すみだガラス市

すみだガラス市の買い物後に、6枚集めて景品と引換えとなる券の端数を、ゆずりゆずられ合った話。

f:id:sinomiy:20170417134917j:plain

すみだガラス市とは、墨田区で開かれている唯一の市であり、ガラス器だけの市は日本で唯一です。http://www.tobu-glass.or.jp/menu33.htm

 

 

券は500円買い物するごとに1枚もらえる。自分は当時4枚を手にし、枚数たらず帰ろうとしていたら、同じく余らせている女性から4枚ゆずり受けた。

f:id:sinomiy:20170418124704j:plain

会場は錦糸町駅から徒歩5分、大横川という川のほとりのちょっとした公園。近くにはもっと広い錦糸公園や、両国国技館等がある。私的には駅前のロッテホテルの〝コアラのマーチ朝食ビュッフェ〟が当地名物だと思っている。写真は会場へ向かう途中の津軽稲荷神社。亀が近い。

 

 

ガラス市の景品交換所前、この譲渡の光景はよく見られ、かつて自分もゆずったことがある。それで今回は有り難くいただくことにした。景品1つゲット。

f:id:sinomiy:20170417144429j:plain

市は、食器好きなお母さん、酒器を見ているお父さん、おしゃれ雑貨を探すお姉さん、切子などの体験を楽しむ家族等で賑わう。自分は工芸品好きとして見に行っている。

 

 

券、2枚になった。市は終わりの時刻で人まばら。もう端数のことは気にせず帰ろうと思ったところに券5枚持ったおばちゃんがやって来て、くれると言う。

f:id:sinomiy:20170417141042j:plain

東京の公園イベントといえば代々木、日比谷などの飲食フェス、市といえば世田谷ボロ市が有名だろうか。ガラス市の認知度どれくらいだろう。全部キラキラして綺麗で可愛いから女は行くべきだ。

 

 

いやいやいや!私こそゆずります! と遠慮したものの、いーのいーの!という押しを受け入れた。景品2つ目ゲット。

f:id:sinomiy:20170417145247j:plain

昨年は嵐に遭い大変だった。強風でガラス割れるし、飛ばされそうなテントを支えながら、体を張って運営していた。苦難もある25年続く市。

 

 

最後に券1枚を手にしていたら、同じく1枚持った方と目が合った。誰かにゆずっていくと言うので、自分の残りも託した。その後また誰かに渡ったのだろうか。

f:id:sinomiy:20170417170745j:plain

ガラスは東京の地場産業。市には若いガラス作家が多数参加しているものの、工場従事者は高齢化しているらしい。ある工業ガラス企業のブースで、店のお母さん(78才)オススメのアクセサリーを買った。お母さんは〝アクセサリーはもう作らず、売り切ったらおしまい。私の若い頃はこういうのなかった。ぜひ身に付けて青春を謳歌して〟と言って、チョコをくれた。

 

 

すみだ、ガラスと人情の市であった。

f:id:sinomiy:20170418131302j:plain

景品の醤油差し、液ダレしません。