもの見た

 

改札は無人、駅を出るとすぐにマンションが並ぶ広い道路。観光案内所は見当たらなく、とりあえず目の前の道を進んでみた。さっそく坂になっているが車が多く走り、尾道らしさはない。

 

広い坂道を下ったところから昔ながらの町並みが見えてきた。そこに一軒の酒屋があり、入り口には故郷、宮城県の酒の幕が掲げられている

f:id:sinomiy:20181005121023j:image

銘酒、伯楽星

 

愛知県でなぜ、と思っていると店内からおばあちゃんが出てきたので会釈し、何となく立ち止まっていた訳を話すと、おばあちゃんが酒屋のおかみさんに引き合わせてくれた。

 

伯楽星は故郷で人気だけれど、これほどまで知れ渡っているのか尋ねると、酒屋庄兼さんが特にこだわりのある品揃えであり、愛知で扱っている店は唯一ここだけということだ

f:id:sinomiy:20181008210848j:image

雅山流・伯楽星・雪中梅・富久長など全国の日本酒・地酒の店 愛知県庄兼

感激して思わず地元の友達にラインした

 

〝愛知県内の人が他県で飲んだ伯楽星を気に入って、ここまで買いにやって来る〟と聞いたが、店のサイトにはまさに「蔵元様とお客様のパイプ役」と書かれていた

f:id:sinomiy:20181008220219j:image

あと、「まずは買わなくても良いので遊びに来てくれたら嬉しいです」とも書かれていた。いいんですか?

 

次におかみさんから教わった「街かどサロンかめとも」へ行き、坂めぐりマップを手に入れた。それによると駅から庄兼まで通って来た道は、10番の掘割・相生坂だったらしい

f:id:sinomiy:20181014233501j:image

イラストが素敵

 

マップには21もの坂が載っている。しかし自分には全てをめぐる時間がないので、サロンの方と相談して3つの坂をめぐる小周りのコースを決めた。所要は1時間くらいのつもりだったが、2時間かかることとなった。

 

ただでさえ方向音痴なのにマップの地図が簡易で、不安を抱えながら細い路地を行く。途中に標識が現れると安心した。ここからが大坂らしい
f:id:sinomiy:20181010135035j:image

 

6番を登る
f:id:sinomiy:20181014232748j:image

 

大坂を登りきり、振り返るとマップ通りの景色が見えた。猛暑の中登ってきたので海がとても清々しく見える
f:id:sinomiy:20181011093501j:image

f:id:sinomiy:20181014233424j:image

大坂は町の看板だ

 

次に7番の秋葉坂を目指すが、峠の分岐点にその表示はなかった
f:id:sinomiy:20181014234255j:image

 

これは小坂か?
f:id:sinomiy:20181014235557j:image

 

辺りに道を尋ねられるような人がおらず困っていると、これまでのひしめく家々の感じではなく、小高い広場にポッカリとした家があった。降り注ぐ日差しの下、緑が茂る庭でおじさんが洗濯物を干している。

 

救世主だ。

 

「ここはどこですか」と尋ねると、おじさんは洗濯物を放って部屋へ入っていった。訳がわからず待つ間、物干し竿にフワと置かれた服が飛んで行きそうだったので、ハンガーにかけた

f:id:sinomiy:20181015135941j:image

知らない町の知らないおじさんの洗濯を干した思い出

 

そうしているとおじさんが地図を手にして戻ってきた。地図ならあるけど、と自分が坂めぐりマップを差し出すと、〝ここは載っていない〟と言われた。なんと、おじさんに聞かなければ延々と歩くことになったかもしれない

f:id:sinomiy:20181016235425j:image

半田市のマンホールは虫柄

 

ちなみにマップの中からおすすめの坂も聞いてみた。〝この町に住んでいたら坂なんて当たり前で…〟と言うが、しいて選んでもらうと弘法坂。かめともサロンでもすすめられた、自分のコースに含まれる坂だったf:id:sinomiy:20181020194811j:image

かめとも

 

しかしマップに載らない、おじさんの家の近くの、海を広く見渡せる坂もずいぶん素敵であった(先述の写真)。

 

おかげで秋葉坂に着くことができた

f:id:sinomiy:20181015121135j:image

f:id:sinomiy:20181015121239j:image
7番、秋葉坂。坂にショートカット用の階段が付いている
f:id:sinomiy:20181015120656j:image

 

坂を下ったところに、秋葉坂の解説にある[学]印の鬼瓦の商店が見えた
f:id:sinomiy:20181017002430j:image

魚牧さん。通称お牧さん

 

ちょうど飲み物が欲しかったので入った。せっかくなので店の主人へ[学]とは何かを聞いてみると、ここは元学校だというf:id:sinomiy:20181017004444j:image

たしか明治時代の亀崎小学校の校舎で、半分は壊したとか…今度ちゃんとメモ持って聞きに行きたい

 

魚屋が元学校である。売り場の奥に井戸があり、そこは元用務員室だったそうだ。貴重なものを見せてもらった

f:id:sinomiy:20181018021808j:image

現在は魚の調理場

 

お牧さんへもおすすめの坂を尋ねてみると、ポッカリの家のおじさんと同じく、坂は日常なので特別良いと思わないようだが、弘法坂が選ばれた。広げた坂めぐりマップはこの頃にはもう、自分の汗でクシャクシャになっていた

f:id:sinomiy:20181018053351j:image

街かどではテーブル化された井戸を見た

 

井戸についてサイトより:散策すれば、鋳物ポンプの井戸、トタン屋根の井戸、土間の奥の井戸、空き地に残る井戸、お地蔵様のある井戸……遠い記憶を呼び起こす。

古井戸(ふるいど) | 亀崎の名所・史跡 | 亀崎潮干祭

 

そうだ、お地蔵様である。

今これを書きながら忘れそうになっていたが、当日も坂めぐりに精一杯のため忘れていた。お牧さんを後にしてから現れたお地蔵様により思い出し、今回2体に会うことができたが、マイ地蔵だけあって手入れが行き届いていた

f:id:sinomiy:20181018055725j:image

f:id:sinomiy:20181018055736j:image

町には十数体がいるらしい。もし全地蔵を探していたら、単純に考えて旅のボリュームが5倍になっていただろう

 

お牧さんで次の道順を確認して来たけれど、また迷っていた。砂漠で水を求めるが如く「坂を…坂をくれ…」と歩いた

f:id:sinomiy:20181018061316j:image

やっと着いた。ここがみんなのおすすめ弘法坂

f:id:sinomiy:20181018135351j:image

8番、弘法坂は坂めぐりマップの表紙だ

 

茂る木の葉に隠れているが、坂の上には東光寺が建っている。自分は道に迷いすぎて時間がなく、特に見学をしなかったけれど、あとで確認すると45体もの弘法大師像が祀られていているそうだ

chuplus.jp

涼しい頃にまた行こう

 

目的の3つの坂をめぐり終えて駅へ戻った。電車が来る時間まで少し余裕があったので、駅前の売店でサンドイッチを買うことにしたf:id:sinomiy:20181018142034j:image

はんぺんフライサンド。自分は手作りサンドイッチが好きだ

 

その売店は駅によくあるチェーンではなく、海の家の外観をしており、窓口のおじさんにもどことなくバケーション感があった
f:id:sinomiy:20181018142532j:image

「牛タン」人気No.1☆

 

世間話をしているとフードメニューに故郷の名物、牛タンがあることに気が付いた。聞けば、ある時に食べたら美味しかったので仙台から仕入れることにしたそうだ。伯楽星に続き、故郷と亀崎の繋がりに出合えたf:id:sinomiy:20181019004957j:image

こちらは秋葉神社

 

最後に売店のおじさんへ、良い町でしたと告げると、〝住めばいいじゃん〟と言われて一瞬、お嫁においで、ということかと思った。


海を眺め洗濯を干すのは気持ち良かったし、故郷の酒があり、幸いに坂を登る体力は十分だ。悪くないかもしれない。

 

というのは冗談だけれど、亀崎は魅力的な町でした

f:id:sinomiy:20181018151820j:image

はんぺんフライサンドを最古の駅で食べる喜び

 

 

 

 

 

 

三河三谷で私はミヤ

 

当方、名を宮西と申す。それでシンパシーを感じ、三河三谷(みかわみや)駅で降りてみた

f:id:sinomiy:20180827112542j:image

○みや歓迎○

 

ミヤと付く地名などたくさんあるし漢字も違うけれど、三河のミヤは行きたいと思ったのだ。駅へ降り立つとさっそく歓迎してもらえた。

 

町へ出たらミヤを冠とした看板に嬉しくなった。

 

ミヤスポーツだ!屋根がかっこいい
f:id:sinomiy:20180902215450j:image

 

ミヤ電気だ!
f:id:sinomiy:20180902223941j:image

 

ミヤ漁港だ!

f:id:sinomiy:20180902224329j:image

 

三河三谷は愛知県蒲郡市に位置する。大きい観光・商業施設が多い隣の蒲郡(駅)に対して三河三谷は、歴史ある温泉と商店街が残る落ち着いた町だった

f:id:sinomiy:20180918035725j:image

路地裏

 

町並みを先に述べたが、駅の地図を見てひとまずの目的地をスーパーに決めて進んだ

f:id:sinomiy:20180918171618j:image

地図の中に記されていた「ドミー」を調べたらスーパーで、ポップな響きが気に入った

 

ごく普通の駅前の様子から、突飛なことが起こるなど予期せずに歩き始めるとすぐに黄色い看板が目に飛び込んできた。「ザ!りがに道楽」

f:id:sinomiy:20180916182948j:image

注意喚起の色

 

薄暗くて室内の様子はわからないけれど、白いランニングシャツのおじさんがチラチラ見える。ザリガニ取りの趣味が高じて展示しちゃったのだろうか。一歩引いて観察していたら招き入れられた。

 

〝よかったら見てよ〟という具合いに、入ってみると小さな水槽がたくさんあったf:id:sinomiy:20180929131034j:image

こんな写真しか撮ってないけど水槽ギッチリあった

 

ザリガニの説明をするおじさん。繁殖させてネットで売って全国に発送して最近の人気の色はこれで天然のうなぎもやっていて……

前職のカツ丼屋は元々続けるつもりはなくて転職して、今はそのへんの川で取った水草とかが売れる。お金が勝手に入ってくる……

 

ザリガニ実店舗は現在国内に2〜3店しかないらしい。会話の端々に偉人感が漂うので、もしや本など出してるの?先生とか?と尋ねると、おじさんは〝先生じゃないけど弟子ならいるよ〟と答えた。

 

おじさんは師匠であった

f:id:sinomiy:20181002121852j:image

ざりがに道楽

「ザリガニ掲示板」がブログのようになっていて面白い

 

そして弟子は、あの竹島水族館の館長だった

 

www.itmedia.co.jp

 

インターネットには館長のインタビュー記事がたくさんある

 

かつて竹島水族館で働きたいと言った弟子へ師匠が大学進学を勧め、卒業後は本当に働くことになったし、今や有名館長だ。感動秘話であった。

 

師匠は通りがかりの自分へ30分もお話してくれた

f:id:sinomiy:20180916184800j:image

ありがとうございました

 

なお竹島水族館は自分も行ったことがある。その時の記事:蒲郡 竹島水族館 - きっぷ2000円 酒300円〝好きなタイプあむろなみえの〟方が弟子だったとは。

 

 

再びスーパーを目指して歩いたら、すぐに足を止めることとなった

f:id:sinomiy:20180918190543j:imagef:id:sinomiy:20180918190557j:image

手づくりサンドイッチ

 

この「音羽家」はパン屋ではなく食品雑貨が並ぶ商店だった。売場の奥に飲食スペースが設けられていたので利用したら、ポットの冷えたお茶がサービスで、頭上のテレビからは24時間テレビが流れていた。日本の夏休みである

f:id:sinomiy:20180918191059j:image

うねるチキンカツ。自分は手づくりサンドイッチが好きだ

 

ふとおでんコーナーに目をやると「関東煮」と書かれていた。愛知のおでんなら味噌味か、三河三谷静岡県に近いので静岡味も考えられたが「関東」。気になったので店主に聞くと、味噌は食べるときに付けるそうだ。何気なくも新鮮に思うミヤのおでん事情であった

f:id:sinomiy:20180921225432j:image

店の壁面に関東煮の大きな看板があった

 

車が行き交う道路沿いを行くと海が見えた。このミヤ漁港は駅から10分の距離にあって、徒歩のちょい旅で海の風景が見えるとはありがたいことだ

f:id:sinomiy:20180921232904j:image

マリーナのボートが並ぶ景色や釣人に夏を感じた

 

目的のスーパーがマリーナの先に見えた
f:id:sinomiy:20180924173512j:imagef:id:sinomiy:20180924173418j:image

スーパーと、山の上に何かが見える。ミヤ大仏だろうか

 

「ドミー三谷店」到着
f:id:sinomiy:20180924173757j:image

山の上に望める大仏様は子安弘法大師(19m)だった

 

ドミーは愛知県三河地方を中心に展開していて大正2年の創業らしい。ちなみにイトーヨーカドーは大正9年らしい

f:id:sinomiy:20180924221156j:image

この三河地区には醸造業など、伝統的で優れた食品が多くあるため、老舗メーカーとの共同開発などにより、郷土色のある新商品をご紹介していきたいと考えています。愛知県三河地域で事業展開するスーパーマーケットチェーンドミー | 三河を中心に37店舗を展開する地域密着型スーパーマーケットです

 

ドミーで見たぼてこ焼そばとは何だろうと、後で調べると「ぼてこ」は安城市発祥のお好み焼きチェーン店で、先代は大阪の「ぼてぢゅう」で修行をしたそうだ

f:id:sinomiy:20180924222301j:image

ぼてぢゅうの流れを汲む味が298円の半額で。旅の都合上買えなかったことが残念だ

 

ドミーで折り返し駅へ、違う道を通って戻る。

 

古い商店街の建物がアパートか学校に見えた。現在は空き家が多そうだ
f:id:sinomiy:20180925135218j:image

f:id:sinomiy:20180925135855j:image

ミヤ電気はこの商店街にあった。昔はミヤと付く店がもっとあったのだろうか

 

レトロな外観が可愛いすずらん美容室
f:id:sinomiy:20180925171226j:image

近くにリニューアルしたらしいすずらんがあった。家族が継いだのだろうか

 

ザ!りがに道楽まで戻った。師匠の話を聞いていた時に隣の肉屋はひっきりなしに客が来るなぁと気になっていたので、何か買って帰ることにした

f:id:sinomiy:20180925171840j:image

師匠にただいまの挨拶をした

 

揚げ物をいくつか購入した。店内にはウド鈴木の番組の色紙が貼られていたので、この辺りの名物店なんだなぁと思った。

 

 

 

ミヤの散歩も終わりである。いよいよ駅に近付いた。その時、駅前の酒屋のウィンドウ越しにおじさんたちがカップ酒を飲んでいる姿が目に入った。

 

今ここに角打ちとは運命でしかない。旅のハイテンションで少しも恐れず突撃した。〝ここで飲めるんですかっ!?〟

f:id:sinomiy:20180925172933j:image

我ながら目ざとい

 

店内のおじさんたちは明らかに戸惑っていた。〝飲めるけど…〟。モゴモゴした返事だった。理由は角打ちでなく、店主の仲間内の飲み会だったからだ

f:id:sinomiy:20180925193035j:image

飲めるなら飲ませてもらおう

 

店主の仲間の輪に混ぜてもらった。肉屋で買ったメンチも遠慮なく一人で食べた。食べ時が来たのである。

 

今まさにメンチがテレビに映ったから
f:id:sinomiy:20180925195542j:image

今食べるしかない、カンパイ!

おじさんたちがそろそろだなと言い出し、チャンネルを合わせるとミヤを舞台とした「ウドちゃんの旅してゴメン」が始まった。さっき行った肉屋が、おばちゃんが、ウドちゃんが、テレビに映ったのである。

 

地元のみなさんとテレビを囲んで飲み食いした。番組へのリアルな感想が飛び交う。そうしているうちに肉屋のお兄さんが我らの現場へ顔を出した。何という臨場感だ

f:id:sinomiy:20180927111719j:image

真夏の三河湾クルージング 愛知・蒲郡市:2018年8月25日(土) | これまでの旅 | ウドちゃんの旅してゴメン - 名古屋テレビ 【メ~テレ】

メンチカツはその場にいたおじさんもおすすめと言っていた。

 

テレビを見た後は、自分が町を歩いた話を聞いてもらった。ミヤの人たちは皆やさしかった

f:id:sinomiy:20180926165329j:image

ザリガニ師匠に会い、音羽家のコーラのグラスで茶をがぶ飲みし、潮風に吹かれ、ドミーを回ってみんなでテレビを見て、ミヤの夏を満喫した私でした。