気付いたら山

f:id:sinomiy:20170616184641j:plain
こんな【山に入るつもりじゃなかった】となることが多い


ここへ来た理由は磨崖仏を見るため。だからこうなること必然なんだが。よく一人で出歩く割に、行程の下調べが足りないのだ

f:id:sinomiy:20170618193217j:plain
京都・当尾「石仏の道」より。帰りのバス車窓から猿が見えた。





気付いたら絶景

f:id:sinomiy:20170619191014j:plain


この日の目的の磨崖は千葉・鋸山日本寺「百尺観音」

f:id:sinomiy:20170610183501j:plain


いや、本当は気付いたらいつの間にやら、なんてものではなかったのだこの日は

f:id:sinomiy:20170618140614j:plain
また山に来ちゃったぜ。けど鋸山は軽いハイキングスポットのはず、辛くないだろうと思っていたら、すれ違う下山者に「おねーさん、その格好で登るの?」と言われた。え、スニーカーは履いてますけど…


急階段

f:id:sinomiy:20170616193553j:plain

整備されてない道

f:id:sinomiy:20170616194225j:plain
そして迷った。遭難だ。全く方角がつかめない地図を見て呆然としていたら、同じく迷っている女性に道を尋ねられて、共に困った


f:id:sinomiy:20170618152958j:plain
二人、救出される


しかしそこで出会った登山グループに同行させてもらえた。山に馴れた彼らでも、鋸山の道はわかりにくいとのことだった。月なみだけど、山をなめたらあかん

f:id:sinomiy:20170618153447j:plain
苦労して皆で絶景をむかえた後に、日本寺へ送り届けていただいたのでした。





宮城・岩切「東光寺石窟」に行った時のこと

f:id:sinomiy:20170618155517j:plain
仙台駅から電車で9分。のどかだなあと川べりをのん気に歩いていたら、やっぱり山をむかえた


f:id:sinomiy:20170618160106j:plain
急階段を撮りたくなる性らしい


f:id:sinomiy:20170618191233j:plain
f:id:sinomiy:20170618160707j:plain
f:id:sinomiy:20170618160802j:plain
扉を開けるのがスリリングだった。





磨崖仏が好きだ。岩肌に掘られていて、自然と一体の佇まいが、仏が石にのりうつったか石が顔を出したのか、鉱物に息吹感じる。
磨崖仏は動けない。そこでずうっと暮らしていて顔が溶ける(風化)。土地に根差した老け方、カビ方。顔が溶けてもなお立ち続けるキミ頑張ってるね、等と考えたり。美術的でなくて良い、野仏の見方は自由だ。


f:id:sinomiy:20170618192417j:plain
のりうつった浮き出た感が強い薄肉彫が好みだけど日本寺の厚肉彫の大仏は、巨大で圧巻。


だが自分はとても蚊に刺されやすいので、不本意ながら磨崖仏巡りをする期間を、年に短くしている。
我が山開きシーズンは今春も早々に終えたのだった。



f:id:sinomiy:20170618195414j:plain
マンホールも浮き彫りだから好きなのだろうか。




そういえば人形の博物館に行ったときも、着いてみたら山だった
f:id:sinomiy:20170618161940j:plain
喚起、サル注意