きっぷ2000円 酒300円

18きっぷでぶらぶらしたり酒飲む紀行。写真が下手です

2月まとめ〜東京のどて焼き

 

2月の酒場を振り返る

 

牛乳とコーンフレークでグッドモーニング。ではなく昼の上野たきおか、にごり酒とたらこ煮

f:id:sinomiy:20210226131407j:plain

 

なめろうが食べたくて蒲田にこまる。店員さんの住まいが家の近くとわかり、これは油断して(酔って)歩けない

f:id:sinomiy:20210226132229j:plain

 

家路のともしび、蒲田たの平

f:id:sinomiy:20210226132452j:plain

 

錦糸町みつぼし村でウナギ天ぷら180円、イナダごま和え250円

f:id:sinomiy:20210226132339j:plain

 

生麦の大番で至福のカキとアジのたたき

f:id:sinomiy:20210227174554j:plain

 

水天宮魚平で黒ミル貝とか

f:id:sinomiy:20210226173946j:plain

 

門前仲町、あの魚三で“いつもありがとうございます”と言われた。快挙

f:id:sinomiy:20210226133054j:plain

 

品川のオアシス大平屋

f:id:sinomiy:20210226133149j:plain

自分は魚介類が好きだが、大阪名物のどて焼きは格別だ。東京の数軒を食べ歩いてみた

 

上野の安べゑ。どて味噌は甘く牛すじの歯ごたえは野性的

f:id:sinomiy:20210227164352j:plain

どて焼き一串149円、酒が100円くらいだった

 

蒲田、信濃路のどて焼きはカットが大きく大根入りで、角煮のよう

f:id:sinomiy:20210227164428j:plain

 

田町、串揚げたけちゃんのどて焼きは小ぶりで生姜が効いている

f:id:sinomiy:20210227164504j:plain

 

有楽町の大阪アンテナショップのどて焼きはホロホロで田楽みそ味

f:id:sinomiy:20210227164548j:plain

 

大阪アンテナショップのもみじ天を人形町加島酒店へ持って行ったら、茨城のサバ缶とお菓子などもらった

f:id:sinomiy:20210227164701j:plain

 

大井町武蔵屋でみかんの酒を飲んでいたらみかんもらえた

f:id:sinomiy:20210227164739j:plain

 

川崎のどて焼き店に行ったら休業中だったため立ち飲み天下へ向かい、その後はしご

f:id:sinomiy:20210227164811j:plain

隣のおじさんが同じ豆腐を食べていたんだけど、おからのように粉々にしている。テーブルには500円や100円玉6枚を立てていて、払う時は立ててるコイン使わず懐からお札出す謎

 

川崎の福来屋酒店は調度品がいい感じ

f:id:sinomiy:20210227164840j:plain
熱燗とウニいかで390コイン

 

川崎の元祖立ち飲み屋は、店員さんが小気味よい

f:id:sinomiy:20210227164912j:plain

 

ある日の新橋、晩杯屋で選んだメニューがカキ酢、チキン南蛮、炙りしめ鯖

f:id:sinomiy:20210227155915j:plain

f:id:sinomiy:20210227155949j:plain

どれも酸味。甘辛いどて焼きの反動だろうか

 

蒲田、串揚げ満マルからはどて焼きをテイクアウト。プルプル板状の部位とホロホロのところと、たくさんのこんにゃくが入っていた

f:id:sinomiy:20210227160027j:plain
なぜか魚のサイン

 

テイクアウトしたので周りの目を気にせず、器に残ったタレを肉でぬぐい尽くして食べた。好みの甘い味で、できたらごはんにかけたりもしたい。

 

それで思い至ったこと

 

そうだ、どて焼きを作ろう。…

 

白みそを買った。