読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寺とか行かない京都 嵯峨野の巻

※京都の巻は時系列順不同で綴っている


ゲストハウスを巡るのも超観光都市、京都の楽しみだ。“町屋改装系”“アパート合宿系”など自分で分類しており、今回選んだのは“高級カプセルホテル系”。大浴場が特色、一泊2500円。繁華街、大丸百貨店の向かいにある
f:id:sinomiy:20170507153337j:plain



これは大丸の裏にあった100円立ち飲み。激安店が百貨店を挟むことに京の都の渾然一体を感じる
f:id:sinomiy:20170507152829j:plain



二日目の宿はオープンしたばかりでとても綺麗だった。土曜でも一泊3000円
f:id:sinomiy:20170507154033j:plain


この東京店は銀座ぐんまちゃん家の上にあったりする。HPに書いてあった宿のコンセプトが【ミニマルにコーディネートされたファシリティ】だって。都内在住でも泊まってみたい
f:id:sinomiy:20170508172908j:plain



ご当地ベーカリー進々堂が宿から近かった。モーニングはパンが食べ放題で、開店時間前に行ったら先にいたおじいさんと話すことに。近くにお住まいで、後から来る家族とよく朝食をとるそうだ
f:id:sinomiy:20170508173303j:plain



ご家族の隣の席に座らせてもらった。店内は観光客で瞬く間に満席
f:id:sinomiy:20170508174121j:plain



おじいさんの奥様は浅草から京都に嫁いだというので、京都の人間関係やしきたりに馴染むまで大変でしたか、と問うと、「大丈夫だった。そういうのはジジババの世代よ」と言っていた。結婚50年の彼女が言うジジババとは
f:id:sinomiy:20170508183420j:plain
おじいさんたちはこんなに食べてない



ちなみに錦の立ち飲み屋で会った、20代女子(出身岩手)にも同じ質問をしていたが、「いまはそうでもないですよぉ~」と言っていた。京都の“いけず”文化はとうの昔に終わっていたのか
f:id:sinomiy:20170516144826j:plain
京都のパン文化を岩手に持ち帰るべく働きにやって来た女の子、現在たこ焼き屋にお勤め。パンは今“休んでいる”らしい



奥様に、いい人がいるから紹介したいと言われたが、自分既婚。しかしそうなっても京都はもうコワくないんだな
f:id:sinomiy:20170508180526j:plain
「これ使って」と貰った割引券。ごちそうさまでした



京都と人形が好きな自分だが、さがの人形の家は初めて訪れた。郷土人形博物館の総本山のようなところ
f:id:sinomiy:20170508183228j:plain

ビッシリ!
f:id:sinomiy:20170513131013j:plain
f:id:sinomiy:20170520073201j:plain
f:id:sinomiy:20170513131145j:plain
f:id:sinomiy:20170513131502j:plain


HPから収蔵品を見ることができるが、館内撮影可能は有りがたい
f:id:sinomiy:20170513131920j:plain
たぶんHPに載ってないやつ


f:id:sinomiy:20170513132415j:plain
f:id:sinomiy:20170513132504j:plain
からくり、鴻巣雛、かつて自分が見た人形をおさらい

館長の挨拶が素敵だった。
~郷土人形は…美の原点である単純素朴で表現の自由な味わいと土のぬくもりがあります/私達に無言で語りかけて来るあたたかい美を持っています。心のふる里、心の対話を求めて下さい~
http://sagano.or.jp/greetings.html
f:id:sinomiy:20170513133800j:plain



人形の家を出ると日が暮れていた。周りのお寺など閉まってしまった。しかしせっかく嵐山まで足を伸ばしたので観光してみたい


f:id:sinomiy:20170518141409j:plain
クイズを発見

f:id:sinomiy:20170509135004j:plain
滝口寺、「滝はありません」が世知辛い

f:id:sinomiy:20170509160705j:plain
嵐山といえば竹だね~

f:id:sinomiy:20170509160751j:plain
竹だよね~

f:id:sinomiy:20170509162732j:plain
畑の中に小倉餡発祥の由来が

f:id:sinomiy:20170519011232j:plain
駅のイルミネーション



嵯峨嵐山を後にする。
帰りの電車でおばあちゃんグループにハイチュウをもらった

f:id:sinomiy:20170513134808j:plain
おばあちゃんの一人が「これ何?ヌガー?」と言った。いいな、自分もハイチュウをヌガーと呼ぶ女になりたい。




今回もまたいろいろと行き逃してしまった。だから何度も訪れたく、その都度に会いたい人が増えていく… 楽しみが尽きない、旅は

f:id:sinomiy:20170508184823j:plain
閉門の字がそぼく