岩槻 まちかど雛めぐり

木目込人形が好きだ。まず名前がかっこいい。“キメコミ!”ってキマッてる。それから雛人形でいうと江戸でも京風でもない民芸の顔つきが良い。

f:id:sinomiy:20170327161634j:plain


木目込人形とは=桐塑または木で作られた人形に、衣服の皺や模様の形に本体に筋彫りを入れ、筋彫りに目打ちなどで布の端を押し込んで衣装を着ているように仕立てた人形~Wikipedia



木目込人形のメッカ、岩槻の雛祭りに行ってきた。


f:id:sinomiy:20170312215456j:plain
関連イベントの多様さ



“日本一名高い人形の産地” 町をあげての雛祭りだ。色々関連してくる。雛めぐり将棋大会、雛めぐり論語教室…。自分が行った日はストラップ製作体験が行われていたので参加させてもらった。あと甘酒振る舞いイベントも。

f:id:sinomiy:20170320203320j:plain
きれ(布)の組合せを「我々(プロ)は絶対選ばないけど意外といいね!」と誉めてもらえた



「まちかど雛めぐり」は岩槻駅を起点とし、歩いて廻るようになっている。寺社・商店・お食事処等あわせて70以上も参加しており、昼に到着し、のんびりと甘酒をすするような自分にはとても廻りきれない。

f:id:sinomiy:20170312221554j:plain
2月の寒い日にて温まりました



参加店の大半は個人商店のようで、各自所有する雛人形を飾る。パンフレットの参加店・展示内容一覧に「我が家のおひなさま」「愛娘のおひなさま」等の記載がある。

f:id:sinomiy:20170312232955j:plain
参加ナンバー53 日勝屋竹内酒店/展示内容「姉の御殿雛・水引結納品」


お食事処へ人形見るために、食事しなくても入っていい。多少躊躇するが、スタンプラリーがあるのだ。思いきって扉開ける。サラダ館でも、カウンターでお客と店員が贈答品の手続きする脇で、スタンプ押す。


f:id:sinomiy:20170320205154j:plain
参加ナンバー36 サラダ館岩槻本町店/展示内容「昭和初期のおひなさま」/備考「温かいお茶とアメを用意しています」



f:id:sinomiy:20170320211337j:plain
参加ナンバー54 服地・婦人服カシワヤ/同上/備考「トイレお貸しします」



酒蔵にも展示してあった。期間中資料見づらいけど素敵。(鈴木酒造)

f:id:sinomiy:20170320212543j:plain
f:id:sinomiy:20170320212722j:plain



かつうらビッグ系ひな段もあった。(愛宕神社)

f:id:sinomiy:20170312231106j:plain
f:id:sinomiy:20170320213243j:plain
犬を連れながら雛めぐりパンフレットを配るおじいさんが印象的だった



ここまで見た限り、冒頭で触れた木目込人形は“我が家” 系の展示には少ないようだ。岩槻の木目込人形が国指定伝統的工芸品だからと言って、地元の家庭が皆持っているわけではないらしい。(そりゃそうか)

f:id:sinomiy:20170325201620j:plain
人形のまちもいろいろさ~



しかし偶然入った細野人形店で、木目込に触れることができた。何気なくいたら、「そのカバンいいね」と細野さんが声をかけてくれて会話が始まった。

f:id:sinomiy:20170325202748j:plain
そうなんです私のカバン、有松絞りなんです。工芸品は工芸品を呼ぶ (写真・愛知県有松絞会館)



木目込人形の製作から昔の岩槻の町についてなど、お茶を頂きながら伺った。大まかな人形の作り方は知っていたが、“昔はこの辺の家々の屋根に人形を干して…” 等は人形の町ならでは。後で想い馳せながら歩いた。

f:id:sinomiy:20170325204520j:plain
ちなみにお茶と共に頂いた煎餅は深谷ネギ使用だが、岩槻もネギが特産で“ネギ祭り” が開かれている。食材図鑑によると、古典落語の「たらちね」に出てくるそうだ。
f:id:sinomiy:20170328175812j:plain



あと、店にきれを買いに来たおばちゃんにも飴を頂いた。人形教室の生徒さんだろうか、細野さんが「わからなくなったらベージュを使う」とアドバイスしていた。なんか裏話ぽくていい。



それからもう一人のおじさんとも接したのだが、挨拶されながらぼんやりとしていた自分に、「この方は議員さんだよ」と告げられた。

f:id:sinomiy:20170325215658j:plain
地元の祭りに訪れていた議員さん


紹介して頂いたが議員さんとの話方がわからない。
お世話になってます?応援してます?いい天気ですね?
ピタリと来るものがなく、エヘヘと笑って過ごした。政治の無知を痛感する。

f:id:sinomiy:20170325221000j:plain
岩槻駅へ地下鉄をつなごう!」議員さんから聞いた言葉が駅前に掲げられていた


f:id:sinomiy:20170326185433j:plain
f:id:sinomiy:20170326185514j:plain
議員さんのおかげで町が成っているんだなぁ



f:id:sinomiy:20170325210910j:plain
http://www.saitama-dentousangyou.com/23/index.html
参加ナンバー4 細野人形店/展示内容「人形学院生徒作品展」/備考「木目込製作体験可」



このような調子でいたら、半日で70もの会場を廻れるはずがなかった。スタンプのある5店と他の数か所を見学して時間切れに。

f:id:sinomiy:20170327165909j:plain
無念!入れなかった人形ビル

f:id:sinomiy:20170327161824j:plain
ラリー景品のクリアファイル



岩槻の雛めぐりは、近くに住んでいれば少しずつ通い、じっくり楽むことができる。ふだん足を踏み入れない商店でも入ってみると、人形店では専門的な話、他分野の店ではそれにまつわる家族の話などが伺える。今回は特に町の人とのふれあいを多く感じた。

f:id:sinomiy:20170313000848j:plain
カシワヤで手芸用品のすき間に釧路湿原ノロッコ号のカードを見つけて店主と話したり




来年は時間に余裕を持ちたい。しかし雛めぐりシーズンでなくともふらりと来ればきっと、人々は暖かく迎えてくれるだろう。平時でも訪れたい町だ。

f:id:sinomiy:20170327165435j:plain
岩槻の皆さん、またふらふらしてる女が来たら、よろしくお願いします。