きっぷ2000円 酒300円

18きっぷでぶらぶらしたり酒飲む紀行。写真が下手です

静岡の墓を登った

東海道線の車窓から墓地がいくつも見える。特に静岡県辺りの、丘陵と並行して線路が走るところでは、斜面に整然と立つ墓地を見通すことができる。 また、こじんまりした墓地は馬のお墓だろうか。…などと馳せながら電車旅を繰り返していたのだが 平地が続く一…

4月まとめ〜平成最後の

4月の酒場を振り返る 大船鞠屋で気になった「つくりたてメンチカツ」は作りおきのタネをオーダー後に衣を付けて揚げる。キャベツいっぱいフワフワ 大船鞠屋を出たら、どうしようもなく上の店が気になって入るとそこは大船の名所的な一軒だった 大船おでんセ…

今市黒磯アフターDCキャンペーン

昨年のJR「栃木デスティネーションキャンペーン」に便乗して、栃木県にまつわる記事を書いた sinomiy.hatenablog.com あれから一年、現在のキャンペーン地は静岡県となっている。さて静岡のことを書こうとしていたら、また栃木では「アフターデスティネーシ…

真壁のひなまつりはマルシェ

近年自分は北関東のひなまつりを巡っているが、そろそろ押さえておきたい祭がある。それは真壁のひなまつりだ さすが権威ある真壁のひなまつりには〝和の風第十七章〜〟という重々しいタイトルが付けられている 真壁訪問がなぜ遅れたかというと、コンセプト…

3月まとめ〜名古屋どて巡ったり

3月の酒場をふりかえる 桜木町新京、常連客と相席になったおかげで、決して笑顔を見せないと評判のママが笑いかけてくれた 大井町武蔵屋でお互い見覚えある方に出会い、どこでお会いしましたっけ?の話の末、新橋のむらまつだったみたい 銀座君嶋屋、「立車…

ハラダのまち 新町ひなまつり

昨年、群馬県新町の雛祭りに悔いを残していた。町人が一番の名物と言った「ガトーフェスタハラダ」を買わなかったのだsinomiy.hatenablog.com 都内にも店あると思って しかしハラダは新町が創業地で、後に確認すると東京にはない限定商品があった。これは悔…

雛たちが宇宙遊泳 今年の吉浜

〝今年の吉浜もおもしろ〟というので行ってきた 昨年の様子:吉浜の福よせ雛は、今年もおもしろ - きっぷ2000円 酒300円 吉浜の雛めぐりは、約800mのコースにある10カ所のスタンプラリーを巡るようになっていて、大掛かりな展示がコースの最初にある。 来た…

土浦の雛まつりは手づくり祭り

全国の市町村で回遊型ひな祭りイベントが開かれている昨今。 自分はこれまでいくつかの町を訪れてきたが、茨城県では多くの地域でイベントが催されていた。24件もあったとは…一つも行ったことがなかった。ひな祭り好きとして不覚 観光いばらき – 【茨城県公…

2月まとめ~今月も飲みました

2月の酒場を振り返る。 神田イチゴーが6周年記念でだいたい150円。おめでとう、これからもお世話になります 新橋とっとりおかやま館の雄町米の酒会。酒米を初めて食べたりクラフトジンなども。販売員や遭遇した知人に絡んだおそれ 銀座君嶋屋で山猿を。宮崎…

1月まとめ〜新橋の白子など

1月の酒場を振り返る 蒲田勘蔵で樽酒を浴びるように飲み、元旦と言えどだめだ、と初日から反省する。良い年になりますように 福島県のいわき、さわきやに日本酒角打ちしに行ったら、話しているうちに焼酎も100円とかで飲めることを知る。つくづく東京からで…

帰りみち’19冬。酒場まいご

18きっぷ帰省の東京へ戻る道 午前に実家を出て、17時を回る頃には栃木県の小山に着いていた。さては居酒屋が開く時間。まず小山駅近くの好きな店「いごっそ」へ行った。それから普段ならば2軒目に「お食事処安田」へ向かうところ、今回は別の町へ移動する。…

帰りみち’19冬。揚げもの食べすぎる

正月に18きっぷで東京から仙台の実家まで帰省した時のこと 海沿いを走る常磐線の風景を楽しみ、福島県のいわきで途中下車をした。酒屋さわきやさんで、1月3日の昼12時からSAKEをのむ ある日散歩していて見つけた店 店内では福島県内外の日本酒や焼酎など角打…

12月まとめ〜大阪づいている

12月の酒場を振り返る 大阪の京橋まるふじ、チーちくを串カツにすると旨いことを知る 京橋二升五合、朝からお客がいっぱいだ。大阪楽しい 京橋七津屋、常連客がいわしカツをおでん出汁で食べていて、鶴橋の源氏ではアジフライでそれが見られた。おでんと串カ…

ニッポン全国物産展2018

「ニッポン全国物展2018」で買った品物について ●奈良県つけもと株式会社「なめ茸の素」「いぶりがっこの素」 つけもと株式会社 いぶりがっこ味の浅漬ができる。ジュージーで新感覚。クリームチーズとよく合わせるいぶりがっこが、汁気があるぶんハードなチ…

11月まとめ〜麦焼酎を飲みはじめた

11月の酒場を振り返る 11月1日、本格焼酎の日は東京タワーの試飲イベントに行った。なんと無料。宮崎の「三段じこみ」に焼酎開眼した 11月2日、二日間開催と勘違いし東京タワーへ行ったら閑散。日比谷の鹿児島祭りと間違えたらしい。移動した日比谷では焼酎…

名古屋 秋のマーケットなど

雑記 大阪から在来線で名古屋へ向かった。昼ごはんは醒ヶ井で途中下車し「おふくろバイキング」へ。前に訪れて、郷土色の濃さを気に入った。今回は胡麻豆腐とういろうに感動した はじめは自分の他に一組だけの客だったところ、16名の団体が来ると聞こえてき…

ひらパー×ネイキッド 新菊人形展

今年のひらパー菊人形は光っている、と聞いて見に行った。自分は菊人形が好きだ sinomiy.hatenablog.com はじめてのひらかたパーク マウンテンがある。手前は菊 パークには本格絶叫マシンからほのぼの系までたくさんの乗り物があり、動物とふれあいもできる…

10月まとめ〜きき酒はハズレました

10月の酒場を振り返る。 10月1日、日本酒の日は新川今田酒店で乾杯。大学芋がリンゴだった 茅場町魚平、知らない会社の新入社員と部長の2人歓迎会に参加した 鶴見豊嶋屋から伊勢屋。写っているマヨネーズはお客の「マイマヨ」 新宿マーブル、チケット代無料…

荷台からこんにちは

銀座の駐車場より “やあ、ぼくザリガニ” この感じ、知ってる 以前に安城の駐車場で見た感じだ 安城 願いごとの聖地 - きっぷ2000円 酒300円 荷台に乗せることは、アピールに違いないだろう。まんまと写真を撮ってきた。 いいシルエット

酒まつりと結婚式のバスを間違えた

福島県の酒蔵「仁井田本家」の祭りと結婚式場に向かうシャトルバスを乗り間違えた。先日この失敗談を知人に話したところ興味を持ってもらえたのだが、うまく説明できなかったので、ここで経緯を整理してみたい にいだの感謝祭へ行くのは今回で2度目であった…

亀崎の坂めぐり

愛知県の半田市、亀崎の家々が個人宅でマイ地蔵を所有していることをサイトで知り、自分は石仏が好きなので向かうことにした。亀崎は広島県の尾道に例えられる、坂道が多い町だ。 名古屋から電車に乗り40分くらいで到着 駅舎は日本最古の明治19年のもので、…

三河三谷で私はミヤ

当方、名を宮西と申す。それでシンパシーを感じ、三河三谷(みかわみや)駅で降りてみた ○みや歓迎○ ミヤと付く地名などたくさんあるし漢字も違うけれど、三河のミヤは行きたいと思ったのだ。駅へ降り立つとさっそく歓迎してもらえた。 町へ出たらミヤを冠と…

9月まとめ〜そろそろ落ち着きたい

9月の酒場を振り返る。 入船ラクミ、升盛りが口コミ通りすごい 新富町サ嘉ダチも、うわさ通り美味しかった 茅場町今田商店は自分の好みに合わせた利き酒セットを作ってくれる。親切 日本橋ふくしま館でとても好みの酒に出会えた。エイセン 福島県いわき澤木…

神戸 ライブと酒場

好きなバンドのライブを見るために神戸に行って、その前に飲み歩いた。まずは朝から営業しているホルモン焼きが50円の店に向かった 神戸観光のメッカ、ハーバーランド 神戸駅で下車するとハーバーランドへ続く爽やかな道があった。神戸といえば港だ。しかし…

8月まとめ~旅必〜または放浪

8月の酒場を振り返る。 メトロ24時間券を使い東西線プチツアーをした。まずは門前仲町魚三。100円おつゆの塩辛さは十分なつまみになる 2軒目、行徳あぐらに。これはメンチカツだけど「本日のおすすめワカメコロッケ」が気になった 3軒目、中野やきや。店のお…

安城 メンチカツの真相

以前に安城の弁当屋のメンチカツが、メンチかハンバーグか区別がつかない、という訳のわからない記事を書いた sinomiy.hatenablog.com そんなことがあるものか。確かめに行ってきた。 メンチカツって書いてあるのに 【結論:メンチカツだった】 サクッとした…

改めまして鹿沼

ちょっと直したけどどうでしょう。 sinomiy.hatenablog.com sinomiy.hatenablog.com

焼津のスーパーが気になる

焼津を歩いていたら、3軒のローカルスーパーにあった。 1軒目は「スーパー田子重」。女の子みたいなマークにぽっかりとした木が、絵本のようなたたずまい 訪れた小川店のそばには静岡県の名酒「磯自慢」の蔵がある 調べてみると〝たごじゅう〟は12店を展開、…

帰りみち’18夏。黒磯が再開発

夏。18きっぷを使って東京から仙台まで帰省すると、途中の黒磯の様子が変わっていた。駅から正面にのびる大通りの再開発が始まっていたのだ 現在のすみれ洋装店(18年8月) 通りは活気があるとは言えないけれど、しみじみと落ち着いて好きだった すみれの軒…

二川のとこや

のんほいパークへ行くために二川を訪れた際、あじわい深いとこやを見たのでここに記しておきたい。 (その時の記事:二川 のんほいパーク - きっぷ2000円 酒300円) 先日、栃木県の氏家というかつての宿場町でノスタルジーな床屋を目にすることができた。(…