きっぷ2000円 酒300円

18きっぷでぶらぶらしたり酒飲む紀行。写真が下手です

鹿沼 川上澄生と巨大仏と

続き

  
鹿沼を初めて訪れた日の帰りに、電車内で読んだ町ガイドで川上澄生美術館を知り、次回行こうと決めた。それで2回目に鹿沼を訪れたが、美術館ももつ屋も休みであった
f:id:sinomiy:20170114165250j:plain
もつ屋とは、楽しい居酒屋です


大きな目的は果たせないけれど、鹿沼には他にも行くべき場所がある。例えば町にそびえる福田屋百貨店
f:id:sinomiy:20170114170511j:plain
町のランドマーク


このご当地百貨店は試食がとても多い。日や時間によるだろうが、自分が訪れた時は必ず多くの品目が見られた。それも、デパートの銘菓売場や物産展のようなものではなく、普通の食品スーパー部分でだ
f:id:sinomiy:20170114172210j:plain
間隔狭すぎる試食台


静かなる非日常。野菜、肉、乳製品など、多い時で23種類用意されていた。野菜はカットしただけでなく「長芋のとんぶり和え」「セロリの白キムチ和え」など美味しそうな味付けに、思わず調味ダレも欲しくなる。


スーパー内の金谷ホテルベーカリーにも試食が並んでいた。都内在住の自分は金谷ホテルパンを、土産店で個装販売されている状態しか見たことがなかったので、焼き立てが売られていたり、試せることに興奮した
f:id:sinomiy:20170114175310j:plain
福田屋にはゲームセンターもある


鹿沼お気に入りスポットで外せないのが、巨大仏だ。それは清林寺のアウカナ仏と仰る。初め、何気なく覗いたお寺でその肌が一瞬見えたとき、突然の事に後退りした
f:id:sinomiy:20170115144111j:plain
あれはまさか!!!(巨大仏好き)


それらしき肌を目にしたあと1度背を向け、一呼吸おいてから拝んだ
f:id:sinomiy:20170116014351j:plain
デカイしなんかおもしろ顔!(19m)


以来、アウカナ様には毎回会いに行っている
f:id:sinomiy:20180825230636j:plain
f:id:sinomiy:20170115145605j:plain
f:id:sinomiy:20170116014529j:plain
桜、夏の太陽、冬の夜空の下、いつでも迎えてくれる


清林寺について詳しいサイトです:http://kurosuke969696.web.fc2.com/2000-153-aukanabutu.htm



川上澄生美術館へは、鹿沼3度目に訪れた
f:id:sinomiy:20170115154948j:plain
f:id:sinomiy:20170115155032j:plain
やっとこさ


作品の木版画を見ると温かく、懐かしさをおぼえた。明治・南蛮調デザインがお洒落で可愛い
f:id:sinomiy:20180825233607j:plain
川上さんは木版画



添えてある作者コメントも興味深く、作品「樽前山遠望」の一節など印象的だった。
〝…白老駅前の標識に「白老村大字白老村字白老」と書いてあるので驚いた…白老という郡の中には白老村という村が一つあるだけであった 〟


行けて良かった。素敵な時を過ごすことができた
f:id:sinomiy:20170115154845j:plain
美術館サイトから作品の閲覧可:コレクション紹介


この日は美術館の後に、もつ屋も行くことができた。もつ屋は十字の交差点にある小さな居酒屋だ。初めてその道を歩いた時、横断歩道ごしからでもわかる中の盛り上がりにわくわくした
f:id:sinomiy:20180826003318j:plain
本当に狭い


店内には小さい机が1つ、壁に寄せてあり、3つの椅子で囲まれる。3人で満席だ。しかし初めて訪れた時は9人くらいいたと思う。目一杯の盛り上がりとはこのことだ。


すぐ横の焼き場にマスターと奥さんが立つ。カウンター席でもないのに、もつが焼けたら一歩で手渡しできる距離だ
f:id:sinomiy:20180826141959j:plain
持ち帰りが主かもしれない


もつ焼きはしっかり歯応えがあるタイプで辛味噌を付けるとさらにハイボールがすすむ。お客のほとんどが近所のおじさんで、ざっくばらんな会話にめくるめく栃木弁。少しの荒さが心地好い。


いつしか〝次いつ来んの?〟と問われ、〝次の18きっぷの時期〟と答えるようになった。


そうして自分は鹿沼に通っている

f:id:sinomiy:20180826151222j:plain
秋でなくとも