きっぷ2000円 酒300円

18きっぷでぶらぶらしたり酒飲む記録。写真が下手です

鹿沼 もつ屋と街並みと

ある夏、何気なく鹿沼駅で降りてみたら楽しい居酒屋や巨大仏に会えた
f:id:sinomiy:20170114131314j:plain
居酒屋「もつ屋」にて。おじさんたちがブログに上げて、宣伝して、と言っていたので使わせてもらいました


いい写真だ。満面の笑みとシンプルな品書き。あの日が凝縮されている。これを見るとまた鹿沼に行きたいと思うのだった。


そうして幾度となく訪れることになるのだが、以下は3回行った話。



鹿沼は宇都宮からJR日光線で2駅。パンなど食べているとすぐに着く
f:id:sinomiy:20170114135700j:plain
黒磯の好きなパン屋「カネルブレッド」元スタッフが営むパン屋が鹿沼にあるらしいから今度行く


f:id:sinomiy:20170114141720j:plain
車内には可愛い絵が飾られている


初めて訪れた時は7月だった。駅前に立つ「秋まつり」ののぼりを見て、〝7月から秋とは早いなあ〟と思ったけれど、それは祭準備の飾りではなく、「鹿沼秋まつり」という文化財のある証だった。


Wikipediaより「鹿沼今宮神社祭の屋台行事」は、風流の屋台行事のひとつの展開型を示しており、全国的な比較の観点からも貴重な行事である
f:id:sinomiy:20170114144702j:plain
2016年ユネスコ無形文化遺産登録おめでとうございます


f:id:sinomiy:20170114145618j:plain
ユネスコの影になる芭蕉


f:id:sinomiy:20170114144749j:plain
後に居酒屋もつ屋のおじさんが、鹿沼に来るなら秋に(祭りに)おいでと言っていた


鹿沼は祭屋台をはじめとした日光東照宮由来の彫刻文化に優れた町だ
f:id:sinomiy:20170114150827j:plain
街角風景


町の工芸品の一つに鹿沼ほうきがあるが、3度行っても躊躇して入れないほうき屋がある
f:id:sinomiy:20170114155023j:plain
f:id:sinomiy:20170114155113j:plain
ほうき人形に圧倒されてしまう


ところがこの「夢箒 大坂屋」さんは、宝永元年創業300年もの名店であった

体験メニューが〝女子力&運気アップ!開運ミニほうきを手作り(お菓子・お茶付き)〟など、ファンシー


次回こそ入ってみたい。


こちらは人形があると思い入ったけれど、節句シーズンじゃなかったので扱っていなかった
f:id:sinomiy:20170114163037j:plain
赤パン押しだから鹿沼巣鴨だな


コインランドリー
f:id:sinomiy:20170114164209j:plain
個性的な書体


ノスタルジー
f:id:sinomiy:20170114164431j:plain
吸い込まれそうな道


鹿沼グルメではこんにゃくが美味しかった
f:id:sinomiy:20170114180134j:plain
故郷の東北地方で玉こんにゃくといえばおでんだが、ここでは揚げてある


ある観光施設の女性に、ご当地グルメ「ニラ蕎麦」について聞いたところ、昔、蕎麦のかさ増しのためにニラを入れたことが始まりらしい
f:id:sinomiy:20180821215922j:plain
〝薬味としてネギが貴重だった時代、鹿沼市の名産だったニラを薬味代わりに使ったことがニラ蕎麦の発祥〟という説も(栃木県民が伝授!鹿沼名物ニラそば レシピ・作り方 by uzuratukune3|楽天レシピ


しかしその女性(60歳くらい)は、今までにニラ蕎麦を食べたことがなく、蕎麦は普通のネギなどの薬味で食べるそうだ。地元のリアルな声であった。


後に居酒屋もつ屋のおじさんから、〝鹿沼の蕎麦は何処で食べても美味しいよ〟 と聞いた
f:id:sinomiy:20170115153616j:plain


続く